« nico | Main | 「Muddy Waters & The Rolling Stones Live At The Checkerboard Lounge」を観た »

Monday, December 10, 2012

「ロング・ロング・アゴー/重松清」を読んだ

Kiyoshishigematsu_longlongago ずーっとジワジワ読んでる重松清氏。今回は世田谷中央図書館で借りた「ロング・ロング・アゴー」(新潮文庫)。実は以前も読んだことがある「再会」の改題だったんだけど、せっかくなんでもう一度読んでみた。
 これ、子供のころに出会った人々にもう一度"再会"する6つの短編が入ってる。それぞれこんな話。
 ・「いいものあげる」:
 中村さんは、父親の大規模ショッピングセンター"シンフォニー"の立ち上げのため東京から転校してきた。この地方都市、地元の百貨店"ちどりや"がこの町を牛耳っていて、そのちどりやの娘"鳥谷美智子"は、ちどりやにテナントとして入っている和菓子屋"満月堂"の娘"川島鈴香"ら、親がちどりやで働いている同級生数人を引き連れていた。この美智子は、「いいものあげる」と言いながら、ちょっとしたプレゼントを、とりまきの同級生達にあげるのが好きだった。美智子は中村さんを気に入り、毎日プレゼントをくれ、家にも招待してくれるが、このシンフォニーのオープンで、ますます、ちどりやの経営は悪化していく...。
 ・「ホラ吹きおじさん」:
 苦労して小学校教師になった父"一郎"の息子"ヒロシ"。父親と正反対で、仕事に就かず酒も博打も大好きで、親戚中に嫌われてるおじ"三郎"が、ヒロシは、どこか好きだった。ヒロシは、そんな三郎が長年の不摂生がたたり、危篤の状態になっていることを知る。しかも三郎は、祖父の後妻になったハナにも会いたがっていた...。
 ・「永遠」:
 小学校教師のわたし。わたしには、先天性の症候群を抱え、人を疑うことを知らない24歳の弟"ユウちゃん"がいた。ユウちゃんは今でも小さい子の人気者だが、子どもたちは成長すると共にユウちゃんを避けるようになり、その仲は長続きしない。そんなユウちゃんに、勤め先の木工所の社長さんの同じ病気を抱える娘"マナミちゃん"と結婚が決まったが、ユウちゃんは小学時代に一緒に冒険をしたという"シノケン"を結婚式に招待したいと言い出した...。
 ・「チャーリー」:
 主人公の"村田"は、小学4年生の息子が自分もかつて読んでいた漫画"スヌーピー"を読み出したのをきっかけに、当時の担任"生駒先生"に嫌われていた小5の頃の自分を、情けない主人公チャーリー・ブラウンに重ねて思い出す。当時の自分は、できないくせに学級委員に立候補したり、わかっていなくても授業でとにかく手をあげたり、友達や大人にほめられたい一心で、生きていたのだった...。
 ・「人生はブラの上を」:
 "ユミ"は、小2の娘"エリカ"を見ていると、おさななじみの"ムウ(睦美)"を思い出す。ムウは勉強が苦手で、同級生にいじめられてもを嫌と言えず、太っていて大らかでマイペースでどこかずれている子だった。で、ムウの父親は事業に失敗のうえ病死してしまい、母親は男性とつき合っては捨てられてしまう。そんなムウは、中学生のある日ピアノを貸してくれと言い出し、The Beatlesの"Ob-La-Di, Ob-La-Da"を練習し始める...。
 ・「再会」:
 「いいものあげる」の続編。建設会社に勤める32歳の"瀬尾"は、母校の小学校の工事のため、ひさしぶりに故郷を訪れた。いまやあの"シンフォニー"は古びてしまい、"ちどりや"の跡地に建った"ガーデン"に、完全お押され気味。そんな中、工事現場の雑用が仕事の瀬尾は、学校にいついている猫を見て、小学校の頃の初恋の人"島谷美智子"が飼っていた猫にそっくりなことに気づく...。

 この6つの短編集、運に恵まれず生きてきた人々のことが描かれ、そんな子供のころに出会った人々にもう一度"再会"する話が収められている。
 どの話もイタくて、懐かしい人に再会することで、「こんなはずじゃなかった人生」を思い返すんだけど、そこにちょっとした奇跡が生まれるというもの。懐かしい人に再会すると、あの頃の自分に再会することになる。この前も20数年ぶりに大学時代のメンバーに会い、完全に忘れていたおもろかったり、苦かったりした思い出を思い出した。もう一度、この本に再会できてよかったと思った。

cf. 重松清 読破 List
- 舞姫通信 (1995)
- 見張り塔からずっと (1995)
- ナイフ (1997)
- カカシの夏休み (2000)
- ビタミンF (2000)
- リビング (2000)
- 口笛吹いて (2001)
- 流星ワゴン (2002)
- きよしこ (2002)
- 熱球 (2002)
- 疾走 (2003)
- 送り火 (2003)
- 卒業 (2004)
- いとしのヒナゴン (2004)
- みんなのなやみ (2004)
- その日のまえに (2005)
- きみの友だち (2005)
- 小学五年生 (2007)
- カシオペアの丘で (2007)
- くちぶえ番長 (2007)
- 青い鳥 (2007)
- ブルーベリー (2008)
- せんせい。 (2008)
- みぞれ (2008)
- 季節風 冬 (2008)
- あの歌がきこえる (2009)
- 再会 (2009)
- ポニーテール (2011)
- ロング・ロング・アゴー <「再会」改題> (2012)

|

« nico | Main | 「Muddy Waters & The Rolling Stones Live At The Checkerboard Lounge」を観た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ロング・ロング・アゴー/重松清」を読んだ:

« nico | Main | 「Muddy Waters & The Rolling Stones Live At The Checkerboard Lounge」を観た »