« 「光/三浦しをん」を読んだ | Main | 「Spotlight/スポットライト 世紀のスクープ」を観た »

Tuesday, June 06, 2017

「ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2016-2017 20th Anniversary Live」(WOWOW)を観た

Akg_20anniversary

 去年2016年で結成20周年のASIAN KUNG-FU GENERATION。彼らのAnniversary Live Tour「ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2016-2017 20th Anniversary Live」の模様がWOWOWで放送された。イッキに堪能。
 この映像は「ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2016-2017 20th Anniversary Live」の中から、2017年1月11日(水)日本武道館で行われたもの。20年が経って、このBandしかない、このMemberしかないって思ってる4人がなんか微笑ましい。特にアジカンは大好きなBandだし、曲を聴くとアジカンと一緒にいろんな記憶がよみがえる。
 で、Liveのほうだけど、四方を幕で覆われ、そこに幾何学的な模様な映し出される中で演奏する様がやたらかっこいい。で、幕が落ちて彼らの姿が見えてからの会場の爆発感が凄まじい。特によかった曲は、RhythmのLoopがいい「センスレス」、これぞPower Popな「アンダースタンド」、印象的なIntroの「ブラックアウト」、Liveの前半持ってくる気合の入れような「君という花」、Beatの強さがいい「今を生きて」、Live映えするけどもっと聴かねばならない「ブラッドサーキュレーター」、しっとりした鍵盤がいい「月光」、BGVでBackに映し出されたデカいSpeakerがいい「振動覚」、音のブ厚さが進化した「リライト」、この曲が決定打だった「ループ&ループ」、ゆったり広がる「マイワールド」、再録盤"ソルファ"でこの曲の良さを再認識した「夜の向こう」、当時この曲がアジカンの世界をイッキに広げた「サイレン」、Introの気持ちよさ「Re:Re:」、Stringsがよく似合う「海岸通り」、世相と世代を歌ってる「さよならロストジェネレイション」そして、心地よい浮遊感とGotchのDanceがいい「新世紀のラブソング」あたり。
 ひさびさにアジカンのLiveに行きたくなった。

● On Air Set List:ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2016-2017 20th Anniversary Live (WOWOW)
M-01. 遥か彼方
M-02. センスレス
M-03. アンダースタンド
M-04. 暗号のワルツ
M-05. ブラックアウト
M-06. 君という花
M-07. 踵で愛を打ち鳴らせ
M-08. 今を生きて
M-09. ブラッドサーキュレーター
M-10. 月光
M-11. 振動覚
M-12. リライト
M-13. ループ&ループ
M-14. マイワールド
M-15. 夜の向こう
M-16. サイレン
M-17. Re:Re:
M-18. 海岸通り
M-19. さよならロストジェネレイション
M-20. 新世紀のラブソング
* Filmed Live at Nippon Budokan on 11th Jan.2017.
* Produced by WOWOW in associated with FITZ ROY.

|

« 「光/三浦しをん」を読んだ | Main | 「Spotlight/スポットライト 世紀のスクープ」を観た »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/65376110

Listed below are links to weblogs that reference 「ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2016-2017 20th Anniversary Live」(WOWOW)を観た:

« 「光/三浦しをん」を読んだ | Main | 「Spotlight/スポットライト 世紀のスクープ」を観た »