« 「最後の息子/吉田修一」を読んだ | Main | 駒沢美食倶楽部 庵和昇 #22 »

Friday, April 12, 2013

「Mash Up The World/Man With A Mission」を聴いた

Manwithamission_mashuptheworld ここ数年、ずっと気になってたMan With A Mission。年末のCDJ12/13で彼らのStageを観て、ますます気になってた。で、やっと聴いた彼らの2nd Full Album「Mash Up The World」(2012/Album)について。
 オオカミ達が作りあげる音は、Loud Rock meets Electroという感じで、これにMidium Tuneなどもあり、思ってた以上にVarietyなAlbumに仕上がってる。ただ、特に9曲目以降が想像以上に大人しめで、聴きやす過ぎる曲が大半という印象で終わってしまう感じ。AlbumよりもLiveの方が断然いいと思った。うーん、もう少し何枚か聴いてみたいと思う。
vともかくひっかかった曲を。
・M-01「Mash UP the DJ!」。ひたすらアガル。
・M-02「FROM YOUTH TO DEATH」。GuitarのリフとかMelodyはかっこいいんだけど、ちょっと聴きやすすぎるかも。
・M-03「distance」。これはLiveで映える1曲。やたら気持ちいいぞ。
・M-05「Get Off of My Way」。Hip HopからのLoud Rockがやたらかっこいい。
・M-07「Bubble of Life」。いい意味で大げさなElectro。
・M-08「Lithium」。Loopされるサビが気持ちいい。
まだまだ進化が続くはずの新生命体Man With A Mission。まだ判断は早いかな...。

● Mash Up The World/Man With A Mission (2012/Album)
M-01. Mash UP the DJ!
M-02. FROM YOUTH TO DEATH
M-03. distance
M-04. ニュートラルコーナー
M-05. Get Off of My Way
M-06. フォーカスライト
M-07. Bubble of Life
M-08. Lithium
M-09. Just Like Magic
M-10. 時代
M-11. Feel and Think
M-12. colours
* Man With A Mission are Tokyo Tanaka(Vocals),Jean-Ken Johnny(Vocals,Guitars),Kamikaze Boy(Bass Guitar),DJ Santa Monica(DJ,Sampling),Spear Rib(Drums).
* Produced by MWAM(From Youth to Death Records)
* Recorded by Asumi Narita,Satoshi Fukuda,E.D.Vedder,Yusuke Maeda,Jyunichiro"Ojjy"Ojima and Kohsuke Oshima.
* Treatment of All Tracks and Mixed by Kohsuke Oshima.
* Recorded at St.Soul B1,Birdman West,Takaido Music Studio,Freedom Studio and Bungee Studio.
* Mixed at St.Soul B1.
* Mastered by Kotaro Kojima at Flair Mastering Works on June 2012
* CRCP-40323 2012 Nippon Crown Co.Ltd.

cf. Man With A Mission My CD/DVD List
- Mash Up The World (2012/Album)

|

« 「最後の息子/吉田修一」を読んだ | Main | 駒沢美食倶楽部 庵和昇 #22 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/57159116

Listed below are links to weblogs that reference 「Mash Up The World/Man With A Mission」を聴いた:

« 「最後の息子/吉田修一」を読んだ | Main | 駒沢美食倶楽部 庵和昇 #22 »