« 「Side Effects/サイド・エフェクト」を観た | Main | 「Big Fish/ビッグ・フィッシュ」を観た »

Thursday, December 25, 2014

「THE PIER/くるり」を聴いた

Qiruli_thepier この2014年9月、2年ぶりにReleaseされたくるりの11th Album「THE PIER」(2014/Album)について。
 2012年「坩堝の電圧」以来のNew Album。Japan10月号のInterviewで岸田繁のInterviewで語ってたけど、ともくArrangeやSound Productionが緻密。パラレルワールドで、なんでも取りこんで吸収して吐き出した自由闊達で多国籍。ほんとアイデアとチャレンジにあふれた1枚になっている。ほんとこの3カ月、毎日ヘビロテしていた1枚だった。
 ともかく曲について書いてみます。
・M-01「2034」:まさにこのAlbumを象徴する多国籍で無国籍なInst Tune。
・M-02「日本海」:EDMとClassicと演歌が絡み合って、荒々しい情景が浮かんでくる1曲。
・M-03「浜辺にて」:これも異国の情緒溢れてるMelody。
・M-04「ロックンロール・ハネムーン」:Highで前向きになれるくるりらしい高揚感がたまらないです。Album「アンテナ」に入ってた「ロックンロール」を彷彿させる前向きなBeatがいい。♪窓辺に映った広がる田園のような 光に満ちあふれた 未来が手まねきしてるかな♪という歌詞がいい。個人的にこのAlbumでのNo.1 Tuneがこれ。
・M-05「Liberty&Gravity」:今年の夏RIJF2014で聴けたけど、ほんとに不思議でどこかひっかかる異色でアヴァンギャルドな1曲。PVの混沌さも最高だった。この曲も凄くいい。
・M-06「しゃぼんがぼんぼん」:暴走気味にシャッフル・ビート。
・M-07「loveless 」:♪悲しみの時代を 生きることは それぞれ 例えようのない 愛を生むのさ♪。いい意味で当たり前で普遍的なMelodyがいいです。またくるりに名曲が1つ増えた。
・M-08「Remember me」:日常に寄り添った優しいMelody。
・M-09「遥かなるリスボン」:抒情的で旅に出たくなる。
・M-10「Brose&Butter」:♪blue moon blue 流れ出した涙を バターで煮詰めて 焦げ付いた思い出は ほろ苦いけど また会う約束 ここで朝食を♪。こんな寂寥感まみれの朝食を歌った曲、聴いたことない。
・M-11「Amamoyo」:カリぷソ的な要素に漂う浮遊感。
・M-12「最後のメリークリスマス 」:くるり初のX'mas Song。まさにこの時期にぴったりの1曲。
・M-13「メェメェ」:メェメェ鳴いてるちょっとしたInterlude。
・M-14「There is(always light)」:この自由な名盤を締めくくる映画のエンドロール。

 ほんとに波乱万丈な1枚だった。今年2014年で出会った名盤の1枚だと思う。

● THE PIER/くるり (2014/Album)
M-01. 2034
M-02. 日本海
M-03. 浜辺にて
M-04. ロックンロール・ハネムーン
M-05. Liberty&Gravity
M-06. しゃぼんがぼんぼん
M-07. loveless
M-08. Remember me
M-09. 遥かなるリスボン
M-10. Brose&Butter
M-11. Amamoyo
M-12. 最後のメリークリスマス
M-13. メェメェ
M-14. There is(always light)
* Quruli:Shigeru Kishida(sings and plays the guitar,sitar,sazu and programs),Masashi Sato(plays the bass,percussion and sings and programs),FanFan(plays the trumpet,flugehorn and sings and programs)
* Mixing:Dietz Tinhof,Yoichi Miyazaki@Swoon Factory,Studio Sound DALI,Aobadai Studio
* Recording:Yoichi Miyazaki,Dietz Tinhof,Oliver Brunbauer,Volker Werner,Junpei Ohno@Studio Sound DALI,AVACO CREATIVE STUDIO,studio jive,Aobadai Studio,ONKIO HAUS,studio Fine,PDV RECORDS OG,You-you SOh Miyazu,Wiener Konzerthaus
* Mastering:Tohru Kotetsu@JVC Mastering Center
* VICL-64167 2014 JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp.

cf. くるり My CD/DVD List
- ファンデリア(おまけつき) (1998/Mini Album)
- さよならストレンジャー (1999/Album)
- 図鑑 (2000/Album)
- Team Rock (2001/Album)
- The World Is Mine (2002/Album)
- ジョゼと虎と魚たち-Original Soundtrack (2003/Album)
- アンテナ (2004/Album)
- くるくる鮨 (2004/DVD)
- Birthday (2005/CDS)
- Superstar (2005/CDS)
- 赤い電車 (2005/CDS)
- Baby I Love You (2005/CDS)
- Nikki (2005/Album)
- Juice/くるりとリップスライム (2006/CDS)
- ラヴぃ/リップスライムとくるり (2006/CDS)
- ベスト オブ くるり TOWER OF MUSIC LOVER (2006/Album)
- Jubilee (2007/CDS)
- ワルツを踊れ-Tanz Walzer (2007/Album)
- 言葉はさんかくこころは四角 (2007/CDS)
- Philharmonic Or Die (2008/Album)
- 横濱ウィンナー-Yokohama Wiener (2008/DVD)
- さよならリグレット (2008/CDS)
- 三日月 (2009/CDS)
- 愉快なピーナッツ (2009/CDS)
- 魂のゆくえ (2009/Album)
- くるり鶏びゅ~と TRIBUTE TO QURULI/Various Artists (2009/Album)
- シャツを洗えば/くるりとユーミン (2009/CDS)
- 魔法のじゅうたん・シャツを洗えば(ヴァージョン2) (2010/CDS)
- 僕の住んでいた街 (2010/Album)
- 言葉にならない、笑顔をみせてくれよ (2010/Album)
- 奇跡 (2011/CDS)
- ベスト オブ くるり TOWER OF MUSIC LOVER 2 (2011/Album)
- everybody feels the same (2012/CDS)
- 坩堝の電圧 (2012/Album)
- ユニコーン・カバーズ/Various Artists (2013/Album)
- THE PIER (2014/Album)

|

« 「Side Effects/サイド・エフェクト」を観た | Main | 「Big Fish/ビッグ・フィッシュ」を観た »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/60865405

Listed below are links to weblogs that reference 「THE PIER/くるり」を聴いた:

« 「Side Effects/サイド・エフェクト」を観た | Main | 「Big Fish/ビッグ・フィッシュ」を観た »