« Tulipano #2 | Main | 「鍵のかかった部屋/貴志祐介」を読んだ »

Saturday, December 22, 2012

「ROCK IN JAPAN FES.2012 アーティスト特集」(WOWOW)を観た

Rijf2012_5

 今年2012年の"Rock In Japan Fes.2012"。先日のWOWOWでの12時間放送に続き、10/21(日)よりアーティスト特集も始まったので、気になるArtistを中心にじわじわ観てみた。

 ともかくひっかかったArtistについて書いてみる。
 ・プリンセス プリンセス:当日Grassで半分ほど観たけど、いい意味で思い出、出まくり。なんだかんだで、「M」は名曲。
 ・くるり:これも当日Grassで観てたけど、「ワンダーフォーゲル」も「東京」もなんて凄い名曲なんだろう。またファンファンがユーミンの代わりに歌った「シャツを洗えば」も気持ちよかった。
 ・サンボマスター:初期をひきずっちゃいけないけど、「青春狂騒曲」と「そのぬくもりに用がある」は今でも好きだ。
 ・ストレイテナー:そういえば、2011年の「STRAIGHTENER」も、今年の「SOFT」も聴いてない。やばい...。
 ・チャットモンチー:当日Grassで後半を観てたけど、福岡晃子がBass、橋本絵莉子がハンドマイクという体制で、「恋愛スピリッツ」が始まり、途中から橋本絵莉子がDrumsを叩きながら、歌ってる。痛々しいけどすごい気迫だった。
 ・Chara:「しましまのバンビ」、「Junior Sweet」、「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」...名曲ばかり。
 ・筋肉少女帯の大予言(RIJF限定特別改名):当日Lakeで観てたけど、「イワンのばか」、「踊るダメ人間」、「釈迦」の流れは鉄板だった。
 ・10-FEET:あ、「thread」をまだ聴いてない...。それにしても「その向こうへ」はいい。
 ・トータス松本:「サムライソウル」に「ガッツだぜ!!」か...。ウルフルズの曲、聴きたかった。
 ・androp:一度、CDJ1011で彼らのStageを観たことがあるけど、なんだかんだで相当POP。ま、音源をちゃんと聴くかはちょっと微妙。
 ・DOES:今年はLake。順調にロック双六前進中。
 ・奥田民生:炎天下のGrassで飄々としたたたずまいでRockを歌う。変わらないスタンスがいいし、憧れる。
 ・Dragon Ash:失ったIKUZONEの悲しみを乗り越え、ROCK BANDをまっとうしていた。KenKen(RIZE)の心意気と気持ちも十分伝わった。
 ・dustbox:相変わらずの熱いPunk Music。Lake StageのMosh Zoneでいくつものサークルができていた。それにしても、サイズ感含め、dustboxにはLakeがよく似合う。
 ・TRICERATOPS:「GOING TO THE MOON」、「Raspberry」...。ずっと変わらないDance Rock。
 ・ACIDMAN:今年のRIJF2012、大トリだったACIDMAN。大観衆の前でACIDMANらしい熱狂と静寂のStageを繰り広げてた。まさに重責完遂。
 ・難波章浩-AKIHIRO NAMBA-:正直、難波氏のVocalは聴こえづらいんだけど、熱い思いは十分伝わってきた。それにしても、Daft Punkの「ONE MORE TIME」やJohn Denverの「TAKE ME HOME,COUNTRY ROADS」をここまでのPunk Musicに変えた力量は凄い。いつかハイスタで、「STAY GOLD」を聴いてみたい。
 ・POLYSICS:絶対的に観客を熱狂させるポリのStage。「ピーチパイ・オン・ザ・ビーチ」は最高だ。
 ・ケツメイシ:安定感ある4人おっさん達。もう一度初期の「手紙」や「トモダチ」が無性に聴きたくなった。
 ・ONE OK ROCK:最近見直したワンオク。歌もうまいし、Stagingも急成長。「完全感覚Dreamer」がずっと頭の中で鳴りっぱなし。やっぱ聴かないとマズイ。

 そろそろ年末のFes."CDJ1213"が迫ってきた。しっかりと今年のRockを〆たいと思う。

● On Air Set List:ROCK IN JAPAN FES.2012 アーティスト特集
◎プリンセス プリンセス
M-01. Diamonds
M-02. 世界でいちばん熱い夏
M-03. OH YEAH!
M-04. M
M-05. GET CRAZY!
◎くるり
M-01. ワンダーフォーゲル
M-02. トレイン・ロック・フェスティバル
M-03. シャツを洗えば
M-04. everybody feels the same
M-05. 東京
M-06. glory days (PV)
◎サンボマスター
M-01. 青春狂騒曲
M-02. あなたのことしか考えられない
M-03. そのぬくもりに用がある
M-04. ロックンロール イズ ノットデッド
M-05. できっこないを やらなくちゃ
◎THE BAWDIES
M-01. A NEW DAY IS COMIN'
M-02. EMOTION POTION
M-03. JUST BE COOL
M-04. SHOW ME UP
M-05. HOT DOG
M-06. ROCK ME BABY
M-07. YOU GOTTA DANCE
◎ストレイテナー
M-01. BERSERKER TUNE
M-02. TRAIN
M-03. シンクロ
M-04. 羊の群れは丘を登る
M-05. Melodic Storm
M-06. KILLER TUNE [Natural Born Killer Tune Mix]
◎チャットモンチー
M-01. 変身
M-02. ハテナ
M-03. テルマエ・ロマン
M-04. きらきらひかれ
M-05. 満月に吠えろ
M-06. 恋愛スピリッツ
◎Chara
M-01. しましまのバンビ
M-02. Junior Sweet (Sakuragarian Dub Mix)
M-03. Swallowtail Butterfly ~あいのうた~
M-04. プラネット
M-05. 才能の杖
◎筋肉少女帯の大予言(RIJF限定特別改名)
M-01. イワンのばか
M-02. 踊るダメ人間
M-03. 釈迦
M-04. 航海の日
◎10-FEET
M-01. RIVER
M-02. goes on
M-03. under the umber shine
M-04. 風
M-05. VIBES BY VIBES
M-06. その向こうへ
◎トータス松本
M-01. ブランコ
M-02. 明星
M-03. サムライソウル
M-04. クリア!
M-05. ガッツだぜ!!
◎9mm Parabellum Bullet
M-01. Discommunication
M-02. ハートに火をつけて
M-03. 新しい光
M-04. Black Market Blues
M-05. Talking Machine
M-06. Punishment
M-O7. The Revolutionary
◎androp
M-01. Glider
M-02. Bell
M-03. ShowWindow
M-04. Roots
M-05. MirrorDance
M-O6. End roll (PV)
◎DOES
M-01. 曇天
M-02. ナイスデイ
M-03. 黒い太陽
M-04. ロッカホリデイ
M-05. ジャック・ナイフ
M-06. 今を生きる
M-07. 修羅
M-08. バクチダンサー
◎奥田民生
M-01. 恋のかけら
M-02. アーリーサマー
M-03. 愛のボート
M-04. MANY
M-05. CUSTOM
M-06. 明日はどうだ
◎Dragon Ash
M-01. AMBITIOUS
M-02. Walk with Dreams
M-03. morrow
M-04. Deep Impact feat.Rappagariya
M-05. ROCK BAND
◎dustbox
M-01. Try My Luck
M-02. One & Only
M-03. Spacewalk
M-04. Break Through
M-05. Jupiter
M-06. Right Now
M-07. Hurdle Race
M-08. Just One Minutes
◎TRICERATOPS
M-01. GOING TO THE MOON
M-02. I GO WILD
M-03. MILK&SUGAR
M-04. Raspberry
M-05. トランスフォーマー
◎ACIDMAN
M-01. FREE STAR
M-02. 赤橙
M-03. 飛光
M-04. ALMA
M-05. アルケミスト(PV)
◎難波章浩-AKIHIRO NAMBA-
M-01. STAY GOLD
M-02. MY WAY
M-03. PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT
M-04. LEVEL 7
M-05. ONE MORE TIME
M-06. TAKE ME HOME,COUNTRY ROADS
M-07. 未来へ~It's your future
◎POLYSICS
M-01. Shout Aloud!
M-02. Rocket
M-03. ムチとホース
M-04. Lucky Star
M-05. ピーチパイ・オン・ザ・ビーチ
M-06. Let's ダバダバ
M-07. BUGGIE TECHINICA
◎ケツメイシ
M-01. 闘え!サラリーマン
M-02. 三十路ボンバイエ
M-03. LOVE LOVE Summer
M-04. カーニバル
M-05. ボラーレ~Nel Blu,Dipinto Di Blu
◎ONE OK ROCK
M-01. アンサイズニア
M-02. Never Let This Go
M-03. Re:make
M-04. 世間知らずの宇宙飛行士
M-05. C.h.a.o.s.m.y.t.h.
M-O6. 完全感覚Dreamer
* Filmed Live at Hitachi Seaside Park,3th-5th August 2012.

|

« Tulipano #2 | Main | 「鍵のかかった部屋/貴志祐介」を読んだ »

Live」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/56370931

Listed below are links to weblogs that reference 「ROCK IN JAPAN FES.2012 アーティスト特集」(WOWOW)を観た:

» ROCK IN JAPAN 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
ROCK IN JAPAN の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [Read More]

Tracked on Thursday, January 10, 2013 at 06:54

« Tulipano #2 | Main | 「鍵のかかった部屋/貴志祐介」を読んだ »