« 代官山通信 祝35th号 | Main | 「The Shining/シャイニング」を観た »

Wednesday, July 17, 2013

「いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵」を読んだ

Itsumoisshoni 品川駅内の本屋を徘徊中、このわんこの表紙にひかれてしまって買った「いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵」(新潮文庫)。ちょっと書いてみます。
 これ、19人の作家による忘れられない犬をめぐるエッセイ集。初めて出会い、この犬と生きていこうと決めた日のこと、元気に吠えて子供のようにはしゃぐ姿、悲しそうな目でみつめる姿、まるで親のようにやさしく顔をなめながら見守ってくれる姿、そして別れが来てもずっとその子のことが心から離れない日々のこと。それぞれの作家たちが、それぞれの犬について語っていて、その優しくて切ない思いがジワっと伝わってきた。
 で、特によかったのは、ダンとの日々を描いた小路幸也さんの「犬がいる」、ルイとムムとカヤとの日々を描いた角野栄子さんの「わたしの犬たち」、ラブとの日々を描いた小川洋子さんの「気が付けば老犬...その他二編」、マチェックとの日々を描いた原田マハさんの「ただいま。おかえり。」、ワルテルとの日々を描いた馳星周さんの「しあわせの使者」、そしてルイとの日々を描いた唯川恵さんの「約束」。どの話も飼い主として責任と愛情とそれにこたえるわんこ達からの信頼関係がとても伝わってくるものばかりだった。
 昔一緒に暮らしていたポチとケースケのこと、そして今一緒に暮らしているLoveとPeaceのこと、せっかく出会ったわんこ達のことをあらためて考えさせられた一冊だった。

cf. 小路幸也 読破 List
- Happy Box/伊坂幸太郎・山本幸久・中山智幸・真梨幸子・小路幸也 (2012)
- いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵 (2013)

cf. 遠藤周作 読破 List
- 海と毒薬 (1958)
- いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵 (2013)

cf. 小川洋子 読破 List
- 薬指の標本 (1994)
- ブラフマンの埋葬 (2004)
- いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵 (2013)

cf. 山崎豊子 読破 List
- 華麗なる一族 (1973)
- 沈まぬ太陽 (1999)
- いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵 (2013)

|

« 代官山通信 祝35th号 | Main | 「The Shining/シャイニング」を観た »

Dog」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/57807315

Listed below are links to weblogs that reference 「いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵」を読んだ:

« 代官山通信 祝35th号 | Main | 「The Shining/シャイニング」を観た »