« ゆで太郎@五反田 #7 | Main | 三輪亭@豪徳寺 »

Friday, June 09, 2017

「エレファントカシマシ デビュー30周年記念コンサート "さらにドーンと行くぜ!"」(WOWOW)を観た

Elephantkashimashi_30osaka

 デビュー30周年イヤーに突入したエレファントカシマシ。彼らのLiveがWOWOWで「エレファントカシマシ デビュー30周年記念コンサート "さらにドーンと行くぜ!"」として放送された。じっくり観てみた。
 しっかしエレカシの登場は衝撃だった。Liveでは客にまったくこびず、客が誰も立ち上がらず、でも人が集まる。そして事務所をクビになり、宮本はドラマに出て、売れて、今豊潤の時を迎えている。なんだかんだで唯一無二なBand。
 で、今回のLiveは「30th Anniversary Tour 2017 "THE FIGHTING MAN"」の中から初日2017年3月20日大阪城ホールでの模様が放送されたもの。Openingのスライドショーはデビュー当時からの映像を見せるものでやたらかっこいい。宮本のシャイなMCはほんと変わらないし、しっかし歌はうまい。
 特によかったのは、変わらない攻撃的なRock'n Roll「ファイティングマン」、人生斜め見の「デーデ」、Melodyと歌詞とリフの勝利の「悲しみの果て」、あの時この曲に勇気をもらった「今宵の月のように」、あらためてかっこいいCMタイアップの「戦う男」、ユーミンのCover「翳りゆく部屋」、世の日常を描くのがうまい「リッスントゥザミュージック」、Melodyが素晴らしすぎる「風に吹かれて」、やはり美メロがあるからこのBandが生き残ってると思う「ハナウタ~遠い昔からの物語~」、Stringsがよく似合う「3210」、激しいMelodyの載ってる寂寥感ある歌詞がいい「RAINBOW」、Fes.で何回も聴いてるけどエレカシしか歌えない「ガストロンジャー」、昔から好きな曲「やさしさ」、人生の応援歌「俺たちの明日」、イントロだけで熱くなる「奴隷天国」、最初から異物感だった「珍奇男」、このシングルは結構好きだった「コールアンドレスポンス」、初めて聴いたけどいいんで音源聴きたくなった「TEKUMAKUMAYAKON」、毒をはきまくりの「so many people」、大好きだった「花男」、無常感がいい初期の名曲「おはよう こんにちは」、あたり。
 これからもフォローしていきたいBandだ。

● On Air Set List:「エレファントカシマシ デビュー30周年記念コンサート "さらにドーンと行くぜ!"」(WOWOW)を観た
M-01. ファイティングマン
M-02. デーデ
M-03. 新しい季節へキミと
M-04. 悲しみの果て
M-05. 今宵の月のように
M-06. 戦う男
M-07. ふたりの冬
M-08. 翳りゆく部屋
M-09. リッスントゥザミュージック
M-10. 風に吹かれて
M-11. ハナウタ~遠い昔からの物語~
M-12. 桜の花、舞い上がる道を
M-13. 3210
M-14. RAINBOW
M-15. ガストロンジャー
M-16. やさしさ
M-17. 四月の風
M-18. ズレてる方がいい
M-19. 俺たちの明日
M-20. 奴隷天国
M-21. 珍奇男
M-22. Under the sky
M-23. コールアンドレスポンス
M-24. 笑顔の未来へ
M-25. TEKUMAKUMAYAKON
M-26. so many people
M-27. 夢を追う旅人
M-28. 花男
M-29. 友達がいるさ
M-30. おはよう こんにちは
M-31. 待つ男
* Filmed Live at Osakajo Hall on 20th March 2017.
* Produced by WOWOW in association with air notes haz.

|

« ゆで太郎@五反田 #7 | Main | 三輪亭@豪徳寺 »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/65390577

Listed below are links to weblogs that reference 「エレファントカシマシ デビュー30周年記念コンサート "さらにドーンと行くぜ!"」(WOWOW)を観た:

« ゆで太郎@五反田 #7 | Main | 三輪亭@豪徳寺 »