« 「SUMMER SONIC 2016 HEADLINERS SPECIAL-UNDERWORLD」(WOWOW)を観た | Main | 2017 初詣 神田明神 & AKIBA 旬魚個室居酒屋 魚の間@秋葉原 »

Friday, January 06, 2017

「バードドッグ/木内一裕」を読んだ

Kazuhirokiuchi_borddog あの「BE-BOP-HIGHSCHOOL」の作者である木内一裕。三茶Tsutayaで徘徊中にひっかかった木内一裕の小説「バードドッグ」(講談社文庫)について。
 こんなあらすじ。元ヤクザの探偵"矢能"は、古巣の日本最大暴力団"菱口組系"の下部団体である燦宮会会長"二木善治郎"から次期理事長予定だった佐村組長の行方を依頼される。殺されているのは確実だが警察には届けられない中、失踪に関わる一人の主婦も行方不明になっていることが発覚する...。
 内部犯行か抗争かと矢能は物騒な推理を進めるが、その進め方が面白い。容疑者は動機充分のヤクザ達だが、ヤクザ世界に身を置いていた矢能は裏社会での経験ともとに、ヤクザ達のおどしに屈することなく、自分のスタンスを貫き通す。これが面白い。また一緒に暮らす小学2年生の女の子"栞"を大切にながらも2人の本音を言わないぎくしゃくした関係も面白い。
 しっかし、あの「BE-BOP-HIGHSCHOOL」の作者がこんなハードボイルドな小説を書いているとは...。また読んでみたい木内一裕だった。

cf. 木内一裕 読破 List
- バードドッグ (2014)

|

« 「SUMMER SONIC 2016 HEADLINERS SPECIAL-UNDERWORLD」(WOWOW)を観た | Main | 2017 初詣 神田明神 & AKIBA 旬魚個室居酒屋 魚の間@秋葉原 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64726397

Listed below are links to weblogs that reference 「バードドッグ/木内一裕」を読んだ:

« 「SUMMER SONIC 2016 HEADLINERS SPECIAL-UNDERWORLD」(WOWOW)を観た | Main | 2017 初詣 神田明神 & AKIBA 旬魚個室居酒屋 魚の間@秋葉原 »