« 「Behind Enemy Lines/エネミー・ライン」を観た | Main | 「櫻の樹の下には瓦礫が埋まっている/村上龍」を読んだ »

Tuesday, August 28, 2012

SWITCH Vol.30 No.07 July 2012

Switch3007 せっかくなんで読んでみた「SWITCH Vol.30 No.07 July 2012 -総力特集 桑田佳祐クロニクル 愛と刹那の25年史-」(SWITCH PUBLISHING)について。
 1987年、「悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE)」でソロとして2度目のデビューをし、"サザンの桑田"と"桑田佳祐"を往復しながら、その道とやりざまを模索し続けてきた桑田佳祐氏。その年史を振り返ったのがこの企画。1981年から1988年、KUWATA BANDを経て、タモリや小林克也らと六本木で飲み続け、その情景と感傷を詰め込んだ1st Album「Keisuke Kuwata」。1993年から2002年、宗教とかエイズとか政治不信とかを憂い続け、世の暗部に切り込もうとした1994年の2nd「孤独の太陽」と2002年の3rd「ROCK AND ROLL HERO」、2007年から2012年、サザン活動休止と癌、そして結果311を受け止めた4th「MUSICMAN」。25年という時間がたち、その時代を振り返りつつの濃厚なインタビューだったと思う。
 これ以外にも、2006年と2008年の過去のアーカイブインタビューが読めたのもよかった。これもとっておこう。

|

« 「Behind Enemy Lines/エネミー・ライン」を観た | Main | 「櫻の樹の下には瓦礫が埋まっている/村上龍」を読んだ »

Rock」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/55524620

Listed below are links to weblogs that reference SWITCH Vol.30 No.07 July 2012:

« 「Behind Enemy Lines/エネミー・ライン」を観た | Main | 「櫻の樹の下には瓦礫が埋まっている/村上龍」を読んだ »