« 「THE BAY/Suchmos」を聴いた | Main | 天下一品@神楽坂 #17 »

Thursday, November 10, 2016

「The Walk/ザ・ウォーク」を観た

The_walk 公開当時、映画館に観に行こうか迷った「The Walk/ザ・ウォーク」(2015/Cinema)。やっと観れた。
 こんなあらすじ。少年時代、故郷にやって来たサーカス団の綱渡りに魅せられ、座長Papa Rudy(Ben Kingsley)の厳しい指導の元、綱渡り芸人となったPhilippe(Joseph Gordon-Levitt)。パリで大道芸人として日銭を稼ぐようになったPhilippeは、ある日NYに世界一の高さを誇るWorld Trade Centerが建設されていることを新聞記事で知り、壮大な計画を練り始める。それはそびえ立つ2棟構造の高層ビルであるWorld Trade Centerの屋上と屋上の間にワイヤーロープを張り、命綱なしで渡っていくというものだった...。
 これ、1974年、当時世界最高層のNYのWorld Trade Centerの屋上で決死の綱渡りを敢行した命知らずの男を描いた実話映画。監督はあのRobert Zemeckisで、110階、411mという目もくらむ上空で繰り広げられた前代未聞の偉業をVFXを駆使して、スリルと恐ろしさ満点で描かれている。揺れるワイヤーの上、観ているこっちも手に汗をかいてしまう。怖いホラー映画でビビることはしょっちゅうあるけど、ここまでスリルを感じた映画はひさしぶり。それにしてもこのツインタワーはもうないという事実も感慨深い。ほんと面白かった。

|

« 「THE BAY/Suchmos」を聴いた | Main | 天下一品@神楽坂 #17 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64468417

Listed below are links to weblogs that reference 「The Walk/ザ・ウォーク」を観た:

« 「THE BAY/Suchmos」を聴いた | Main | 天下一品@神楽坂 #17 »