« 「Vキシ/レキシ」を聴いた | Main | 新福菜館@麻布十番 »

Thursday, August 25, 2016

「鉄男 THE BULLET MAN/Tetsuo:The Bullet Man」を観た #2

Tetsuo3thebulletman 「鉄男 TETSUO/TETSUO THE IRON MAN」(1989)、「鉄男II BODY HAMMER/TETSUO II THE BODY HAMMER」(1992)に続き、ひさびさに観直した塚本晋也監督のシリーズ第3作「鉄男 THE BULLET MAN/Tetsuo:The Bullet Man」(2010/Cinema)について。
 こんなあらすじ。東京で働く会社員のAnthonyは、妻ゆり子、息子Tomと3人で幸せに暮らしていた。しかしある日突然、息子が謎の男"やつ"(塚本晋也)によって轢き殺されてしまう。息子を失い、絶望のあまり感情を抑えられなくなったAnthonyに変化が起き始める。黒い油と蒸気を噴き出し、身体は徐々に鉄に蝕まれていく...。
 過去の鉄男シリーズの世界観を継承しつつ、謎の男"やつ"に息子を殺されたアメリカ人の男が、怒りに我を失い変貌していく復讐劇を描いた英語によるサイバーパンク・ホラー映画。モノ凄いSpeedで変わる画面展開、モノトーンを基調とした映像から伝わってくる汗と油によるドロドロとヌルヌルした肌感覚、そしてCreature鉄男の容態変化のシーン、鉄のキンキンしたMetal感が伝わる音響...内容は混とんしてるし、観る人を選ぶ映画だと思うけど、この映像美はたまらない。
 今回、"鉄男シリーズ"3作を立て続けに観てみて、何人かの人に、塚本映画「野火」を薦められた。早いうちに観なきゃと思ってる。

|

« 「Vキシ/レキシ」を聴いた | Main | 新福菜館@麻布十番 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64109838

Listed below are links to weblogs that reference 「鉄男 THE BULLET MAN/Tetsuo:The Bullet Man」を観た #2:

« 「Vキシ/レキシ」を聴いた | Main | 新福菜館@麻布十番 »