« 「×と○と罪と/Radwimps」を聴いた | Main | 「Zero Dark Thirty/ゼロ・ダーク・サーティ」を観た »

Wednesday, March 19, 2014

「Act Against AIDS 2013 桑田佳祐 昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」(WOWOW)を観た

Keisukekuwata_aaa13

 家のHDレコーダーに録りっぱなしになっていたWOWOWの「Act Against AIDS 2013 桑田佳祐 昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」。いまさらだけどやっと観れた。
 この「Act Against AIDS 2013 桑田佳祐 昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」、2013/12/4にパシフィコ横浜国立大ホールで行われたLive。8年前に"桑田佳祐 Act Against AIDS 2008「昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦」"の第2弾にあたり、その時はLiveに参戦したもの。桑田佳祐さんが古き良き時代の"流行歌"を歌いまくるという企画で、60年代の和製ポップス、ムード歌謡、GS、フォーク、ニューミュージック、アイドルソング、現役Artistなどなど昭和の時代を彩った数々の名曲を歌いまくっていた。まさに桑田佳祐さんの大カラオケを聴きまくるという感じ。
 で、今回のLive映像でよかったのはこのあたり。「若者たち」、「この広い野原いっぱい」(なにげにいい曲)、「なごり雪」(よく練習しました)、「22才の別れ」(中学生の頃、この曲は大人の歌だと思ってたけど、あっけなくその歳を越えたおやじになりました)、「わかれうた」、「I LOVE YOU」、「恋におちて-Fall in love-」(よくカラオケで聴いたもんだった)、「桃色吐息」(この曲もそう)、「遠く遠く」(この曲はほんとに好きだった)、「春よ、来い」、「太陽がくれた季節」、「傷だらけのローラ」、「恋の奴隷」、「シクラメンのかほり」、「北の宿から」(ド演歌だけど体に染みついてる)、「見上げてごらん夜の星を」(名曲!)、「喝采」、「カブトムシ」、「イージュー★ライダー」(民生の名曲が聴けてよかった)、「やさしくなりたい」(斉藤和義とは!珍しい接点)、「六本木心中」、「TOKIO」、「どうにもとまらない」(途中のPercussionがかっこいい)、「Born This Way」(まさかのレディ・ガガ!)、そして、「SOMEDAY」(大昔、国立競技場で行われたALL TOGETHER NOWというイベントで佐野元春のStageにサザンが乱入して、「夕方 Hold OnMe」が演奏されたことを思い出した!)。
 流行歌ってまさにその当時の世相を表し、その曲を聴くと案外覚えていて、その時のことを思い出すもの。桑田さんのひとりカラオケ状態だったけど、懐かしさを満喫することができました。たまにはこんなあの頃のことを振り返る時間もいいかもしれません。

● On Air Set List:
M-01. 東京ラプソディ(藤山一郎)
M-02. 銀座カンカン娘(高峰秀子)
M-03. 銀河のロマンス(ザ・タイガース)
M-04. 虹色の湖(中村晃子)
M-05. スワンの涙(オックス)
M-06. 涙の季節(ピンキーとキラーズ)
M-07. 小さなスナック(パープル・シャドウズ)
M-08. 涙のかわくまで(西田佐知子)
M-09. エメラルドの伝説(ザ・テンプターズ)
M-10. 京都の恋(渚ゆう子)
M-11. 若者たち(ザ・ブロードサイド・フォー)
M-12. この広い野原いっぱい(森山良子)
M-13. 風(はしだのりひことシューベルツ)
M-14. なごり雪(イルカ)
M-15. 22才の別れ(風)
M-16. わかれうた(中島みゆき)
M-17. I LOVE YOU(尾崎豊)
M-18. 恋におちて-Fall in love-(小林明子)
M-19. リバーサイドホテル(井上陽水)
M-20. 桃色吐息(高橋真梨子)
M-21. 遠く遠く(槇原敬之)
M-22. 春よ、来い(松任谷由実)
M-23. グッド・ナイト・ベイビー(ザ・キング・トーンズ)
M-24. 小指の想い出(伊東ゆかり)
M-25. 星のフラメンコ(西郷輝彦)
M-26. 太陽がくれた季節(青い三角定規)
M-27. 傷だらけのローラ(西城秀樹)
M-28. 手紙(由紀さおり)
M-29. 港町ブルース(森進一)
M-30. 恋の奴隷(奥村チヨ)
M-31. シクラメンのかほり(布施明)
M-32. みずいろの手紙(あべ静江)
M-33. 東京砂漠~おいしい秘密(内山田洋とクール・ファイブ~桑田佳祐)
M-34. 北の宿から(都はるみ)
M-35. 見上げてごらん夜の星を(坂本九)
M-36. 喝采(ちあきなおみ)
M-37 ドリフメドレー~チョットだけョ!全員集合~ドリフのズンドコ節~ドリフのビバノン音頭(ザ・ドリフターズ)
M-38. Jupiter(平原綾香)
M-39. カブトムシ(aiko)
M-40. ありがとう(いきものがかり)
M-41. イージュー★ライダー(奥田民生)
M-42. やさしくなりたい(斉藤和義)
M-43. 六本木心中(アン・ルイス)
M-44. TOKIO(沢田研二)
M-45. なんてったってアイドル(小泉今日子)
M-46. 男の子女の子(郷ひろみ)
M-47. どうにもとまらない(山本リンダ)
M-48. Born This Way~東京五輪音頭~Born This Way(レディ・ガガ~三波春夫)
M-49. SOMEDAY(佐野元春)
M-50. ひだまりの詩(Le Couple)
M-51. アンパンマンのマーチ(ドリーミング)
M-52. 愛のさざなみ(島倉千代子)
M-53. 帰ろかな(北島三郎)
M-54. 川の流れのように(美空ひばり)
M-55. 笑って許して(和田アキ子)
* Filmed Live at National Convention Hall of Yokohama,Pacifico Yokohama on 4th. Dec.2013.

|

« 「×と○と罪と/Radwimps」を聴いた | Main | 「Zero Dark Thirty/ゼロ・ダーク・サーティ」を観た »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/59317680

Listed below are links to weblogs that reference 「Act Against AIDS 2013 桑田佳祐 昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」(WOWOW)を観た:

« 「×と○と罪と/Radwimps」を聴いた | Main | 「Zero Dark Thirty/ゼロ・ダーク・サーティ」を観た »