« 「The Matrix Revolutions/マトリックス レボリューションズ」を観た | Main | 「Panic Attack/Unicorn」を聴いた »

Tuesday, February 02, 2016

「職業としての小説家/村上春樹」を読んだ

Harukimurakami_shokugyotoshitenosho ずーっと読んでる村上春樹さん。世田谷中央図書館に予約して読んでみたエッセイ「職業としての小説家」(Switch Publish)について。
 講演録の体裁を取り、誰かに語りかけるような文体で書かれているエッセイなんだけど、書かれている内容は小説家である自分をどのように捉えているが書かれている。小説を書くモチベーションはなんなのか、文学賞をもらうことのメリットデメリット、長編小説を書くために確保しなければいけない時間について、毎日走りフィジカル的に体を整えて書くライフスタイルについて、NYから始まった海外展開について、亡くなった分析心理学者・河合隼雄との邂逅についてなどなど、村上春樹氏の小説家としての思いや向かう態度がわかる内容。
 正直、村上さんの生き方がわかると小説にこめた思いがわかるけど、それがなくても普通に読みたいと思った次第。そんなエッセイだった。

cf. 村上春樹 読破 List
- 風の歌を聴け (1979)
- 中国行きのスロウ・ボート (1980)
- カンガルー日和 (1981)
- 象工場のハッピーエンド/村上春樹・安西水丸 (1983)
- 蛍・納屋を焼く・その他の短編 (1984)
- 回転木馬のデッド・ヒート (1985)
- 羊男のクリスマス/村上春樹・佐々木マキ (1985)
- パン屋再襲撃 (1986)
- レキシントンの幽霊 (1986)
- ランゲルハンス島の午後/村上春樹・安西水丸 (1986)
- ノルウェイの森 (1987)
- TVピープル (1990)
- 雨天炎天-ギリシャ・トルコ辺境紀行- (1990)
- もし僕らのことばがウィスキーであったなら (1997)
- ふわふわ/村上春樹・安西水丸 (1998)
- Mr.and Mrs.Baby and Other Stories-犬の人生/Mark Strand-マーク・ストランド (1998)
- 神の子供たちはみな踊る (1999-2000)
- 海辺のカフカ (2002)
- アフターダーク (2004)
- 東京奇譚集 (2005)
- ふしぎな図書館/村上春樹・佐々木マキ (2005)
- 走ることについて語るときに僕の語ること (2007)
- 1Q84 BOOK1 <4月-6月> (2009)
- 1Q84 BOOK2 <7月-9月> (2009)
- 1Q84 BOOK3 <10月-12月> (2010)
- ねむり (2010)
- 村上春樹 雑文集 (2011)
- 1Q84 BOOK1 <4月-6月> 前編(文庫) (2012)
- 1Q84 BOOK1 <4月-6月> 後編(文庫) (2012)
- 1Q84 BOOK2 <7月-9月> 前編(文庫) (2012)
- 1Q84 BOOK2 <7月-9月> 後編(文庫) (2012)
- 1Q84 BOOK3 <10月-12月> 前編(文庫) (2012)
- 1Q84 BOOK3 <10月-12月> 後編(文庫) (2012)
- おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2/村上春樹・大橋歩 (2011)
- サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3/村上春樹・大橋歩 (2012)
- 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (2013)
- 恋しくて-TEN SELECTED LOVE STORIES-/村上春樹(編訳) (2013)
- 女のいない男たち (2014)
- 村上さんのところ/村上春樹・フジモトマサル (2015)
- 職業としての小説家 (2015)

|

« 「The Matrix Revolutions/マトリックス レボリューションズ」を観た | Main | 「Panic Attack/Unicorn」を聴いた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/63156785

Listed below are links to weblogs that reference 「職業としての小説家/村上春樹」を読んだ:

« 「The Matrix Revolutions/マトリックス レボリューションズ」を観た | Main | 「Panic Attack/Unicorn」を聴いた »