« カレー厨房@大崎 #4 | Main | grandishcafe IZM@駒沢 #4 »

Friday, November 11, 2016

「Killing Zoe/キリング・ゾーイ」を観た

Killing_zoe 大昔観まくったQuentin Tarantino関連映画。その時観たことがある「Killing Zoe/キリング・ゾーイ」(1994/Cinema)、ひっさびさに観直した。
 こんなあらすじ。フランスにやって来たアメリカ人金庫破りZed(Eric Stoltz)は、娼婦のZoe(Julie Delpy)と一夜を過ごす。Zedは次の日、フランス人の元相棒Eric(Jean-Hugues Anglade)にパリ国際銀行襲撃の話を持ちかけられる。そして翌朝、ZedはEricやその仲間達と銀行を襲うが、人質になった銀行員のひとりが美術学校に通っていると言っていたZoeだった。しかし地下金庫が開きかけた時、現場は混乱し、襲撃計画が狂っていく...。
 無謀な銀行強盗を描いた狂気のバイオレンス映画。製作総指揮としてQuentin Tarantinoが参加しているんだけど、強盗計画が一味のリーダーの破滅的な行動によって狂い出し、一気に凄まじい修羅場となっていく。ストーリー的にはだいたい想像がつくんだけど、銀行という密室で繰り広げられるDrug、アルコールと暴力と登場人物達の狂気がたまらないし、強盗団のゲスな会話とか残酷な殺戮描写はやっぱりTarantino一派という感じ。ま、観る人を選ぶ映画だと思います。

|

« カレー厨房@大崎 #4 | Main | grandishcafe IZM@駒沢 #4 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64475516

Listed below are links to weblogs that reference 「Killing Zoe/キリング・ゾーイ」を観た:

« カレー厨房@大崎 #4 | Main | grandishcafe IZM@駒沢 #4 »