« 鼎泰豐(Din Tai Fung)@二子玉川 #5 | Main | 駒沢 #511 »

Sunday, December 20, 2015

「Star Wars:The Force Awakens/スター・ウォーズ:フォースの覚醒」を観た

Sw_ep7 昨日12/19(土)109シネマズ二子玉川にて、待望の「Star Wars:The Force Awakens/スター・ウォーズ:フォースの覚醒」をやっと観れた。
 ネタバレは書きたくないので、ただ公式ページから転記。
~INTRODUCTION~
 映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』、その新たなる3部作の第一弾。
 ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグ―ハリウッドが生んだ偉大なる巨星たちの才能を継ぐ、J.J.エイブラムスの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がベールを脱ぐ。はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、家族の愛と喪失の壮大な物語。その歴史は、新たなるヒロイン、新たなる仲間たちによって、≪新たなる3部作≫として、真新しい1ページを開く。
 家族を知らず砂漠の惑星で孤独に生きるヒロイン、レイの運命が、新型ドロイドのBB-8、戦うことに疑問を抱く兵士フィン、そして、フォースの暗黒面の担い手、カイロ・レンらと交わる時、銀河の命運を賭けた戦いの渦中へと導かれる。
 果たして、真のフォースに目覚める者は、誰か…? その行く末を今、世界は固唾を飲んで待っている。
 ──その時あなたは、新たなる伝説の目撃者となる。
~STORY~
 『ジェダイの帰還』から約30年後を舞台に、フォースを巡る全く新しい“家族の愛と喪失の物語”が描かれる。
 砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独なヒロイン、レイの運命は“ある出会い”によって一変することに…。
 旧シリーズの不朽のキャラクターたちに加えて、重要なカギを握るドロイドBB-8、ストームトルーパーの脱走兵フィンなどが登場。世界中が注目する悪役は十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン。

 過去の作品へのオマージュ含めJJ監督のStar Wars愛が伝わってきたし、ともかく泣けました。これ以上は書けません。もう1回観に行って、そのときはしっかり書こうと思います。

Img_8785

Img_8786

Img_8787

Img_8792

Img_8788

Img_8790

Img_8789

Img_8791

 ▼蔦屋家電にて...。SW関連書籍買いまくり。

Img_8793

Img_8795

Img_8801

Img_8799

Img_8802

Img_8819

|

« 鼎泰豐(Din Tai Fung)@二子玉川 #5 | Main | 駒沢 #511 »

Star Wars」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/62903412

Listed below are links to weblogs that reference 「Star Wars:The Force Awakens/スター・ウォーズ:フォースの覚醒」を観た:

« 鼎泰豐(Din Tai Fung)@二子玉川 #5 | Main | 駒沢 #511 »