« むぎとオリーブ@銀座 #2 | Main | 「Revolution Radio/Green Day」を聴いた »

Friday, February 03, 2017

「Black Mass/ブラック・スキャンダル」を観た

Black_mass 主演の実録犯罪映画「Black Mass/ブラック・スキャンダル」(2015/Cinema)について。
 こんなあらすじ。1970年代のマサチューセッツ州ボストンが舞台。アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るJames"Whitey"Bulger(Johnny Depp)に、幼なじみのFBI捜査官John Connolly(Joel Edgerton)が接触を図ってくる。JohnはFBIと手を組んでイタリア系マフィアを駆逐しようとWhiteyに持ち掛け、密約を交わすことに成功した。両者の連携によって、WhiteyはFBIにマフィアの情報を提供しイタリア系マフィアの勢力は弱まるが、その一方でWhiteyは絶大な権力を持つようになる...。
 実在するアイリッシュ・マフィアのボスであるJames"Whitey"Bulgerが裏社会でのし上がっていく姿を追う犯罪映画。この映画の凄さはWhiteyを演じたJohnny Depp。その風貌は毛が抜け、歯が抜け、それだけであのJohnny Deppとは思えないし、のし上がるために裏切った仲間を戸惑いも躊躇もなくいたぶり殺していく。また、政治家となった実の弟であるBilly(Benedict Cumberbatch)やマフィアと裏取引したFBI捜査官Johnなど、さまざまな思惑が渦を巻く人間模様に加え、Whiteyの周囲の人物の誰もが次第に人生を見失っていくところにもひき込まれてしまった。
 ここまで怖くて圧倒的な存在感を放ったJohnny Deppを観たのはひさしぶり。ほんと迫力のあるギャング映画だった。

|

« むぎとオリーブ@銀座 #2 | Main | 「Revolution Radio/Green Day」を聴いた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64844209

Listed below are links to weblogs that reference 「Black Mass/ブラック・スキャンダル」を観た:

« むぎとオリーブ@銀座 #2 | Main | 「Revolution Radio/Green Day」を聴いた »