« 「Vintage & New,Gift Shits/Hi-STANDARD」を聴いた | Main | 「Ghostbusters/ゴーストバスターズ(1984)」を観た »

Wednesday, May 10, 2017

「空飛ぶタイヤ/池井戸潤」を読んだ

Junikeido_soratobutyer1Junikeido_soratobutyer2

 ちょいちょい読んでる池井戸潤。Tsutaya三茶で買って読んでみた「空飛ぶタイヤ」</>(講談社文庫)について。
 こんなあらすじ。父親の跡を継ぎ運送会社を経営する"赤松徳郎"は、自社のトラックがタイヤ脱落事故を起こし死傷者を出してしまったことを知る。メーカーであるホープ自動車からは、事故原因を一方的に整備不良とされ、容疑者と決め付けられた赤松は警察からの執拗な追及を受ける。さらに会社は信用を失い、倒産寸前の状態に追い込まれてしまう。しかし赤松は事故原因は整備不良ではなく、事故を起こした車両自体に欠陥があったのではないかと考え、家族や社員たちのためにホープ自動車に潜む闇に戦いを挑む...。
 走行中のトラックのタイヤが外れ、通りがかりの母子を襲うというタイヤ脱落事故と大手自動車メーカーのリコール隠しをテーマにした経済小説。2002年に起きた三菱自動車製大型トラックの脱輪による死傷事故と、三菱自動車によるリコール隠しがベースになっている。大手自動車メーカーと中小運送会社の対立構図だけでなく、この財閥系自動車会社とそのグループ企業のパワーバランス、企業内のセクショナリズム、融資をめぐる銀行との攻防、事件を追うジャーナリズムの功罪、主人公を支える家族とその家族に降りかかる学校やPTA問題までと群像劇のように話が進む。その中で社員を信じ、会社と家族を守り、何度も訪れる窮地を乗り越えていく主人公の姿にジーンとしたし、とっても長編小説だけどイッキに読めた。
 池井戸潤らしい勧善懲悪なんだけど、今回も侵すことができない誇りが伝わるよい小説だった。

cf. 池井戸潤 読破 List
- 架空通貨 (2003)
- 仇敵 (2003)
- 株価暴落 (2004)
- 銀行仕置人 (2005)
- シャイロックの子供たち (2006)
- 空飛ぶタイヤ (2006)
- 鉄の骨 (2009)
- 民王 (2010)
- 下町ロケット (2010)
- 新装版 不祥事 (2011)
- かばん屋の相続 (2011)
- ルーズヴェルト・ゲーム (2012)
- 七つの会議 (2012)
- ようこそ、わが家へ (2013)
- 下町ロケット2 ガウディ計画 (2015)
- 陸王 (2016)

|

« 「Vintage & New,Gift Shits/Hi-STANDARD」を聴いた | Main | 「Ghostbusters/ゴーストバスターズ(1984)」を観た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/65262427

Listed below are links to weblogs that reference 「空飛ぶタイヤ/池井戸潤」を読んだ:

« 「Vintage & New,Gift Shits/Hi-STANDARD」を聴いた | Main | 「Ghostbusters/ゴーストバスターズ(1984)」を観た »