« くまもと 桂花ラーメン #8 | Main | 「"METROCK 2013"ライブスペシャル」(M-ON!)を観た »

Monday, September 30, 2013

「Total Recall/トータル・リコール」を観た

Totalrecall Arnold Schwarzenegger主演の1990年版のリメイク作品である映画「Total Recall/トータル・リコール」(2012/Cinema)。ちょっと観てみた。
 こんなあらすじ。21世紀末の世界大戦で大量の化学兵器を使用された結果、地上の大半は居住不可能となり、富裕層はUFBに住み、貧困層は地球の反対側のコロニーに居住していた。コロニーに住むDouglas Quaid(Colin Farrell)は、労働者として貧しいながらも妻Lori(Kate Beckinsale)と平和に暮らしていた。そんな中Douglasは、いつしか見知らぬ女性と病院を脱出し警官に追われる夢を見る様になる。その夢のことが気になるDouglasは、同僚Harry(Bokeem Woodbine)からの脳障害になるという忠告を無視して、記憶の売買をしているリコール社へ向かってしまう...。
 記憶が売買できる近未来を舞台に、自らに秘められた謎や巨大な陰謀に立ち向かう男の姿が描かれたSFサスペンス映画。Philip K. Dickの小説「We Can Remember It for You Wholesale/追憶売ります」が原作なんだけど、1990年版と今回の2012年版とでは、舞台が火星から地球になっていたりと設定がかなり変わっているし、内容も世界観も変更されている。そのため、初めて観たような気分で楽しめることができた。アクション的には今作の方が上だと思うし、映像の美しさも深さも秀逸。で、個人的には雨降るコロニーがまるでBlade Runnerの街並のようで、思わず二ヤリとしたいいオマージュだった。普通に面白かったです。

|

« くまもと 桂花ラーメン #8 | Main | 「"METROCK 2013"ライブスペシャル」(M-ON!)を観た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「Total Recall/トータル・リコール」を観た:

« くまもと 桂花ラーメン #8 | Main | 「"METROCK 2013"ライブスペシャル」(M-ON!)を観た »