« 「Inocente/イノセンテの描く未来」を観た | Main | 「大人のための文章道場/樋口裕一」を読んだ »

Thursday, March 13, 2014

「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ/クリープハイプ」を聴いた

Creephyp_shinumadeissho Fes,とかの映像を観ているうちにとっても気になり出し、Major 2nd Album「吹き零れる程のI、哀、愛」でハマったクリープハイプ。彼らが2012年にMajor Debut AlbumとしてReleasした1st「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」(2012/Album)、これもハマって聴いてみた。
 尾崎世界観の作る独特の歌詞と彼のハイトーンボイス、曲ごとに生み出される独特の世界とそれがジワジワ交差していく感覚が脳内に生まれ、このAlbumもハマってしまった。Indies時代の曲含め、グンと成長し続けるクリープハイプが伝わっていく1枚。
 ともかくひっかかった曲について書いてみる。
・M-01「愛の標識」:♪死ぬまで一生愛されてると思ってたよ 信じてたのに嘘だったんだ♪。性急だけど起伏が見事なMelody Lineに乗っかった別れの歌。
・M-02「イノチミジカシコイセヨオトメ」:ピンサロ嬢になった女性を歌った曲。こんな切ない歌詞って聴いたことない。
・M-03「手と手」:♪大切なものをなくしたよ 今になって気づいたのが遅かった なんてよくある話で笑っちゃうよね♪。今の気分にぴったりな曲。
・M-04「オレンジ」:CatchyなMelodyにドロドロだけどなんとか生活していくの歌詞がいい。
・M-05「バイト バイト バイト」:生き抜くためのバイトの歌。身の丈の生活感がいい。
・M-06「ミルクリスピー」:甘ったるいストレートなLove Song。
・M-07「身も蓋もない水槽」:ツバ吐きまくってるゲスな歌詞が最高!!
・M-08「ABCDC」:♪音階並べてわかってる様な顔して それをメロディーとか呼んじゃって 退屈並べてわかってる様な顔して 日常を切り取ったとか思っちゃって 指3本分くらいの労働して サビ3回分くらいの感動を 買いに行く♪。この天の邪鬼な体質にひっかかってしまう。
・M-09「火まつり」:民話的な土着的な歌。
・M-10「蜂蜜と風呂場」:♪蜂蜜みたいな味がするなんて 嘘ついて 嘘ついて 嘘ついてくれてありがとうね♪。過激なエロさ。
・M-11「チロルとポルノ」:日常を切り取って歌にしたLove Song。なかなかの佳曲。

 Indies時代のAlbumとかまだまだ聴いてみない。いやー楽しみです。

● 死ぬまで一生愛されてると思ってたよ/クリープハイプ (2012/Album)
M-01. 愛の標識
M-02. イノチミジカシコイセヨオトメ
M-03. 手と手
M-04. オレンジ
M-05. バイト バイト バイト
M-06. ミルクリスピー
M-07. 身も蓋もない水槽
M-08. ABCDC
M-09. 火まつり
M-10. 蜂蜜と風呂場
M-11. チロルとポルノ
* Creep Hyp:Sekaikan Ozaki(Vocal,Guitar),Yukigi Ogawa(Guitar),Taku Koizumi(Drums),Kaonashi Hasegawa(Bass,Chorus)
* All Words and Music by Sekaikan Ozaki.
* Except M-09.Words and Music by Kaonashi Hasegawa.
* Recorded by Fumiaki Unehara.
* Mastered by Takahiro Uchida(FLAIR).
* VICL63865 Getting Better 2012 Victor Entertainment Inc.

cf. Creep Hyp My CD/DVD List
- 死ぬまで一生愛されてると思ってたよ (2012/Album)
- 吹き零れる程のI、哀、愛 (2013/Album)

|

« 「Inocente/イノセンテの描く未来」を観た | Main | 「大人のための文章道場/樋口裕一」を読んだ »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/59283500

Listed below are links to weblogs that reference 「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ/クリープハイプ」を聴いた:

« 「Inocente/イノセンテの描く未来」を観た | Main | 「大人のための文章道場/樋口裕一」を読んだ »