« 「Annie Hall/アニー・ホール」を観た | Main | 「Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)/バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観た »

Tuesday, March 22, 2016

「椎名林檎ツアー"椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015"」(WOWOW)を観た

Ringosheena_live2015

 去年2015年に行われた椎名林檎のLive「椎名林檎ツアー"椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015"」がWOWOWで放送されたので早速観てみた。
 今回のLive映像、2015/12/9に神奈川県民ホールでの公演が収録されたもの。バックは"MANGARAMA"という玉田豊夢、鳥越啓介、ヒイズミマサユ機、浮雲、名越由貴夫、村田陽一、西村浩二、山本拓夫ら凄腕のミュージシャンがそろっている。舞台演出のきめ細かさ、強者ぞろいのメンバーなどなど、あらためて椎名林檎の世界を堪能できるもの。Rock、Jazz、Funk、演歌、歌謡曲、ビッグバンドとあらゆる音を飲み込んで吐き出しているMixtureだし、和装の立ち振る舞いもやたらつやっぽい。
 特によかったのは、「やさしい哲学」、Hardな音の塊の「尖った手口」、Popで陽性な「労働者」、Groove感満載の「走れゎナンバー」、椎名の艶っぽさ炸裂の「神様、仏様」、白衣で踊る「熱愛発覚中」、Blues満載「とりこし苦労」、Rhythmと音の厚さがいい「ブラックアウト」、Jazzyな「迷彩」、不朽の名曲「罪と罰」、Hardリフの「警告」、「真夜中は純潔」、気に入った「長く短い祭」、拡声器でアジる「群青日和」、そして「NIPPON」あたり。
 椎名林檎の音楽、これからもつかず離れず聴いていきたい。

● On Air Set List:椎名林檎ツアー"椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015" (WOWOW)
M-01. 凡才肌
M-02. やさしい哲学
M-03. いろはにほへと
M-04. 尖った手口
M-05. 労働者
M-06. 走れゎナンバー
M-07. 神様、仏様
M-08. 現実に於て
M-09. 現実を嗤う
M-10. SG~Superficial Gossip~
M-11. 熱愛発覚中
M-12. とりこし苦労
M-13. 至上の人生
M-14. ブラックアウト
M-15. 迷彩
M-16. 罪と罰
M-17. Σ
M-18. 警告
M-19. マヤカシ優男
M-20. 名うての泥棒猫
M-21. 真夜中は純潔
M-22. 御祭騒ぎ
M-23. 長く短い祭
M-24. 群青日和
M-25. NIPPON
* Filmed Live at Kanagawa Kenmin Hall on 9th Dec.2015.
* Produced by WOWOW in association with Quick Magic.

|

« 「Annie Hall/アニー・ホール」を観た | Main | 「Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)/バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観た »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/63382107

Listed below are links to weblogs that reference 「椎名林檎ツアー"椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015"」(WOWOW)を観た:

« 「Annie Hall/アニー・ホール」を観た | Main | 「Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)/バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観た »