« 「HANA-BI」を観た | Main | 麺屋かまし@世田谷・桜 #2 »

Friday, September 30, 2016

「Hands Of Gravity/the HIATUS」を聴いた

Thehiatus_handsofgravity この7月にReleaseされたthe HIATUSの5th Albu「Hands Of Gravity」(2016/Album)。この夏の間、ずっとヘビロテしてた1枚。そろそろ書いてみます。
 2014年Releaseの「Keeper Of The Flame」(2014/Album)からの2年半、その間の状況の変化はMONOEYES。エルレ活動休止後、the HIATUSを立ち上げて、身軽に音楽ができる環境をということで、Solo Albumを作るのかと思ったら、去年2015年MONOEYESを立ち上げた。そのMONOEYESは、CDSAlbumをReleaseし、何本かのTourを行い、積極的にFes.に参戦し、それが今でも続いてる。あまりに楽しそうな細美武士の姿をみてて、このままthe HIATUSの活動がフェードアウトするんじゃないかと思ってたけど、the HIATUSでの活動もしっかりやってる。the HIATUSとMONOEYESでいいバランスが取れるようになったと、なんかのインタビューで細美武士は答えてたけど、ほんと細美武士はこっちがうれしくなる音楽バカなんだと思う。
 で、このAlbumはいい意味でthe HIATUSでしか作れない音楽。覚醒感あふれるDrumsのBeat、重厚なPianoピアノ、幽玄で硬質で尖ったGuitar Sound、奔放で自由に唸るBass Lineが折り重なって、the HIATUSというBandのアンサンブルが生まれている。ありったけの個人の技量を突っ込んでも、この複雑だけど美しい音は作れないんだと思う。ともかく曲について。
・M-01「Geranium」:the HIATUSらしいに先鋭的なOpenning Tune。
・M-02「Clone」:上昇感あふれるPianoの音色を中心にしたBandのアンサンブルがいい。個人的にこのAlbumでのBest Trackがこれ。
・M-03「Drifting Story」:斬り込んでく鋭さとSpeed感と疾走感のRock Tune。イッキにモッシュに突っ込むKids達の姿が目に浮かぶ。
・M-04「Bonfire」:秀逸な鍵盤のフレーズがいい。
・M-05「Let Me Fall」:荘厳だけど、どこかPrivateな切なさがあるMelody Line。
・M-06「Radio」:優しいMidium Tuneだけど、サビで生まれる一体感が最高。これも細美武士の音楽愛が溢れてる。
・M-07「Catch You Later」:タメあるRhythm感と丁寧に歌うVocal。
・M-08「Secret」:Melody Lineの抑揚と流れがthe HIATUSらしい王道な1曲。
・M-09「Tree Rings」:静謐で美しいBallad。夏の暑さを忘れさせれてくれた。
・M-10「Sunburn」:これからも音楽を続けて行くんだという前向きな意思が伝わってきたClosing Tune。

 この夏、灼熱のひたちなかのRIJF2016で観たthe HIATUSのLive。ハンドマイクで歌ったり、Guitarを鳴らしたり、細美武士はBandのアンサンブルのうえで本当に楽しそうだったし、彼の声がGrass中に響き渡っていた。今年の夏の思い出のひとつ。

● Hands Of Gravity/the HIATUS (2016/Album)
M-01.Geranium
M-02.Clone
M-03.Drifting Story
M-04.Bonfire
M-05.Let Me Fall
M-06.Radio
M-07.Catch You Later
M-08.Secret
M-09.Tree Rings
M-10.Sunburn
* the HIATUS:Takeshi Hosomi(Vocal,Guitar,Programming),masasucks(Guitar),Koji Ueno(Bass),Takashi Kashikura(Drums),Ichiyo Izawa(Piano,Keyboards,Strings Arrange)
* Music by the HIATUS.
* Lyrics by Takeshi Hosomi.
* Produced by the HIATUS.
* All Songs Mixed by Hyuga Kashiwai.
* Recorded by Hyuga Kashiwai,Akiyoshi Tanaka.
* Recorded at Studio Green Bird.
* Mastered by Ted Jensen at Sterling Sound,NYC.
* UPCH-20422 2016 EMI Records,Universal Music Llc.

cf. the HIATUS My CD/DVD List
- Trash We'd Love (2009/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2009 (2009/Album)
- Insomnia (2009/CDS)
- Anomaly (2010/Album)
- Haching Mayflies (2011/CDS)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2011 (2011/Album)
- A World Of Pandemonium (2011/Album)
- Asian Kung-Fu Generation Presents Nano-Mugen Compilation 2012 (2012/Album)
- 奥田民生・カバーズ2/Various Artists (2013/Album)
- Keeper Of The Flame (2014/Album)
- Hands Of Gravity (2016/Album)

|

« 「HANA-BI」を観た | Main | 麺屋かまし@世田谷・桜 #2 »

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64277693

Listed below are links to weblogs that reference 「Hands Of Gravity/the HIATUS」を聴いた:

« 「HANA-BI」を観た | Main | 麺屋かまし@世田谷・桜 #2 »