« 「The People vs. George Lucas/ピープルvsジョージ・ルーカス」を観た | Main | 「ラーメンWalker東京23区 2014」を読んだ »

Thursday, December 26, 2013

「The Recording at NHK CR-509 Studio/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた

Akg_therecording この2013年春頃、NHK-BSで放送された「THE RECORDING with ASIAN KUNG-FU GENERATION/ザ・レコーディング "ASIAN KUNG-FU GENERATION"」。このASIAN KUNG-FU GENERATIONの音源が「The Recording at NHK CR-509 Studio」(2013/Album)としてCD化された。ちょっと書いてみます。
 このNHKの番組、NHK・CR509スタジオにて2013年3月に2日間にわたって収録されたもので、スタジオ一発録りということで緊張感あふれるもの。曲によってはアジカンの4人に加え、三原重夫(Perc)、上田禎(Key,Gt)、岩崎愛(Cho)も加わり、アジカンの世界観を拡大していた。結構反響が凄かったみたいで、収録音源がCD化されたとのこと。また、初回生産限定盤に付いていたDVDには番組で未公開だった「踵で愛を打ち鳴らせ」も収録。ちょっと嬉しい。
 選曲の方は、デビューから最新シングルまでを網羅するもので、結果的にAll Time Bestな内容。今まで何回も聴いてきたアジカンなので、ひっかかった音について書いてみる。まずはCDから
・M-01「遥か彼方」:重くて、1音1音大切にしてる緊張感ある。
・M-02「未来の破片」:シンバルまで含め伊地知さんのDrmus、疾走感あっていい。
・M-03「君という花」:この曲でアジカンにハマったんだけど、実はずっと山田さんの着実なBassが好きだった。
・M-04「リライト」:最近途中に入る混沌としたMelody Lineがドロドロでいい。
・M-05「ブルートレイン」:いろんな楽器が差し込まれ、楽しんでる感が伝わるイントロがいい。
・M-06「転がる岩、君に朝が降る」:抒情的に響くGuitarの音色がいい。
・M-07「ムスタング」:タメのあるMidium Tuneが気持ちいい。
・M-08「藤沢ルーザー」:軽快で前のめりなRock Tuneなんだけど、やっぱりこの曲の良さは絶対Guitar。
・M-09「新世紀のラブソング」:変則的なRhythmにのる綺麗なMelodyと後藤さんのRap。この曲でアジカンの演奏力がさらに上がったと思ったもの。
・M-10「夜を越えて」:変わらない青さのあるけど、その鉄板な4人の佇まいが伝わる。
・M-11「アネモネの咲く春に」:手堅い伊地知さんと山田さんのRhythm隊がいい。
・M-12「今を生きて」:やったら高い喜田さんのコーラスってなかなかいいと思ってた。
・M-13「Loser」:BECKの「Loser」のCover。CDJ12/13で後藤さんがハンドマイクでRapしているシーンは忘れられない。
 続いて、DVDへ。
・M-01「ループ&ループ」:4人のアイコンタクトと笑顔がいい。
・M-02「マーチングバンド」:サポートも入って7人の音の広がりがいい。
・M-03「踵で愛を打ち鳴らせ」:演奏力の高さと楽曲の良さが光る曲。
・M-04「それでは、また明日」:重さを引きずりながらも前にいく感じがいい。
・M-05「AとZ」:照明を若干落とした中、Heavyで繊細なMelodyを演奏していた。

 それにしても今年2013年で、デビュー10周年を迎えたアジカン。これからも聴き続けたいBand。

● The Recording at NHK CR-509 Studio/Asian Kung-Fu Generation (2013/Album)
=DISC 1_CD=
M-01. 遥か彼方
M-02. 未来の破片
M-03. 君という花
M-04. リライト
M-05. ブルートレイン
M-06. 転がる岩、君に朝が降る
M-07. ムスタング
M-08. 藤沢ルーザー
M-09. 新世紀のラブソング
M-10. 夜を越えて
M-11. アネモネの咲く春に
M-12. 今を生きて
M-13. Loser
=DISC 2_DVD=
M-01. ループ&ループ
M-02. マーチングバンド
M-03. 踵で愛を打ち鳴らせ
M-04. それでは、また明日
M-05. AとZ
* Asian Kung-Fu Generation:Masafumi Gotoh(Vocals,Guitar),Kensuke Kita(Guitar,Vocals),Takahiro Yamada(Bass,Vocals),Kiyoshi Ijichi(Drums)
* Support Musicians:Shigeo Mihara(Percussion,Tadashi Ueda(Keyboard,Guitar),Ai Iwasaki(Chorus)
* NHK Program
- Chief Producer:Masaro Nakamura
- Producer:Akihisa Koike
- Director:Nobuyoshi Yokokawa
- Technical Director:Takeshi Mitoma
* Mixed by Kenichi Nakamura.
* Mastered by Stephen Marcussen at Marcussen Mastering.
* KSCL-2300-2301 2013 Ki/oon Music Inc./2013 NHK Service Center Inc.

cf. Asian Kung-Fu Generation My CD/DVD List
- 崩壊アンプリファー (2003/Album)
- 未来の破片 (2003/CDS)
- 君という花 (2003/CDS)
- 君繋ファイブエム (2003/Album)
- サイレン (2004/CDS)
- リライト (2004/CDS)
- NARUTO-ナルト- ベストヒットコレクション (2004/Album)
- 君の街まで (2004/CDS)
- ソルファ (2004/Album)
- Sol-fa (2004/Album)
- 映像作品集1巻 (2004/DVD)
- 映像作品集2巻 Live at 武道館+ (2005/DVD)
- Asian Kung-Fu Generation presents Nano-Mugen Compilation (2005/Album)
- ブルートレイン (2005/CDS)
- ワールドアパート (2006/CDS)
- ファンクラブ (2006/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2006 (2006/Album)
- フィードバックファイル (2006/Album)
- 或る街の群青 (2006/CDS)
- 映像作品集3巻 Tour 酔杯 2006-2007 The Start Of A New Season (2007/DVD)
- アフターダーク (2007/CDS)
- 転がる岩、君に朝が降る (2007/CDS)
- ワールド ワールド ワールド (2008/Album)
- ムスタング (2008/DL)
- 未だ見ぬ明日に (2008/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2008 (2008/Album)
- 藤沢ルーザー (2008/CDS)
- サーフ ブンガク カマクラ (2008/Album)
- 映像作品集5巻~live archives 2008~ (2009/DVD)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2009 (2009/Album)
- 新世紀のラブソング (2009/CDS)
- ソラニン (2010/CDS)
- 迷子犬と雨のビート (2010/CDS)
- マジックディスク (2010/Album)
- ∀-Turn a/iLL (2010/Album)
- 砂の上 (2011)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2011 (2011/Album)
- マーチングバンド (2011/CDS)
- Best Hit Akg (2012/Album)
- 踵で愛を打ち鳴らせ (2012/CDS)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2012 (2012/Album)
- それでは、また明日 (2012/CDS)
- ランドマーク (2012/Album)
- 今を生きて (2013/Album)
- The Recording at NHK CR-509 Studio (2013/Album)

|

« 「The People vs. George Lucas/ピープルvsジョージ・ルーカス」を観た | Main | 「ラーメンWalker東京23区 2014」を読んだ »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/58822318

Listed below are links to weblogs that reference 「The Recording at NHK CR-509 Studio/Asian Kung-Fu Generation」を聴いた:

« 「The People vs. George Lucas/ピープルvsジョージ・ルーカス」を観た | Main | 「ラーメンWalker東京23区 2014」を読んだ »