« 2014年を振り返る●Readings編● | Main | つけめんTETSU@駒沢 #3 »

Saturday, January 03, 2015

2014年を振り返る●Music編●

 2014年を振り返る。映画ラーメン読書に続いては、最後はMusic編を書いてみます。

 去年2014年もそれなりにAlbumを聴いてたけど、聴いたAlbumは40枚弱で、枚数的にはここ数年ではとても少ない印象。タワレコ渋谷にもあまり行かなかったし、湘南時代もタワレコ藤沢にもあまり行かなかった。さらに買った洋楽の新譜は「Ghost Stories/Coldplay」と「The Hunting Party/Linkin Park」くらいでさびしい限り。ともかく「Sonic Highways/Foo Fighters」、「Do Sing/真心ブラザーズ」、「有と無/ACIDMAN」、「Behind The Scene/ストレイテナー」は絶対聴かねばと思っている。

 そんな1年だったけど、2014年に聴いたAlbumの中で、My Bestな5枚を選んでみた。

1112

光のなかに立っていてね/銀杏BOYZ (2014/Album)
 9年ぶりにReleaseされたこのAlbum、暴力的で混沌としたNoiseの中に銀杏BOYZの思いが見えるんだけど、そこにたどり着くまでに4人の中で起きた激しいぶつかりあいと執念としこりが残り、その結果、安孫子真哉、チン中村、村井守がBandを去ることになった。今の銀杏は峯田和伸ひとりになってしまったけど、オリジナルメンバーの4人が最後に残した思いと戦いのAlbumだったと思います。

Ghost Stories/Coldplay (2014/Album)
 ここ数作のStadium Band的スケールの圧倒的な至福感な音作りとは異なり、このAlbumはミニマルで音数が少なく、かつてのColdplayの原点回帰的な作品になっていた。音数が少ない分、それぞれの音が際立っていて、練り上げられた透明感にあふれるAlbumだったと思う。暑さがおさまった夏の夕方にちょいちょい聴いていたこの1枚、これからも聴き直しそうです。

1314

Keeper Of The Flame/the HIATUS (2014/Album)
 海外インディーズの流れ、ポストロック、シューゲイザー、チルアルト、エレクトロ...そんな現在進行形で先鋭的なトレンドをしっかく取り込んでいる。とは言っても「アンビエントに行かず、踊れるように作りたい」という細美武士のコメントは、まさにこのAlbumの本質を突いていて、BandとしてのGrooveの統一感がいいし、Danceとシンガロングをちゃんと押さえた1枚になっていた。聴けば、聴くほど味が出るAlbumで、the HIATUSの最高傑作だと思います。

The Hunting Party/Linkin Park (2014/Album)
 前3作で共作していたRick Rubinの手を離れ、Mike ShinodaとBrad Delsonによる初のSelf Produce作品。「15歳だった頃を思い出し、15歳の時の自分たちを刺激してくれるような音楽を作ろう」というMike Shinodaの言葉通り、初期のHard Rock、Metal色が強い。ここ最近の定番だったElectroな音は影を潜め、激しいGuitarとShoutが全面に出てて、初めてLinkinを聴いた時の喜びを思い出した。Linkin原点回帰の1枚、やっぱりLinkinはこうだと思います。

15THE PIER/くるり (2014/Album)
 パラレルワールドで、なんでも取り込んで吐き出した自由闊達で多国籍。緻密なArrangeとSound Productionに裏打ちされたアイデアとチャレンジにあふれた1枚になっていた。2014年で出会った名盤の1枚だったと思います。

 というわけで、2014年に聴いたAlbumとCDSとMusic Videoを挙げてみる。

●Album
・国境線上の蟻~The Very Best of Blankey Jet City~/Blankey Jet City
・糞盤/マキシマム ザ ホルモン
・O.T. Come Home/奥田民生
・終わらないミラクルの予感アルバム/サンボマスター
・Straightener/Straightener
・ACIDMAN THE BEST/ACIDMAN
・Boom/Unicorn
・湘南乃風~Single Best~/湘南乃風
・Complete Single Collection『Singles』/Blankey Jet City
・死ぬまで一生愛されてると思ってたよ/クリープハイプ
・×と○と罪と/Radwimps
・JAPAN'S NEXT 2013→2014/Various Artists
・ケダモノの嵐/UNICORN
・家庭教師/岡村靖幸
・ポンパラス The Best of Rosa Luxemburg/Rosa Luxemburg
・愚かな者の語ること/Grapevine
・The Faces/Dragon Ash
・フィードバックファイル2/Asian Kung-Fu Generation
・光のなかに立っていてね/銀杏BOYZ
・かりゆし58ベスト/かりゆし58
・Keeper Of The Flame/the HIATUS
・イーガジャケジョロ/Unicorn
・Stick Out/The Blue Hearts
・BEACH/銀杏BOYZ
・Screw Driver/The Street Sliders
・Ghost Stories/Coldplay
・The Hunting Party/Linkin Park
・JAPAN'S NEXT 2014 SPECIAL CD/Various Artists
・Wreckage/The Street Sliders
・Strangers In Heaven/Nothing's Carved In Stone
・Definitely Maybe[Remastered][Deluxe Edition]/Oasis
・THE PIER/くるり

●CDS
・Wake Up! feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION/Tokyo Ska Paradise Orchestra
・東京VICTORY/Southern All Stars

●Music Video
・WORLD GEAR BLUES TOUR-赤坂 BLITZ(1999年8月6日)/Thee Michelle Gun Elephant
・AEROSMITH:ROCK FOR THE RISING SUN/Aerosmith
・忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー 感度サイコー!!!/忌野清志郎
・The Rolling Stones:Sweet Summer Sun-Hyde Park Live/The Rolling Stones
・ParkLive/Blur
・"FUJI ROCK FESTIVAL" SESSIONS/Thee Michelle Gun Elephant
・Viva Hysteria LIVE AT THE JOINT,LAS VEGAS/Def Leppard
・The Rolling Stones:Rock And Roll Circus/The Rolling Stones
・Live in Concert/Big Audio Dynamite II
・Giri di parole/Suzanne Vega
・ミッシェル・ガン・エレファント"THEE MOVIE"-LAST HEAVEN 031011-/Thee Michelle Gun Elephant
・Neil Young Journeys/Neil Young
・Celebration Day/Led Zeppelin
・The Freddie Mercury Tribute Concert/Various Artists
・Sound City/サウンド・シティ-リアル・トゥ・リール
・The Rolling Stones:Crossfire Hurricane/The Rolling Stones
・PIXIES Live from Maida Vale Studios/Pixes
・Wake Up! feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION/Tokyo Ska Paradise Orchestra
・Appetite For Democracy:Live at the Hard Rock Casino-Las Vegas/Guns N' Roses
・Live From The Basement/Red Hot Chili Peppers
・Metallica Through The Never/メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー/Metallica
・劇場版『パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE』/The Yellow Money

16

17

 最後に2014年に行ったLiveだけど、夏のRIJF2014と冬のCDJ14/15の2本のFes.に行ったのみ。夏のRIJF2014@ひたちなかは、初めて雨に降られたFes.になったけど、Nothing's Carved In Stone、くるり、DOES、Soul Flower Union、矢沢永吉、ASIAN KUNG-FU GENERATIONと6本のACTを堪能することができた。それにしてもこのFes.の2日後に父親が亡くなり、まさに父親が行かせてくれたFes.だったと思います。そして冬のCDJ114/15@幕張、なんとか行けたFes.だったけど、ゲスの極み乙女。、電気グルーヴ、真心ブラザーズ、GRAPEVINE、クリープハイプ、マキシマム ザ ホルモン、エレファントカシマシの7本のACTを堪能。大変だった1年、最後の最後によいことがありました。ともかく今年もLiveに行ける機会が増えることを祈るばかり...。

●Live
- 2014.08.09. / Rock In Japan Fes. 2014 / 国営ひたち海浜公園
- 2014.12.29. / COUNTDOWN JAPAN 14/15 / 幕張メッセ

 というわけで、2014年のMusic Lifeについて振り返ってみた。今年もこのまま変わらずにRockを聴き続けて、憂鬱で退屈な日々に刺激とカツとドキドキを。
I Love Rock'n Roll !!

cf.
- 2004年を振り返る●Music編●
- 2005年を振り返る●Music編●
- 2006年を振り返る●Music編●
- 2007年を振り返る●Music編●
- 2008年を振り返る●Music編●
- 2009年を振り返る●Music編●
- 2010年を振り返る●Music編●
- 2011年を振り返る●Music編●
- 2012年を振り返る●Music編●
- 2013年を振り返る●Music編●
- 2014年を振り返る●Music編●

|

« 2014年を振り返る●Readings編● | Main | つけめんTETSU@駒沢 #3 »

Live」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/60914021

Listed below are links to weblogs that reference 2014年を振り返る●Music編●:

« 2014年を振り返る●Readings編● | Main | つけめんTETSU@駒沢 #3 »