« くるり『くるりの20回転』リリース記念ツアー「チミの名は。」@Zepp Diver City TOKYO | Main | 「サーモン・キャッチャー the Novel/道尾秀介」を読んだ »

Thursday, March 02, 2017

「アイアムアヒーロー/I Am a Hero」を観た

Iamahero 面白そうだったので観てみた「アイアムアヒーロー/I Am a Hero」(2016/Cinema)について。
 こんなあらすじ。"鈴木英雄"(大泉洋)は、描いた漫画がまったく売れないしがない漫画家アシスタントで、彼女の"てっこ"(片瀬那奈)とは破局寸前だった。そんな平凡な毎日が、ある日突然終わりを告げる。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、ゾンビと化したてっこの異形な姿だった。一瞬にして世界は崩壊し、謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体「ZQN(ゾキュン)」で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥った。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに、富士山に向かう英雄は、その道中で出会った女子高生"比呂美"(有村架純)と元看護師の"藪"(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった...。
 突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況下で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を描いたパニックホラー映画。ZQNと呼ばれるゾンビ化した人間で溢れた世界で生き延びるホラー映画で、よくも悪くもゾンビ映画らしいストーリーと構成になっている。それでも大量に押し寄せるZQNとの戦いは凄まじいし、血や内臓や脳髄が飛び散るシーンはハンパないし、ほんと手に汗にぎるシーンの連続だった。特に韓国の閉鎖されたアウトレットモールで大規模なロケを敢行されたシーンの手加減しない描写は最高だった。
 しっかし日本映画でここまで血や内臓や脳髄を観たのは久しぶり。素直に面白かった。

|

« くるり『くるりの20回転』リリース記念ツアー「チミの名は。」@Zepp Diver City TOKYO | Main | 「サーモン・キャッチャー the Novel/道尾秀介」を読んだ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/64959500

Listed below are links to weblogs that reference 「アイアムアヒーロー/I Am a Hero」を観た:

« くるり『くるりの20回転』リリース記念ツアー「チミの名は。」@Zepp Diver City TOKYO | Main | 「サーモン・キャッチャー the Novel/道尾秀介」を読んだ »