« お好み焼 ごっつい@五反田 #22 | Main | 「ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION STAR WARS『フォースの覚醒』を導いたスター・ウォーズの伝説」を読んだ »

Thursday, January 28, 2016

「武士道ジェネレーション/誉田哲也」を読んだ

Tetsuyahonda_bushidogeneration ずーっと読み続けてる誉田哲也さん。「武士道シックスティーン」、「武士道セブンティーン」、「武士道エイティーン」の武士道シリーズの第4弾「武士道ジェネレーション」(文系春秋)。世田谷中央図書館で借りて読んでみた。
 こんなあらすじ。大学生になった香織と早苗。剣道推薦で大学に進学した香織は、数々のタイトルを獲得し、ゆくゆくは警察官になろうと考えていたが、女性で助教になるのは難しく、教員になる道も考えるがいかんせん、頭がよくない。一方、すっかり剣道からは足を洗った早苗は、長谷田大学の文学部史学科で日本史を専攻するが、留学生との歴史認識の違いから、早苗の中に外国人に対する苦手意識が芽生える。そんな中、桐谷道場の師範"桐谷玄明"が倒れ、にわかに後継者問題が起きる...。
 早苗の結婚というおめでたい雰囲気から、桐谷道場閉鎖の危機、武士道と日本の戦争責任という重いテーマまでも絡めた"武士道シリーズ"の最終章がこれ。香織と早苗のやり取りに懐かしさと心地よさを感じながら、最初から最後まで面白くてイッキに読んでしまった。結構エグイ作品も多い誉田哲也作品だけど、なにげにこのシリーズが好きだったりする。最終章らしいけど、なにかの形で続けてほしいものです。

cf. 誉田哲也 読破 List
- 妖の華 (2003)
- アクセス (2004)
- 吉原暗黒譚 (2004)
- 春を嫌いになった理由 (2005)
- 疾風ガール (2005)
- ジウI 警視庁特殊犯捜査係 (2005)
- ストロベリーナイト (2006)
- ジウII 警視庁特殊急襲部隊 (2006)
- ジウIII 新世界秩序 (2006)
- 月光 (2006)
- ソウルケイジ (2007)
- 武士道シックスティーン (2007)
- 国境事変 (2007)
- シンメトリー (2008)
- 武士道セブンティーン (2008)
- ヒトリシズカ (2008)
- ガール・ミーツ・ガール (2009)
- 武士道エイティーン (2009)
- ハング (2009)
- インビジブルレイン (2009)
- 主よ、永遠の休息を (2010)
- 世界でいちばん長い写真 (2010)
- 歌舞伎町セブン (2010)
- 感染遊戯 (2011)
- レイジ (2011)
- ドルチェ (2011)
- あなたの本 (2012)
- 誉田哲也 All Works/誉田哲也(監修) (2012)
- 痛み/貫井徳郎・福田和代・誉田哲也 (2012)
- あなたが愛した記憶 (2012)
- 幸せの条件 (2012)
- ブルーマーダー (2012)
- ドンナ ビアンカ (2013)
- 増山超能力師事務所 (2013)
- Qrosの女 (2013)
- ケモノの城 (2014)
- 黒い羽 (2014)
- 歌舞伎町ダムド (2014)
- インデックス (2014)
- 武士道ジェネレーション (2015)

|

« お好み焼 ごっつい@五反田 #22 | Main | 「ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION STAR WARS『フォースの覚醒』を導いたスター・ウォーズの伝説」を読んだ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/63133995

Listed below are links to weblogs that reference 「武士道ジェネレーション/誉田哲也」を読んだ:

« お好み焼 ごっつい@五反田 #22 | Main | 「ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION STAR WARS『フォースの覚醒』を導いたスター・ウォーズの伝説」を読んだ »