« 「鉄男 TETSUO/TETSUO THE IRON MAN」を観た | Main | 「七つの会議/池井戸潤」を読んだ »

Tuesday, August 16, 2016

「人生はまだまだ続く/キュウソネコカミ」を聴いた

Kyusonekokami_jinseiha ここ1年ほど、ひっかかってたキュウソネコカミ。RIJF2016の予習もかねてヘビロテしていた彼らの3rd Full Album「人生はまだまだ続く」(2015/Album)について。
 あらためて聴き込んで、ド派手なSound Productionといまの世相を風刺しまくった辛辣で切ないLyricと何よりも個人的にツボなVocalの声質。こ、これはいい。かつてのユニコーンを彷彿してしまうんだけど、もっと身近。もっと早く聴けばよかった。ステ曲一切なしの名盤だと思う。ともかく曲について。
・M-01「泣くな親父」:行き場のないおっさんの悲哀を描いたRock Tune。このSpeed感がたまらない。
・M-02「MEGA SHAKE IT !」: やたらLive向きの疾走感と途中のキーボードメインのメロ変からのPOP感が最高。
・M-03「イマジネンス」:HeavyなGuitarリフと巻き舌全開のPerformance。
・M-04「ビーフ or チキン」:重圧感あるサビのシンガロングとやたらかっちょいいMelody Line。
・M-05「NEKOSAMA」:癖になる曲。
・M-06「フラッシュバック」:まずは自分を卑下して、そこから世間を笑う歌。
・M-07「春になっても」:この曲もそう。もがき方が親近感増す。
・M-08「記憶にございません」:Speed感とUpper感で異常なPowerぬ溢れたRock Tune。
・M-09「ハッピーポンコツ」:なんか泣ける歌詞だし、同感してしまう...。
・M-10「ヤブ医者」:日本医療業界に噛みつく。
・M-11「適度に武士道、サムライBOYS。」:今、こんなこと歌にするBandは少ないけど、どっかで共感。
・M-12「ブルース 」:ファンに対して、音楽に対しての愛をぶちまけてて、うるっときた。

 今年8/6(土)RIJF2016のLake Stage、彼らのLiveを初めてみた。トリ前の夕方に出れるようになったことに感謝しつつ、シニカルな歌詞にハイパーなシンセとGuitarにヤマサキのシャウト。サークルモッシュが止まらず凄い光景だった。ほかのAlbumを聴きまくろう。

● 人生はまだまだ続く/キュウソネコカミ (2015/Album)
M-01. 泣くな親父
M-02. MEGA SHAKE IT !
M-03. イマジネンス
M-04. ビーフ or チキン
M-05. NEKOSAMA
M-06. フラッシュバック
M-07. 春になっても
M-08. 記憶にございません
M-09. ハッピーポンコツ
M-10. ヤブ医者
M-11. 適度に武士道、サムライBOYS。
M-12. ブルース
* Kyuusonekokami:Seiya Yamasaki(Vo./Gt.),Shinnosuke Yokota(Vo./Key.),Kazuma Okazawa(Gt.),Taisuke Sogou(Dr.),Takuro Kawakubo(Ba)
* All Music by Kyuusonekokami.
* All Words by Seiya Yamasaki.
* Recorded and Mixed by Satoshi Hosoi.
* Recorded and Mixed at Studio40,Burnish Stone Recording Studio.
* Mastered by Kotaro Kojima(Flair)
* VICL-64437 GBR 2015 Victor Entertainment Corp.,JVC KENWOOD

cf. キュウソネコカミ My CD/DVD List
- 人生はまだまだ続く (2015/Album)

|

« 「鉄男 TETSUO/TETSUO THE IRON MAN」を観た | Main | 「七つの会議/池井戸潤」を読んだ »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64069090

Listed below are links to weblogs that reference 「人生はまだまだ続く/キュウソネコカミ」を聴いた:

« 「鉄男 TETSUO/TETSUO THE IRON MAN」を観た | Main | 「七つの会議/池井戸潤」を読んだ »