« Coffee & Meshi ルピナス@駒沢 #8 | Main | 「阪急電車/有川浩」を読んだ »

Thursday, October 20, 2016

「St.Vincent/ヴィンセントが教えてくれたこと」を観た

Stvincent あのBill Murrayが愛すべきひねくれもの老人を演じた「St.Vincent/ヴィンセントが教えてくれたこと」(2014/Cinema)について。
 こんなあらすじ。酒とギャンブルにまみれた自堕落な生活を送る頑固でひねくれ者の老人Vincent(Bill Murray)の隣の家に、シングルマザーのMaggie(Melissa McCarthy)と12歳の息子Oliver(Jaeden Lieberher)が引っ越してきた。仕事に追われてるMaggieに代わり、Oliverの世話をみることになったVincentは、いじめっ子の撃退法から競馬の賭け方までろくでもないことをOliverに教え込んだ。そんな2人は徐々に心を通わせていく...。
 これ、人生に虚しさを感じながらダラダラ生きている気難しい老人が、面倒を見ることになった12歳の少年と奇妙な友情を育み、生きる元気を手にしていくという喜劇いっぱいのヒューマンドラマ。この映画の良さは、まずは老人を演じたBill Murrayの生臭い演技。ひげ面で借金まみれでぐちゃぐちゃな家に暮らし、乱れた生活を送る老人が隣の母子家庭の親子にみせる優しい素顔はそれだけで好感が持てる。さらに老人の子を身ごもり、それでもケアをする妊婦売春婦を演じたNaomi Wattsがいい。汚れてるけど、気持ちがいい性格の役作りはいい感じだし、そんな役も演じられる彼女の女優根性もよかったと思う。そして最後にタイトルの「St.Vinsent」の"聖人ヴィンセント"の意味がわかったときは、結構ジーンとした。この映画、口コミで評判が広がったようだけど、なんかわかる。こんな老人、親戚にいたら困るけど、でも憎めない。いい映画でした。

|

« Coffee & Meshi ルピナス@駒沢 #8 | Main | 「阪急電車/有川浩」を読んだ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64373220

Listed below are links to weblogs that reference 「St.Vincent/ヴィンセントが教えてくれたこと」を観た:

« Coffee & Meshi ルピナス@駒沢 #8 | Main | 「阪急電車/有川浩」を読んだ »