« つばめグリル@新横浜 #8 | Main | ALAMON@桜新町 #28 »

Wednesday, December 28, 2016

桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙~悪戯な年の瀬~」@横浜アリーナ

15747617_1043767169069029_257863055

 桑田佳祐、Soloとして4年ぶりの年越しLive「桑田佳祐 年越しライブ2016『ヨシ子さんへの手紙~悪戯な年の瀬~』」。昨日2016/12/27(火)、初日の横浜アリーナに行ってきた。ちょっとLive Reportを書いてみます。

 ※ 完全ネタばれです。最後のほうにはSet Listも載ってます。これから行くかたはご注意を!! ※

15672741_1242006795892367_499429157

Img_4332

Img_4333

Img_20161227_182053_588

 年末休暇前の最終日の昨日、16時に会社を出て、品川から新幹線で新横浜へ向かう。これは楽だ! でLive前の腹ごしらえをしてから、今日の会場の横浜アリーナへ向かう。もの凄い人で、整然としていながらも長蛇の列に並び18時過ぎにやっと会場入り。座席指定を引き替えたら、なんとセンター席の7列目!!! 席に座ってみるとステージまで10mもない。いやー、超ラッキーでイッキにテンションあがる。

Img_4335

 アリーナ席、スタンド席、そしてセンター席でウェーブが起きる中、18時半すぎにLiveがスタート。広末涼子さんが出演したPVがスクリーンに映し出されてから、1曲目「悪戯されて」。ド昭和歌謡で今日のLiveが始った。しっかし近くて、桑田さんはじめメンバーの表情までよく見える。うれしいなぁ~。そのまま、「ダーリン」、「本当は怖い愛とロマンス」とシングルが続き、POPなKeyboardからイントロで「 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」。銀色のテープが放出され、アリーナ内に大シンガロングが起きる。あ~気持ちいい。

 最初のMCをはさんでから、懐かしめの曲が続く。中でもよかったのは思わず拳があがる「エロスで殺して (ROCK ON)」、性急でメランコリックな「東京ジプシー・ローズ」、混沌とした「SO WHAT?」、そして喉頭がんから復帰した桑田さんへの応援ソングと勝手に思ってる「それ行けベイビー!!」。アコギメインでこの曲は昔から好き。で、The Beatles来日に捧げた「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」。優しいバラッドで桑田さんの力強い声が響いてた。

 ここでメンバー紹介を兼ねたMC。いつものメンバーだけど、今回のBaseは竹下欣伸さん(クライズラー&カンパニー)。いい音、奏でてる。で、桑田さんがメンバー紹介するとそろぞれが楽器でこたえる。ちなみにBass竹下さんが弾いたフレーズは"Stand by me"だった。で、その流れで今年2016年にReleaseされた2枚のシングルから「愛のプレリュード」、渋谷と思われる雑踏がコラージュされたBGVがよかった「大河の一滴」、「あなたの夢を見ています」。そして、場内にどよめきと歓声が起きたあの「恋人も濡れる街角」から「Yin Yang」。そして桑田さんが好きそなしょーもない言葉遊びとド・ブルースな「メンチカツ・ブルース」。かっこよかった。

15727142_1043767165735696_362799066

 ここで自分が今年還暦を迎えたことに触れ、まわりが年下ばかり、でもみんな優秀!といったMCがあり、スタッフの女性がステージにあげられた。照れくさそうに困った彼女の笑顔がよかった。で、そのまましっとりとした名曲「. 風の詩を聴かせて」、「JOURNEY」と続く。で、入場時に配られたリストバンドが赤く光り、最新曲「君への手紙」。いやーいい歌詞だし、大声で歌ってしまった。今度酔っぱらってカラオケで歌いたい。で、この「君への手紙」から怒涛の後半戦へ突入。タメとリフが好きな「真夜中のダンディー」、非常なカタルシスの「ROCK AND ROLL HERO」。で、本日2度目の青色のテープが放出され、センター席に巨大な球体が何個も投げ込まれて、「波乗りジョニー」。球体をジャンプして、パンチして、ジャンプしすぎて、ちょっと周りのひとに迷惑かけて、青色テープを振りまくって、歌いまくって、あー楽しい。そして、ステージ上にあがった炎の熱さを感じながらエロソング「EARLY IN THE MORNING~旅立ちの朝~」。で、あの白無垢パンダのヨシ子さんがステージ後方に設けられたひな壇に上がり、本編ラストは「ヨシ子さん」。大量のダンサーがステージにあふれ、混沌としたRhythmが妙に気持ち良くなってくるWorld Music。あー気持ちいい。

Dsc_0276

 で、場内にウェーブが起きて、桑田さんを待つ。そしてステージにライトがつき、メンバーがあがり、最後に桑田さん登場。アンコールの1曲目は「幸せのラストダンス」、場内全員のリストバンドが白く光り「白い恋人達」、最後はこれまた名曲の「祭りのあと」。大シンガロングでLiveが終了した。

Img_4338

 それにしても、今年2016年は積極的に音源を発表してきた桑田さん。6月末にSoloとして3年ぶりにReleaseしたCDS「ヨシ子さん」に続き、この秋にReleaseされた「君への手紙」。そうそう、自分も参加できた「KUWATA KEISUKE Ultra Yoshiko Deluxe! Night」もラッキーだった。来年はアルバムが出て、再来年はサザン40周年。楽しみはまだまだ続く...。

Dsc_0278

Img_4339

● Set List
M-01. 悪戯されて
M-02. ダーリン
M-03. 本当は怖い愛とロマンス
M-04. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
M-05. 鏡
M-06. 飛べないモスキート(MOSQUITO)
M-07. エロスで殺して (ROCK ON)
M-08. 東京ジプシー・ローズ
M-09. SO WHAT?
M-10. それ行けベイビー!!
M-11. 月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)
M-12. 愛のプレリュード
M-13. 大河の一滴
M-14. あなたの夢を見ています
M-15. 傷だらけの天使
M-16. 恋人も濡れる街角
M-17. Yin Yang
M-18. メンチカツ・ブルース
M-19. 風の詩を聴かせて
M-20. JOURNEY
M-21. 君への手紙
M-22. 真夜中のダンディー
M-23. ROCK AND ROLL HERO
M-24. 波乗りジョニー
M-25. Early In The Morning
M-26. ヨシ子さん
=Encore=
M-27. 幸せのラストダンス
M-28. 白い恋人達
M-29. 祭りのあと
- Tour Title:桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙~悪戯な年の瀬~」
- Date:2016.12.27.(Tue)
- Place:横浜アリーナ

cf. Keisuke Kuwata・Kuwata Band Live List
- 1986.10.09 Kuwata Band Rock Concert at 渋谷公会堂
- 1987.02.09 Kuwata Band "FINAL"ぼくら:1987 at 日本武道館
- 1994.12.31-1995.01.01 桑田佳祐LIVE TOUR'94「さのさのさ」at 横浜アリーナ
- 2007.12.27 桑田佳祐LIVE TOUR 2007 呼び捨てでも構いません!! "よっ、桑田佳祐"SHOW at 横浜アリーナ
- 2008.12.01 桑田佳祐Act Against AIDS 2008「昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦」at パシフィコ横浜
- 2011.12.31-2012.01.01. 桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011 ~年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会~ at 横浜アリーナ
- 2012.11.14 桑田佳祐 LIVE TOUR 2012 I LOVE YOU -now & forever- at さいたまスーパーアリーナ
- 2016.07.19 KUWATA KEISUKE Ultra Yoshiko Deluxe! Night at Zepp DiverCity
- 2016.12.27 桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙~悪戯な年の瀬~」 at 横浜アリーナ

Img_4342

|

« つばめグリル@新横浜 #8 | Main | ALAMON@桜新町 #28 »

Live」カテゴリの記事

Rock」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64685386

Listed below are links to weblogs that reference 桑田佳祐 年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙~悪戯な年の瀬~」@横浜アリーナ:

« つばめグリル@新横浜 #8 | Main | ALAMON@桜新町 #28 »