« 「24-TWENTY FOUR- SEASON V/24-TWENTY FOUR- シーズン5」を観た #2 | Main | 「ラーメンWalker東京23区 2013」を読んだ »

Wednesday, January 30, 2013

「短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳」を読んだ

Kotaroisaka_tanpenkojo 伊坂幸太郎さん奥田英朗さん道尾秀介さんなどなど、結構好きな作家さんの短編が読めるということで、世田谷中央図書館で借りて読んでみた「短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳」(集英社文庫)について。
 これ、「小説すばる」に掲載された中からの12編の短編が収録されている。それぞれこんな話。
 ・「かみさまの娘/桜木紫乃」:
 かつて"かみさま"と呼ばれていた母が亡くなった。ずっとつきあいはなく、10年ぶりに戻って来た釧路の街で、奈津子は母の葬儀を執り行う...。
 ・「ゆがんだ子供/道尾秀介」:
 駅のホームでゆがんだ子供に出会い、3つの奇妙な質問を出される...。
 ・「ここが青山/奥田英朗」:
 会社が突然倒産し、いきなり主夫になり、料理、洗濯、掃除、アイロン、育児などなど家事に目覚めてしまったサラリーマンの話...。
 ・「じごくゆきっ/桜庭一樹」:
 女教師"中村由美子"と女子高校生の"金城さん"は、ひょんなことから思わぬ逃避行をすることになった。とりあえず2人は砂丘を目指す...。
 ・「太陽のシール/伊坂幸太郎」:
 なかなか子供ができなかったのに、隕石が墜ちてあと3年で世界が終わるというときに妻が妊娠した。選択するということがとても苦手な夫は、生むべきか堕ろすべきか悩みに悩みまくる...。
 ・「チヨ子/宮部みゆき」:
 5年前のバーゲンで使われたきり、あちこち古びてしまったピンクのウサギの着ぐるみ。大学生の"わたし"がアルバイトでそれをかぶって中から外を覗くと、周囲の人々はぬいぐるみやロボットに変わってしまう...。
 ・「ふたりの名前/石田衣良」:
 "柴田朝世"と"間山俊樹"は仲良く同棲生活をしていた。2人が暮らす部屋には、それぞれ2人のイニシャル"T"と"A"と書かれたものであふれていて、別れた時にどっちのモノかともめないようにしていた。そんな2人の暮らしに1匹の猫がやってきた...。
 ・「陽だまりの詩/乙一」:
 その病原菌に冒されたは例外なく2ヶ月で死ぬという世界で、ある男によって作り出されたロボットの少女。少女は、男が死んだ後に男を埋葬してもらうために作られたものだった。日々、いろんなことを覚えていく少女は、「死」の意味を理解していく...。
 ・「金鵄のもとに/浅田次郎」:
 戦争が終わり、復員してきた男の話。全滅した軍隊の中で、彼はなぜどうやって生きのびたのか...。
 ・「しんちゃんの自転車/荻原浩」:
 布団の中で耳をすますと、錆びたチェーンがカラカラ鳴る自転車の音が聞こえてきた。しんちゃんがいつものようにやってきて、外で遊ぼうと誘ってきた。午後11時という深夜、しんちゃんの自転車の後ろに乗って、おたま池のほこらへ向かう。そこは2人が溺れた場所だった...。
 ・「川崎船/熊谷達也」:
 タラ漁の漁師の"栄二郎"は、戦争が終わり、漁船が手漕ぎではなく動力化されて始めているのに一向に耳を貸さない父親を、頭の古い頑固者と決めつけ、くさっていた。栄二郎には商船学校に行くという夢があったが、兄が戦死したためそれも適わない...。
 ・「約束/村山由佳」:
 10歳の4人の仲間たち。ワタルたちは原因不明の病気になった仲間のヤンチャを助けようと、タイムマシーン作りに情熱の全てを傾けるが...。

 読んでみて、実はすでに読んだことがある話もちょいちょいあったこの短編集。「ここが青山/奥田英朗」は「家日和」に、「太陽のシール/伊坂幸太郎」は「終末のフール」に、そして「陽だまり/乙一」は「Zoo1」にそれぞれ収録されてて、読んだことがある話だった。それらも含めて、この短編集で特によかったのは、この4つの話。
 まずは奥田英朗さんの「ここが青山」。リストラされたサラリーマンが嫁に変わって家事や育児をしていく中で、本来の自分を取り戻していく過程が微笑ましいし、とてもうらやましい。男のメンツとかから離れた世界で生きがいをみつけていくところがほんとにいい。
 で、伊坂幸太郎さんの「太陽のシール」。世紀末の世の中で、終わりを受け止めつつも、かすかな希望をあまり期待しないで願っていく夫婦のたたずまいがとてもいい。
 で、石田衣良さんの「ふたりの名前」。2人の所有物を明確にしながら同棲生活を続けるところに猫が仲間入りし、初めて2人で大切するモノができて、2人の絆が深まっていくという話。もっともっとイニシャルを書かないモノが増えるといい。
 で、浅田次郎さんの「金鵄のもとに」。これ、戦争、戦場を舞台した恐ろしい執着心が描かれたが凄まじい話。飢えずに、寒さをしのぎ、生き抜くための執念が凄い。昔、子供のころ、新宿駅近くで物乞いをされていた傷痍軍人の姿をみかけたが、子供心にも痛々しいものだった。それにしても、浅田次郎さんの本って読んでないけど、結構気になってる作家のひとり。もう少し歳とったら読みたいなと思っている。

 ダブって読んだ話もあったけど、それはそれでもう一度読めてよかったかも。こんなアンソロジーって今まで読んだことがない、いろんな作家に出会えて結構好きです。

cf. 伊坂幸太郎 読破 List
- オーデュボンの祈り (2000)
- ラッシュライフ (2002)
- 陽気なギャングが地球を回す (2003)
- 重力ピエロ (2003)
- アヒルと鴨のコインロッカー (2003)
- チルドレン (2004)
- グラスホッパー (2004)
- 死神の精度 (2005)
- I LOVE YOU/伊坂幸太郎・石田衣良・市川拓司・中田永一・中村航・本多孝好 (2005)
- 魔王 (2005)
- 魔王(文庫) (2005)
- 砂漠 (2005)
- 終末のフール (2006)
- 陽気なギャングの日常と襲撃 (2006)
- フィッシュストーリー (2007)
- 絆のはなし/伊坂幸太郎x斉藤和義 (2007)
- ゴールデンスランバー (2007)
- 実験4号 -後藤を待ちながら (2008)
- Re-born はじまりの一歩/伊坂幸太郎・瀬尾まいこ・豊島ミホ・中島京子・平山瑞穂・福田栄一・宮下奈都 (2008)
- モダンタイムス (2008)
- あるキング (2009)
- SOSの猿 (2009)
- オー!ファーザー (2010)
- バイバイ、ブラックバード (2010)
- 『バイバイ、ブラックバード』をより楽しむために ポスタル・ノベル編 (2010)
- マリアビートル (2010)
- 文藝別冊 総特集 伊坂幸太郎 (2010)
- 3652-伊坂幸太郎エッセイ集- (2010)
- 仙台ぐらし (2012)
- PK (2012)
- Happy Box/伊坂幸太郎・山本幸久・中山智幸・真梨幸子・小路幸也 (2012)
- あの日、君と Boys/ナツイチ制作委員会(編)・伊坂幸太郎(著)・井上荒野(著)・奥田英朗(著)・佐川光晴(著)・中村航(著)・西加奈子(著)・柳広司(著)・山本幸久(著) (2012)
- 夜の国のクーパー (2012)
- しあわせなミステリー/伊坂幸太郎・中山七里・柚月裕子・吉川英梨 (2012)
- 最後の恋 MEN'S -つまり、自分史上最高の恋。-/朝井リョウ・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・越谷オサム・白石一文・橋本紡 (2012)
- 短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳 (2012)

cf. 石田衣良 読破 List
- I LOVE YOU/伊坂幸太郎・石田衣良・市川拓司・中田永一・中村航・本多孝好 (2005/2007)
- 最後の恋 MEN'S -つまり、自分史上最高の恋。-/朝井リョウ・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・越谷オサム・白石一文・橋本紡 (2012)
- 短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳 (2012)

cf. 荻原浩 読破 List
- 最後の恋 MEN'S -つまり、自分史上最高の恋。-/朝井リョウ・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・越谷オサム・白石一文・橋本紡 (2012)
- 短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳 (2012)

cf. 奥田英朗 読破 List
- B型陳情団 (1990)
- ウランバーナの森 (1997)
- 最悪 (1999)
- 邪魔 (2001)
- 東京物語 (2001)
- イン・ザ・プール (2002)
- 延長戦に入りました (2002)
- マドンナ (2002)
- 真夜中のマーチ (2003)
- 空中ブランコ (2004)
- サウスバウンド (2005)
- ララピポ (2005)
- ガール (2006)
- 町長選挙 (2006)
- 家日和 (2007)
- オリンピックの身代金 (2008)
- 用もないのに (2009)
- 無理 (2009)
- 純平、考え直せ (2011)
- 我が家の問題 (2011)
- あの日、君と Boys/ナツイチ制作委員会(編)・伊坂幸太郎(著)・井上荒野(著)・奥田英朗(著)・佐川光晴(著)・中村航(著)・西加奈子(著)・柳広司(著)・山本幸久(著) (2012)
- 短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳 (2012)

cf. 乙一 読破 List
- 暗黒童話 (2001)
- 死にぞこないの青 (2001)
- 平面いぬ。 (2003)
- Zoo1・Zoo2 (2003)
- GOTH 夜の章・GOTH 僕の章 (2005)
- 短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳 (2012)

cf. 道尾秀介 読破 List
- 向日葵の咲かない夏 (2005)
- ソロモンの犬 (2007)
- カラスの親指 by rule of CROW'S thumb (2008)
- 短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳 (2012)

cf. 宮部みゆき 読破 List
- 龍は眠る (1991)
- 地下街の雨 (1994)
- 模倣犯 (2001)
- 短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳 (2012)

|

« 「24-TWENTY FOUR- SEASON V/24-TWENTY FOUR- シーズン5」を観た #2 | Main | 「ラーメンWalker東京23区 2013」を読んだ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/56661693

Listed below are links to weblogs that reference 「短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳」を読んだ:

« 「24-TWENTY FOUR- SEASON V/24-TWENTY FOUR- シーズン5」を観た #2 | Main | 「ラーメンWalker東京23区 2013」を読んだ »