« 鮮魚・焼酎 跳魚 #3 | Main | 駒沢 #368 »

Tuesday, March 19, 2013

「矢野顕子、忌野清志郎を歌う~レコーディング密着ドキュメント」(Space Shower TV)を観た

Akikoyano_tv 矢野顕子さんが先日Releaseした忌野清志郎Cover Album「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」。このAlbumのレコーディングドキュメント番組「矢野顕子、忌野清志郎を歌う~レコーディング密着ドキュメント」がSpace Shower TVで放送されたので、じっくりと観てみた。
 まずこの番組で放送されたのが、2002年のFUJI ROCK FESTIVAL '02での模様。2人がイマワノアキコというユニットで歌った「ひとつだけ」。蝉が鳴く苗場で2人の声が綺麗に共鳴していた。
 そして、矢野顕子さんのNYでのプレイベートスタジオでレコーディングされたこのAlbum「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」の模様が1曲1曲放送されていく。「デイ・ドリーム・ビリーバー」、「約束」、「胸が張り裂けそう」、「恩赦」、「セラピー」、「毎日がブランニューデイ」、「雑踏」、そして「誇り高く生きよう」。みんなキヨシロウが作った名曲ばかり。体調が悪い中、一生懸命歌ってる矢野顕子さんの姿が痛々しいけど、キヨシロウの曲を自分なりの解釈でもう一度世に伝えようという姿が伝わってきて、なんか応援したくなった。で、最後には、鎌倉のLiveで矢野顕子さんが歌ってた「誇り高く生きよう」も放送された。
 で、個人的に一番うれしかったのは、このAlbumのジャケット撮影風景。キヨシロウの愛用してたブーツと書かれたピンクのブーツを履いいたシーン。ここはほんとにいい光景だった。
 惜しまれながら亡くなったキヨシロウへの愛にあふれる番組だった。この矢野さんのAlbum、とっても聴きたくなった...。

|

« 鮮魚・焼酎 跳魚 #3 | Main | 駒沢 #368 »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/56989989

Listed below are links to weblogs that reference 「矢野顕子、忌野清志郎を歌う~レコーディング密着ドキュメント」(Space Shower TV)を観た:

« 鮮魚・焼酎 跳魚 #3 | Main | 駒沢 #368 »