« 駒沢 #313 & Ommbla #21 | Main | BUFFET THE VILLA #4 »

Saturday, May 05, 2012

「The Harder They Come/ハーダー・ゼイ・カム」を観た

Thehardertheycome2Thehardertheycome Jimmy Cliff主演で、ジャマイカ初の劇場用映画、「The Harder They Come/ハーダー・ゼイ・カム」(1972/Cinema)を観た。
 こんなあらすじ。Ivan Martin(Jimmy Cliff)は、Reggae Singerを目指して、ジャマイカの首都キングストンにやってきた。しかし田舎者のIvanはすぐに荷物を盗まれて、一文無しになり、教会の世話になることになった。そこで、牧師の娘Elsaと恋に落ちてしまう。そして、歌手になるために、Recording Studioで大物プロデューサーに自分を売り込むが、しだいにマリファナの密売事件に巻き込まれていく...。
 これ、1970年初頭のジャマイカを舞台に、当時のキングストン周辺のスラム街などが描かれている。暑苦しくて、異様な熱気とそこで生まれたReggae Beatが生々しく、貧困と苦労と強烈なエネルギーにあふれてる。抜け出すために手段を選ばない生き様が凄まじい。
 今から17年前の1995年、ジャマイカに行ったことがあるけど、リゾートホテルやReggaeを糧にした観光産業がある一方、キングストンの街並みは、ほんとに強烈だった。ナイジェリアインドに行ったときも感じたあの暑っ苦しさとしたたかさ。ひさびさにJimmy CiffのAlbum「Breakout」が聴きたくなった。

|

« 駒沢 #313 & Ommbla #21 | Main | BUFFET THE VILLA #4 »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/54634566

Listed below are links to weblogs that reference 「The Harder They Come/ハーダー・ゼイ・カム」を観た:

« 駒沢 #313 & Ommbla #21 | Main | BUFFET THE VILLA #4 »