« 「Top Gun/トップガン」を観た | Main | 「A Head Full Of Dreams/Coldplay」を聴いた »

Wednesday, May 11, 2016

「プラージュ/誉田哲也」を読んだ

Tetsuyahonda_plage ずーっと読み続けてる誉田哲也さん。世田谷中央図書館で借りて読んでみた「プラージュ」(幻冬舎)について。
 こんなあらすじ。たった一度魔が差し、覚醒剤に手を出した"貴生"は執行猶予中のところ、自分が住むアパートが火災になってしまう。仕事も住む場所も失った貴生は、シェアハウス"プラージュ"をやっと見つけたが、そこには前科を持ち人生やり直そうとしている人々は住んでいた...。
 これ、前科という過去を持つ者が集まるシェアハウスを舞台に、それぞれが社会復帰を目指すという再生の物語。この話は結構難しい。罪を犯した理由はあるにせよ、犯罪者は犯罪者だし、そこには被害者がいる。一方、消せない過去を受け止め罪を償い、ちゃんと再生しようとしても社会が受け止めてもらえないという事実もある。サクサクと読めるんだけど、犯罪者目線で書かれているため、なにが正しいのかということがひっかかる。簡単には割り切れないこの小説、誉田哲也さんの新境地を感じた1冊だった。

cf. 誉田哲也 読破 List
- 妖の華 (2003)
- アクセス (2004)
- 吉原暗黒譚 (2004)
- 春を嫌いになった理由 (2005)
- 疾風ガール (2005)
- ジウI 警視庁特殊犯捜査係 (2005)
- ストロベリーナイト (2006)
- ジウII 警視庁特殊急襲部隊 (2006)
- ジウIII 新世界秩序 (2006)
- 月光 (2006)
- ソウルケイジ (2007)
- 武士道シックスティーン (2007)
- 国境事変 (2007)
- シンメトリー (2008)
- 武士道セブンティーン (2008)
- ヒトリシズカ (2008)
- ガール・ミーツ・ガール (2009)
- 武士道エイティーン (2009)
- ハング (2009)
- インビジブルレイン (2009)
- 主よ、永遠の休息を (2010)
- 世界でいちばん長い写真 (2010)
- 歌舞伎町セブン (2010)
- 感染遊戯 (2011)
- レイジ (2011)
- ドルチェ (2011)
- あなたの本 (2012)
- 誉田哲也 All Works/誉田哲也(監修) (2012)
- 痛み/貫井徳郎・福田和代・誉田哲也 (2012)
- あなたが愛した記憶 (2012)
- 幸せの条件 (2012)
- ブルーマーダー (2012)
- ドンナ ビアンカ (2013)
- 増山超能力師事務所 (2013)
- Qrosの女 (2013)
- ケモノの城 (2014)
- 黒い羽 (2014)
- 歌舞伎町ダムド (2014)
- インデックス (2014)
- 武士道ジェネレーション (2015)
- プラージュ (2015)

|

« 「Top Gun/トップガン」を観た | Main | 「A Head Full Of Dreams/Coldplay」を聴いた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/63614553

Listed below are links to weblogs that reference 「プラージュ/誉田哲也」を読んだ:

« 「Top Gun/トップガン」を観た | Main | 「A Head Full Of Dreams/Coldplay」を聴いた »