« 「Draft Day/ドラフト・デイ」を観た | Main | 「ぼくとネモ号と彼女たち/角田光代」を読んだ »

Tuesday, March 08, 2016

「Dug Out/The Blue Hearts」を聴いた

Thebluehearts_dogout 今でもたまに聴きたくなるThe Blue Hearts。今回は1993年にReleaseされたブルハの7th Album「Dug Out」(1993/Album)について。
 この前のAlbum「Stick Out」は「凸」と呼ばれ、このAlbum「Dug Out」が「凹」と呼ばれ、ヒロトは「凸と凹は2つで1つのAlbumだ」って
言ってる。この「Dug Out」には「Stick Out」とは対照的にSlowでMidiumなTuneが集められ、半分が真島昌利作詞作曲によるもの。Bandとしてもう一度勢いを取り戻し、再スタートさせたいという意思がこもった2枚なんだけど、ヒロトいわく「2作でき上がった時に、バンドのこれからの可能性よりもがんばってもこれが限界かな感じた」とのこと。ともかく凹の曲について。
・M-01「手紙」:真島昌利作詞作曲。Stringsの美しさと♪手紙を書いたなら 空に飛ばすんだ 風が運ぶだろう 君のところまで♪という歌詞がいい。
・M-02「緑のハッパ」:甲本ヒロト作詞作曲。どこか無理してる感じの弾けるMelody。それでもこの♪荷物はちっちゃいほうが まあ まあ ポコチンでっかいほうが まあ まあ まだまだいけるぜ♪という歌詞はいい。
・M-03「トーチソング」:真島昌利作詞作曲。♪言葉はいつも空回りして 道の上をすべってく 方向音痴クルマにひかれ 今日も届かない♪。こんな歌詞で始まるマーシー作の美メロ。
・M-04「雨上がり」:真島昌利作詞作曲。♪なくした物が出てきたような 心が躍るいい感じ♪。口笛吹きたくなるMelody。
・M-05「年をとろう」:真島昌利作詞作曲。♪年をとろう 風のように軽やかに そして楽しいことをしよう♪。この歳になるとまったく同感。マーシーの声がいい。
・M-06「夜の盗賊団」:真島昌利作詞作曲。♪今夜 たぶん雨は大丈夫だろう 今夜 5月の風のビールを飲みにいこう♪。このサビの歌詞とメロが切ない。
・M-07「キング・オブ・ルーキー」:甲本ヒロト作詞作曲。ヒロトらしい♪宇宙は僕らが考えてるよりずっと 透明でフワフワゴキゲンに続いてるんだ♪という歌詞がいい。
・M-08「ムチとマント」:甲本ヒロト作詞作曲。♪天国よりちょっと 高いところへ 誘惑よりもっと 甘い声 SEXよりずっと 魅力的だぜ ムチとマントをひるがえして♪。くだらないけど真実がある。
・M-09「宝もの」:河口純之助作詞作曲。♪やわらかい君の声は 胸の中でとけている♪。河ちゃんらしい甘いLove Song。
・M-10「夕暮れ」:甲本ヒロト作詞作曲。♪はっきりさせなくてもいい あやふやなまんまでいい 僕らはなんとなく幸せになるんだ♪。ブルハの中でも1、2を争う好きな曲です。
・M-11「パーティー」:甲本ヒロト作詞作曲。♪本当は大きな声で聞いて欲しいのに ため息だとか舌打ちだとか ひとりごとの中に隠してる♪。ブルハらしい交響曲。
・M-12「チャンス」:真島昌利作詞作曲。♪誰の上にも雨は降るけど ときどきそしらぬ顔をして チャンスも降ってくる♪、いい歌詞だと思う。

 まだまだ聴けるブルハ。次はLast Album「Pan」をもう一度聴こう。

●Dug Out/The Blue Hearts (1993/Album)
M-01. 手紙
M-02. 緑のハッパ
M-03. トーチソング
M-04. 雨上がり
M-05. 年をとろう
M-06. 夜の盗賊団
M-07. キング・オブ・ルーキー
M-08. ムチとマント
M-09. 宝もの
M-10. 夕暮れ
M-11. パーティー
M-12. チャンス
* The Blue Hearts:Hiroto Kohmoto(Vocals,Harp,Recorder),Masatoshi Mashima(Guitar,Vocal,Backing Vocals),Junnosuke Kawaguchi(Bass Guitar,Vocal,Backing Vocals),Testuya Kajiwara(Drums,Steel Drums,Timpani,Percussions,Backing Vocals).
* Additional Member:Mikio Shirai(Acoustic Piano,Hammond Organ,Keyboard)
* Produced by Yu Imai.
* Recording and Mixing Engineer:Steve Jackson
* Recording Engineer:Yukio Uchiumi
* Recording and Mixing Studio:Avaco Creative Studio
* Recording Studio:Studio Sound Dali,Sedic Studio,Sound Inn Studio,New Orleans Recording Studio
* AMCW-4165 1993 East West Japan Inc.

cf. The Blue Hearts My CD/DVD List
- The Blue Hearts (1987/Album)
- Young And Pretty (1987/Album)
- Train-Train (1988/Album)
- Bust Waste Hip (1990/Album)
- High Kicks (1991/Album)
- Stick Out (1993/Album)
- Dug Out (1993/Album)
- Live All Sold Out (1996/Album)

|

« 「Draft Day/ドラフト・デイ」を観た | Main | 「ぼくとネモ号と彼女たち/角田光代」を読んだ »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/63314692

Listed below are links to weblogs that reference 「Dug Out/The Blue Hearts」を聴いた:

« 「Draft Day/ドラフト・デイ」を観た | Main | 「ぼくとネモ号と彼女たち/角田光代」を読んだ »