« PIZZERIA-TRATTORIA DON CONA CONERY #3 | Main | 「「余命3カ月」のウソ/近藤誠」を読んだ »

Friday, March 28, 2014

「ASIAN KUNG-FU GENERATION THE MEMORIES 2003-2013」を読んだ

Akg_piamook 去年2013年で、デビュー10周年だったASIAN KUNG-FU GENERATION。彼らの10年を記念したヒストリーブック「ASIAN KUNG-FU GENERATION THE MEMORIES 2003-2013」(ぴあMOOK)、Kyo-chanに借りて読んでみた。
 内容は、2003年から2013年のフォトギャラリーとLive Listや音源Releaseといった彼らの年表、1年ごとに喜多建介と山田貴洋と伊地知潔が振り返り語る10年史、後藤正文が語るAlbumなど作品制作の隠された秘話、アジカンの音源Jacketを手がけてきたイラストレイターの中村佑介による回顧録と未公開Jacketの初公開。加えて去年9月横スタで行われた10周年記念Liveにも参戦した盟友なホリエアツシ、細美武士、金澤ダイスケへのInterviewなどが載っている。
 自分とアジカンはまさに2003年の「未来の破片」「君という花」あたりで気になり出し、2004年のRIJF2004で初めてLiveを体験し、その2004年12月の初単独武道館で完全にはまってここまでキタという感じ。この本の中で後藤正文も言ってるけど、2011年大震災の影響で行く予定だった東京国際フォーラムが中止になったこととか、いろいろ思い出した。
 ともかく現在、「フィードバックファイル2」をヘビロテ中。これからもずっと聴き続けたいと思うBandです。

|

« PIZZERIA-TRATTORIA DON CONA CONERY #3 | Main | 「「余命3カ月」のウソ/近藤誠」を読んだ »

Rock」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/59367448

Listed below are links to weblogs that reference 「ASIAN KUNG-FU GENERATION THE MEMORIES 2003-2013」を読んだ:

« PIZZERIA-TRATTORIA DON CONA CONERY #3 | Main | 「「余命3カ月」のウソ/近藤誠」を読んだ »