« 「Upside Down:The Creation Records Story/アップサイド・ダウン:クリエイション・レコーズ・ストーリー」を観た | Main | 駒沢 #343 & Bowery Kitchen #14 »

Friday, November 09, 2012

「Loud&Peace/Dragon Ash」を聴いた

Dragonash_loudpeace SOUNDS LOUD! SOUNDS PEACE!
 Dragon Ashの15th ANNIVERSARY BEST「LOUD&PEACE」(2012/Album)について。この8月からずっと聴き続けてた。
 2012年4月、15年来の同志IKUZONEの急死。IKUZONE生前から企画され、制作途中でReleaseが延期されていた15周年企画Bestなんだけど、まさに彼らの軌跡を思いっきり堪能できる2枚組。LoudなRock TuneとPeacefulなNumberというDAが持つ2つのコンセプトがわかりやすい。そして初回限定盤はBONUS DISC付。BOTSによる50分を超えるノンストップMIXとかちょっと嬉しい内容になってる。

 ともかくDAの15年についてについて振り返る。まずは「CD.1 "LOUD DISC"」から。SOUNDS LOUD!
 M-01「The Day dragged on」。1997年のDebut Mini Album"The Day dragged on"から。等身大なStreet Music。M-02「羊を数えても夜は終わらない」。これもDebut Mini Albumから。まさにMixture Rockの原石。M-03「Rainy Day And Day」。1st Album"Mustang!"から。Hardな音と優しい若きKj.のVocalがいい。M-04「Iceman」。2nd Album"Buzz Songs"のSecret Track。疾走感あふれるRock Tune。M-05「Drugs can't kill teens」。名盤な3rd Album"Viva La Revolution"から。途中Reggae Bestなど、豊かなMelodyがいい。M-06「Just I'll say」。これも"Viva La Revolution"から。刻むMelodyの勝利。M-07「Deep Impact」。2000年Release。UndergroundのRappagariyaを引きずり出したHardcoreな重量Hip Hop。今年のRIJF2012でも演ってたけど、シーンに対するDAの強い意志にあふれてる。M-08「Amploud」。Single"Lily's e.p."から。そのまんまなMixture。M-09「百合の咲く場所で」。4th Album"LILY OF DA VALLEY"から。Liveで聴いたときのガクっとあがるこの抑揚がたまらん。M-10「Snowscape」。Single"Life goes on"から。なんでも飲み込む雑食性がまさにDA。M-11「Fantasista」。コリア・ジャパンの2002年 FIFAワールドカップ公式SONG。このIntroが流れると「ミクスチャー・ロックは好きですかぁーー」と叫びKj.が目に浮かぶ。M-12「Posse in Noise」。5th Album"HARVEST"から。これも定番Mixture。M-13「Resound」。Single"crush the window"からfeat.HIDE,136なNumber。地を這うMelody Lineが最高。M-14「Develop the music」。7th Album"INDEPENDIENTE"から。Drumn'baseとLatin Musicも取り入れ、さらにDAの雑食性が高まった。M-15「Dear Mosh Pit」。8th Album"FREEDOM"から。Live HouseにうずまくKids達に捧げられた。M-16「CALLIN'」。2009年の配信限定Single。2009年の夏FES.のTheme。RIJF2009でも演奏されたけど、TropicalなTasteも気持ちいいまさにLive Anthem。M-17「AMBITIOUS」。2010年ワールドカップイヤーの曲。背中を押してくれる爽快さあふれるUpper Tune。M-18「ROCK BAND」。2010年、盟友SATOSHIとKO-JI ZERO THREEも参戦した、音楽やRockに対する思いを歌った名曲。M-19「SLASH」。9th Album"MIXTURE"から。いい意味でDA定番なグッとあげてくMixture Tune。これも名曲。

 そして、「CD.2 "PEACE DISC"」へ。SOUNDS PEACE!
 M-01「Public Garden」。2nd Mini Album"Public Garden"から。優しいKj.の声が新鮮。M-02「Invitation (single ver.)」。Single"Rainy Day And Day"から。ゆっくり流れる時間がいい。M-03「陽はまたのぼりくりかえす」。1998年Release。こんなHIP-HOPな曲ってあるんだって思った曲。この曲でDAと出会い、今までも続いてる。静かだけど、PositiveなMessageが全然色あせない。ほんとOur Anthem。M-04「Under Age's Song (single ver.)」。これも1998年Release。「陽はまたのぼりくりかえす」の流れで、この音数の少なさとMessageの強さが反比例。M-05「Viva la revolution」。3rd Album"Viva La Revolution"から。Grass Stageでこの曲が流れるたびに涙腺がゆるむ。M-06「静かな日々の階段を (single ver.)」。Single"Lily's e.p."から。Female Chorusの気持ちよさを再認識した曲。M-07「Lily of da valley」。4th Album"LILY OF DA VALLEY"から。緩やかで力強い。M-08「花言葉」。4th Album"LILY OF DA VALLEY"のSecret Track。ザクザク刻んでるけど、優しいMelody。M-09「Life goes on」。Single"Life goes on"から。DAの世界が広がった。♪傘を差さずただ雨に打たれようが微かな 不確かな物を涙で 包んで守ろう旅立て♪。この歌詞、最高。M-10「Harvest」。5th Album"HARVEST"から。BOTSのLOOPが気持ちいい。M-11「朝凪Revival」。6th Album"Rio de Emocion"から。朝焼けが似合う。M-12「夢で逢えたら」。2006年の冬にRelease。あの時の冬、この曲を聴きまくった。♪狂えるほどの星空に毎夜 震える頬の少しそばにいたいよ 願いただ...♪。この歌詞は切ない。M-13「Beautiful」。7th Album"INDEPENDIENTE"から。♪一つとして無駄な痛みなどないさ 二つとして今ある光は来ないさ Beautiful♪。力強いLatinなRhythmの上にのった歌詞がいい。ほんと背中を押してくれる。M-14「繋がりSUNSET」。2008年Release。友情とか家族とかチームとか、そんな身近なつながりを描いてる。ちゃんと向き合うのがDA。M-15「運命共同体」。2009年Release。明るいLatinのRhythmがひさすら気持ちいい。M-16「TIME OF YOUR LIFE」。Single"SPIRIT OF PROGRESS E.P."から。遥かな友へ送ったTune。なんか染みる。

 で、「CD.3 "BONUS DISC"」を。
 M-01「Dragon Ash trahere Mix performed by BOTS」。DAのTrackをつないだBOTSのNon Stop Mix。オオネタとのMash Upもあるし、Rock TuneもDance MixにTuneされたものも飲みこんでる。まさにDAの持つ多様性と雑食性と軌跡がつまった50分Over。これは素晴らしい。M-02「Ivory -out loud-」。Live用のArrangeをBaseに今回Remakeされたものとのこと。この曲の持つ哀愁感は変わらない。M-03「Something in view -L&P eternal session-」。6th Album"Rio de Emocion"のSecret Track。IKUZONEがRemake途中だった音源が用いられてるとのこと。Reggae Tasteの優しいMelody。M-04「花言葉 -for peaceful morning- performed by HIROKI」。4th Album"LILY OF DA VALLEY"のSecret Track。このBONUS DISC用にHIROAKIによるアコギでのInstrumental Version。これも優しいMelody。

 で、この3枚をじっくり聴いてDragon Ashの15年、そして少しだけ自分の15年を振り返った。背中を押してくれたり、煽られたり、包み込まれたり...。これからもずっと聴き続けるBand。

● Loud&Peace/Dragon Ash (2012/Album)
=CD.1 "LOUD DISC"=
M-01. The Day dragged on
M-02. 羊を数えても夜は終わらない
M-03. Rainy Day And Day
M-04. Iceman
M-05. Drugs can't kill teens
M-06. Just I'll say
M-07. Deep Impact feat. Rappagariya
M-08. Amploud
M-09. 百合の咲く場所で
M-10. Snowscape
M-11. Fantasista
M-12. Posse in Noise
M-13. Resound feat. HIDE,136
M-14. Develop the music
M-15. Dear Mosh Pit
M-16. CALLIN'
M-17. AMBITIOUS
M-18. ROCK BAND feat. SATOSHI,KO-JI ZERO THREE
M-19. SLASH
=CD.2 "PEACE DISC"=
M-01. Public Garden
M-02. Invitation (single ver.)
M-03. 陽はまたのぼりくりかえす
M-04. Under Age's Song (single ver.)
M-05. Viva la revolution
M-06. 静かな日々の階段を (single ver.)
M-07. Lily of da valley
M-08. 花言葉
M-09. Life goes on
M-10. Harvest
M-11. 朝凪Revival
M-12. 夢で逢えたら
M-13. Beautiful
M-14. 繋がりSUNSET
M-15. 運命共同体
M-16. TIME OF YOUR LIFE
=CD.3 "BONUS DISC"=
M-01. Dragon Ash trahere Mix performed by BOTS
M-02. Ivory -out loud-
M-03. Something in view -L&P eternal session-
M-04. 花言葉 -for peaceful morning- performed by HIROKI
* Dragon Ash:Kj,Ikuzone,Makoto Sakurai,Bots,Hiroki,Atsushi,Dri-V~This album is dedicated to the memories of IKUZONE.
* Produced by Dragon Ash.
* Except Disc1-M02,Disc2-M02 Produced by Dragon Ash and Takayuki Hijikata.
* Recorded and Mixed by Masahito Tobisawa.
* Except Disc3-M04 Mixed by Hirokazu "Papa" Fukishima.
* Programming by Masahito Tobisawa.
* Recorded by Masanobu Murakami(Disc1-M01,Disc2-M02).
* Mastered by Toru Kotetsu.
* VIZL-478 MOB SQUAD 2012 Victor Entertainment,Inc.

cf.Dragon Ash My CD/DVD List
- Public Garden (1997/Mini Album)
- The Day Dragged On (1997/Mini Album)
- Mob Squad/Dragon Ash,Source,麻波25 (2003/Album)
- Crash The Window (2005/CDS)
- 夕凪UNION (2005/CDS)
- Rio De Emocion (2005/Album)
- Ivory (2006/CDS)
- few lights till night (2006/CDS)
- 夢で逢えたら (2006/CDS)
- Independiente (2007/Album)
- The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2 (2007/Album)
- Award SuperNova-Loves Best-/m-flo (2008/Album)
- Velvet Touch (2008/CDS)
- 繋がりSUNSET (2008/CDS)
- 運命共同体 (2009/CDS)
- Freedom (2009/Album)
- Ambitious (2010/CDS)
- Spirit Of Progress E.P. (2010/CDS)
- Mixture (2010/Album)
- Loud&Peace (2012/Album)

|

« 「Upside Down:The Creation Records Story/アップサイド・ダウン:クリエイション・レコーズ・ストーリー」を観た | Main | 駒沢 #343 & Bowery Kitchen #14 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/56077176

Listed below are links to weblogs that reference 「Loud&Peace/Dragon Ash」を聴いた:

« 「Upside Down:The Creation Records Story/アップサイド・ダウン:クリエイション・レコーズ・ストーリー」を観た | Main | 駒沢 #343 & Bowery Kitchen #14 »