« 「Godzilla/GODZILLA ゴジラ」を観た | Main | 「bjork:biophilia live」を観た »

Monday, May 18, 2015

「アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎」を読んだ

Kotaroisaka_ainekraine ずっとハマって読んでる作家・伊坂幸太郎さん。世田谷中央図書館でやっと借りれて読んだ「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎)について。
 これ、6作の連作短編集。「アイネクライネ」から始まるあらすじはこんな感じ。マーケットリサーチ会社に勤める"佐藤"は、いつもは冷静沈着な先輩の"藤間"が妻子に家出されたショックにより壊れ、データが消失させたその埋め合わせのため、上司から仙台駅前のペデストリアンデッキで残業代なしの街頭アンケート作業を命じられた。その日は日本人ボクサーがヘビー級タイトルマッチを行う晩だった...。
 「アイネクライネ」、「ライトヘビー」、「ドクメンタ」、「ルックスライク」、「メイクアップ」、「ナハトムジーク」という6つの連作短編集ということで、以前読んだ伊坂幸太郎さんと斉藤和義さんの共著「絆のはなし」にもその顛末が書かれていたけど、伊坂が和義のために歌詞の代わりに提供した短編小説「アイネクライネ」から和義の名曲「ベリーベリーストロング~アイネクライネ~」が生まれた。さらに「ライトヘビー」は顔も知らないふたりがゆるゆると電話だけで関係を深めていく短編小説で、和義のシングルCD「君は僕のなにを好きになったんだろう/ベリーベリーストロング~アイネクライネ~」の初回盤に収録されたもの。そんな和義とのかかわりからこの6作が生まれたんだけど、どの話も伏線だらけでサプライズだらけで、でも誰かと誰かがつながって、絆が生まれて、愛おしい人々が何人も登場してくる。8年前に初めて伊坂の「ラッシュライフ」を読んだとき、ウィットだらけの会話でつながる中、人間くさくて、悩んでて、一生懸命生きてる人々に感動したことを思い出した。まさに伊坂の原点回帰な短編集だと思います。
 ちなみに、この短編集に出てくる謎の男斉藤さんが紹介する曲は、「FIRE DOG」、「引っ越し」、「決断の日」、「空に星が綺麗」、「グッドモーニングサニーディ」、「何処へ行こう」、「グッドタイミング」、「リズム」あたりかと。さらに表紙の絵はTOMOVSKYの作品。音楽好きにはたまらない1冊。

cf. 伊坂幸太郎 読破 List
- オーデュボンの祈り (2000)
- ラッシュライフ (2002)
- 陽気なギャングが地球を回す (2003)
- 重力ピエロ (2003)
- アヒルと鴨のコインロッカー (2003)
- チルドレン (2004)
- グラスホッパー (2004)
- 死神の精度 (2005)
- I LOVE YOU/伊坂幸太郎・石田衣良・市川拓司・中田永一・中村航・本多孝好 (2005)
- 魔王 (2005)
- 魔王(文庫) (2005)
- 砂漠 (2005)
- 終末のフール (2006)
- 陽気なギャングの日常と襲撃 (2006)
- フィッシュストーリー (2007)
- 絆のはなし/伊坂幸太郎x斉藤和義 (2007)
- ゴールデンスランバー (2007)
- 実験4号 -後藤を待ちながら (2008)
- Re-born はじまりの一歩/伊坂幸太郎・瀬尾まいこ・豊島ミホ・中島京子・平山瑞穂・福田栄一・宮下奈都 (2008)
- モダンタイムス (2008)
- あるキング (2009)
- SOSの猿 (2009)
- オー!ファーザー (2010)
- バイバイ、ブラックバード (2010)
- 『バイバイ、ブラックバード』をより楽しむために ポスタル・ノベル編 (2010)
- マリアビートル (2010)
- 文藝別冊 総特集 伊坂幸太郎 (2010)
- 3652-伊坂幸太郎エッセイ集- (2010)
- 仙台ぐらし (2012)
- PK (2012)
- Happy Box/伊坂幸太郎・山本幸久・中山智幸・真梨幸子・小路幸也 (2012)
- あの日、君と Boys/ナツイチ制作委員会(編)・伊坂幸太郎(著)・井上荒野(著)・奥田英朗(著)・佐川光晴(著)・中村航(著)・西加奈子(著)・柳広司(著)・山本幸久(著) (2012)
- 夜の国のクーパー (2012)
- しあわせなミステリー/伊坂幸太郎・中山七里・柚月裕子・吉川英梨 (2012)
- 最後の恋 MEN'S -つまり、自分史上最高の恋。-/朝井リョウ・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・越谷オサム・白石一文・橋本紡 (2012)
- 短編工場/浅田次郎・伊坂幸太郎・石田衣良・荻原浩・奥田英朗・乙一・熊谷達也・桜木紫乃・桜庭一樹・道尾秀介・宮部みゆき・村山由佳 (2012)
- 残り全部バケーション (2012)
- ガソリン生活 (2013)
- 死神の浮力 (2013)
- 首折り男のための協奏曲 (2014)
- Wonderful Story/伊坂幸犬郎・犬崎梢・木下半犬・横関犬・貫井ドッグ郎 (2014)
- アイネクライネナハトムジーク (2014)

|

« 「Godzilla/GODZILLA ゴジラ」を観た | Main | 「bjork:biophilia live」を観た »

Rock」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/61609496

Listed below are links to weblogs that reference 「アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎」を読んだ:

« 「Godzilla/GODZILLA ゴジラ」を観た | Main | 「bjork:biophilia live」を観た »