« 駒沢 #362 | Main | 「Best of GRAPEVINE (1997-2012)/Grapevine」を聴いた »

Monday, February 18, 2013

「Blankey Jet City VANISHING POINT ディレクターズカット版」を観た

Blankeyjetcity_vanishingpointdvd 先日、渋谷シネクイントで観たBlankey Jet City VANISHING POINT」。もの凄い映画だった。これのDVD版「Blankey Jet City VANISHING POINT ディレクターズカット版」(2013/Cinema)をIso君から借りて、じっくり観た。
 これ、Blankey Jet Cityが解散した2000年から13年、彼らのLast Tour「LOVE IS DIE DIE IS CHANGE」の密着映像のドキュメンタリー映画。2000年7月の「LAST DANCE」@横浜アリーナに向けてのプロローグとして作られていたもので、諸般の事情で13年間封印されていた映像がやっと作品化されたもの。
 劇場版に+38分のディレクターズカット版になってるこのDVDバージョン。時間的制限もあってスピード感重視だった劇場版に比べ、ゆったりとした編集になっていて、まるでブランキーのツアーに同行しているような臨場感を体感できる。オープニングの曲も劇場版とは違うし、楽屋でベンジーがフルーツジュースを作るシーンとか微笑ましいカットも増えてる。で、収録されたLive映像も増えてて、「SWEET DAYS」(from 2000.6.8 Zepp Osaka)、「3104丁目のDANCE HALLに足を向けろ」(from 2000.6.12 広島アステールプラザ)、「SATURDAY NIGHT」(from 2000.6.15 Zepp Fukuoka)も収録されていた。
 それにしてもツアーの中盤、演奏がうまくいかず、楽屋でぶつかりあい、真摯に向き合い、話し合う3人の姿が凄まじい。「ツラくなったら笑おう」といったベンジーの言葉は、ほんとに染みた。「ロックンロール! ロックロール! ロックンロール!」と叫び続けた照ちゃんの姿に鳥肌が立った。そして、横アリの最後の曲「Bab Baby」の前に感極まった3人の笑顔が最高だった。
 Iso君にもらったブランキーの真のLast Liveとなった2000年7月28日フジ・ロックでの映像。これも正座して観ようと思う。
* Blankey Jet City are Kenichi Asai,Toshiyuki Terui,Tatsuya Nakamura.
* Directed by Yutaka Onaga.
* 2013 Wild Corporation Ltd.

cf. Blankey Jet City My CD/DVD List
- Blankey Jet City VANISHING POINT (2013/Cinema)
- Blankey Jet City VANISHING POINT ディレクターズカット版 (2013/Cinema)

|

« 駒沢 #362 | Main | 「Best of GRAPEVINE (1997-2012)/Grapevine」を聴いた »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/56789523

Listed below are links to weblogs that reference 「Blankey Jet City VANISHING POINT ディレクターズカット版」を観た:

« 駒沢 #362 | Main | 「Best of GRAPEVINE (1997-2012)/Grapevine」を聴いた »