« 「Big Hero 6/ベイマックス」を観た | Main | 梅丘 寿司の美登利@テイクアウト #19 »

Tuesday, December 22, 2015

「幸せが溢れたら/indigo la End」を聴いた

Indigolaend_shiawasegaafuretara 今年2015年にReleaseされたindigo la EndのMajor 1st Album「幸せが溢れたら」(2015/Album)について。
 川谷絵音のインタビューを読んでて、ゲスはピアノ、indigo la Endはギターって知って、聴いてみた。歌詞はいいし、Melodyは切ないし、Soundは巧い。川谷絵音は感傷的なサウンドや緻密なアンサンブルをこのBandで表現してる。悲恋や失恋がテーマだから、聴いてる方もジワっとしみる。飽きない魅力もあって、ともかく佳曲が並んでるAlbum。ともかく曲について。
・M-01「ワンダーテンダー」:性急感あるRhythm隊がひっぱる。
・M-02「瞳に映らない」:♪通りずがった 風は今日もしずかに 何も知らないあなたに吹きついたって♪。どこか抒情的な歌詞がいい。
・M-03「夜汽車は走る」:悲恋や失恋の歌だけど、どこか前向きさが残る。
・M-04「心ふたつ」:♪さあ渇く前に君に触れるんだ 遠回りしたけど触れるんだ 涙が枯れるまであと10分 待ってるから♪。これは切ない。
・M-05「まなざしの予感」:Interlude。
・M-06「実験前」:混沌としてるけど、疾走感あふれるRock Tune。
・M-07「ハートの大きさ」:サビのGuitarのリフが巧い。♪やんなったあれも全部 やんなったこれも全部♪、この歌詞いい。
・M-08「花をひとつかみ」:流れるMelodyとその違和感がいいBass。
・M-09「つぎの夜へ」:ストリングの壮大さ。
・M-10「さよならベル」:流れる美メロに、♪Good bye Good night ハイファイな夢を見てたんだ♪、こんな歌詞。やたら気持ちいい。
・M-11「幸せが溢れたら」:♪今はもっと綺麗になってるんだろうな だけど僕のこともう知らないんだ♪、なんとも痛い歌詞と抒情感あふれるMelodyの佳曲。

 ゲスとの共存の中で、川谷絵音がindigo la EndというBandを大切にしていることが伝わってくる。焦らずに続けて欲しいと思う。
 
● 幸せが溢れたら/indigo la End (2015/Album)
M-01. ワンダーテンダー
M-02. 瞳に映らない
M-03. 夜汽車は走る
M-04. 心ふたつ
M-05. まなざしの予感
M-06. 実験前
M-07. ハートの大きさ
M-08. 花をひとつかみ
M-09. つぎの夜へ
M-10. さよならベル
M-11. 幸せが溢れたら
* indigo la End:川谷絵音(Vocal&Guitar),長田カーティス(Guitar),後鳥亮介(Bass),オオタユウスケ(Drums)
* Produced by Eon Kawatani.
* All Music & Lyrics Written by Eon Kawatani.
* Recorded by Junya Iwata at Triple Time Studio & inning recording hostelry.
* Mastered by Soichiro Nakamura at Peace Music.
* WPCL-12034 2015 Waner Music Japan Inc.

cf. indigo la End My CD/DVD List
- 幸せが溢れたら (2015/Album)

|

« 「Big Hero 6/ベイマックス」を観た | Main | 梅丘 寿司の美登利@テイクアウト #19 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/62919514

Listed below are links to weblogs that reference 「幸せが溢れたら/indigo la End」を聴いた:

« 「Big Hero 6/ベイマックス」を観た | Main | 梅丘 寿司の美登利@テイクアウト #19 »