« ROCKIN'ON JAPAN NOVEMBER 2013 | Main | BRUTUS 764 »

Wednesday, November 06, 2013

「21st Century Rock Band/Straightener」を聴いた

Straightener_21stcentury Straightener、BandのMajor10周年に合わせてReleaseされたBest Album「21st Century Rock Band」(2013/Album)について。
 これ、Indies時代からの曲、Single、Liveでの定番などテナーのキャリアを代表するRock Tuneが収録されていて、コアなファンから日本のRockを聴きまくってる人にもきっと響く鉄板なAlbumかと。
 ともかく曲について書いてみる。
・M-01「ROCKSTEADY」:"ROCK END ROLL"(2004)収録。Liveで何回も聴いたことがあるけど、この音源もGuitarとDrumsだけで初期衝動にあふれてる。
・M-02「TRAVELING GARGOYLE」:2003年にReleaseされたMajor 1st Single。今も変わらない疾走感。
・M-03「TENDER」:2004年の2nd Single。Major Tuneの気持よいRock。
・M-04「REMINDER」:"ROCK END ROLL"(2004)収録。Bandに対する愛にあふれた楽曲。
・M-05「KILLER TUNE [Natural Born Killer Tune Mix]」:"TITLE"(2005)収録。この硬質なGuitarの音がLiveでやたらと盛り上がる。
・M-06「DISCOGRAPHY」:"Dear Deadman"(2006)収録。構築美とDynamicsが伝わってくる佳曲。
・M-07「Melodic Storm」:"Dear Deadman"(2006)収録。轟音だけどPopなMelodyで、これもLiveで映える1曲。
・M-08「SIX DAY WONDER」:"Linear"(2007)収録。雪夜のような引き締まった静寂感がいい。
・M-09「TRAIN」:"Linear"(2007)収録。この曲がLiveでかかったときの高揚感がたまらない。Hard Tuneなんだけど、美しいMelodyがいい。
・M-10「Little Miss Weekend」:2008年Releaseの9th Single。2008年にGuitarとしてOJこと大山純氏が加入し、4人編成となったテナーが出したUpper Tune。Dancableで、四つ打ちのEdgeが利きまくったGuitarがめっちゃかっこいい。
・M-11「Lightning」:2009年の10th Single。"Nexus"(2009)収録。静寂だけど熱いこの曲。♪Strike Me With Lightning♪。テナーの曲の中でも個人的Best Trackはこれかもしれない。
・M-12「CLONE」:"Creatures"(2010)収録。ともかくMelodious。
・M-13「Man-like Creatures」:"Creatures"(2010)収録。静謐で豊かな美メロ。
・M-14「VANISH」:"Stout"(2011)収録。Live映えする骨太なRock Tune。the telephonesが出演したP.V.も最高だった。
・M-15「VANDALISM -Prototype-」:2011年Releaseの13th Single。DigitalなBeatが気持ちいい。
・M-16「羊の群れは丘を登る」:"STRAIGHTENER"(2011)収録。いい意味でテナー鉄板のMelodiusさと疾走感がいい。
・M-17「シンクロ」:"SOFT"(2012)収録。アコギな音色が美しいBallad。
・M-18「From Noon Till Dawn (feat.Tabu Zombie&Kunikazu Tanaka)」:2012年Releaseの15th Single。SOIL&"PIMP"SESSIONSのタブゾンビとサックス奏者の田中邦和が参加。テナーの音にBrassの音ってこんなに合うとは! イッキにテナーの世界を押し広げた1曲。

 あたらためてこの18曲を通しで聴いてみると、彼らが作ってきた楽曲の完成度の高さと、メンバーの加入と共に感じる10年間の音の進化に、やっぱり感慨がひとしお。ストレイテナー10年の軌跡を堪能させていただきました。

● 21st Century Rock Band/Straightener (2013/Album)
M-01. ROCKSTEADY
M-02. TRAVELING GARGOYLE
M-03. TENDER
M-04. REMINDER
M-05. KILLER TUNE [Natural Born Killer Tune Mix]
M-06. DISCOGRAPHY
M-07. Melodic Storm
M-08. SIX DAY WONDER
M-09. TRAIN
M-10. Little Miss Weekend
M-11. Lightning
M-12. CLONE
M-13. Man-like Creatures
M-14. VANISH
M-15. VANDALISM -Prototype-
M-16. 羊の群れは丘を登る
M-17. シンクロ
M-18. From Noon Till Dawn (feat.Tabu Zombie&Kunikazu Tanaka)
* All Songs Written by Atsushi Horie.
* Performed by Atsushi Horie(Guitar,Vocal,Synthesizer),Jun Oyama(Guitar),Hidekazu Hinata(Bass) and Shinpei Nakayama(Drums).
* Directed by Hisashi Suzuki.
* Recording and Mixing Engineer:Akemi Tani(M-01,03-09),Kobaken(M-02),Masayoshi Sugai(M-10-18)
* Master Engineer:Hiromichi "Tucky" Takiguchi
* Mastered at Parasight Mastering.
* TOCT-29147 2013 Emi Records Music Japan.Universal Music Llc.

cf. Straightener My CD/DVD List
- PLAYLIST-HMV (2004/Album)
- Early Years (2005/Album)
- Asian Kung-Fu Generation presents Nano-Mugen Compilation (2005/Album)
- Dear Deadman (2006/Album)
- Linear (2007/Album)
- Immortal (2007/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2008 (2008/Album)
- Little Miss Weekend (2008/CDS)
- Nexus (2009/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2009 (2009/Album)
- Creatures (2010/Album)
- Stout (2011/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2011 (2011/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2012 (2012/Album)
- 奥田民生・カバーズ2/Various Artists (2013/Album)
- 21st Century Rock Band (2013/Album)

|

« ROCKIN'ON JAPAN NOVEMBER 2013 | Main | BRUTUS 764 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/58527185

Listed below are links to weblogs that reference 「21st Century Rock Band/Straightener」を聴いた:

« ROCKIN'ON JAPAN NOVEMBER 2013 | Main | BRUTUS 764 »