« 「不時着する流星たち/小川洋子」を読んだ | Main | 「GRAPEVINE SPECIAL -20th Anniversary-」(Space Shower TV)を観た »

Wednesday, September 20, 2017

「京都大作戦2017~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」(SPACE SHOWER TV)を観た

Kyotodaisakusen20172

Kyotodaisakusen2017

 今年2017年で記念すべき10回目となった10-FEETがオーガナイズしている夏Fes.「京都大作戦」。今年は3日開催となり、7/7(金),8(土),9(日)に恒例の京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージで、「京都大作戦2017~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」として開催された。で、スぺシャで放送されたので今年もしっかりとチェックした。
 今年も"源氏ノ舞台"と"牛若ノ舞台"の2つのStageでLiveが行われたんだけど、この放送ではダイジェストのLiveシーンに加え、バックステージでの出演者の様子、10-FEETによる開幕前のゲート看板除幕式挨拶、バスケ対抗戦をやってた鞍馬の間などなど、Fes.全体をくまなく俯瞰できる放送になっている。
 今年の京都大作戦は初日は雨、2日目は灼熱の晴れだったんけど、3日目が雨から雷雨で一時中断と凄まじい大作戦になっていた。ちょうどホルモンがLive中の3曲目「F」でカミナリが落ち、観客の安全のためにやむなく中断、そして全観客が避難となる。バックステージでは雨雲レーダーをにらみつつ、10-FEETとスタッフが再開できるかどうかを真剣に議論し、最終的に中断から2時間20分後に再開が決まった。しかし宇治市との約束上20時までに音出しを止めるという約束を守るため、その再開後はホルモンが1曲、ロットンと10-FEETが3曲演奏するんだけど、集中したLive演奏に加え、10分でステージ転換をスタッフと出演者が行い、その転換作業を観客が応援するシーンなど本当に伝説の映像を観ることができた。いやーこれは永久保存したいと思う。
 ともかくひっかかったStageを。
・My Hair is Bad:Album「woman's」はよかったし、MCはめちゃめちゃ青くて熱かった。
・ヤバイTシャツ屋さん:性急な3Pieceの勢いが最高。
・竹原ピストル:歌詞を変えてカバーした「Amazing Grace」は衝撃的。竹原ピストル、ちゃんと聴こう。
・夜の本気ダンス:京都のBandだったんだ! まずは牛若から。
・サンボマスター:大作戦へのRespectがつまってた。
・Creepy Nuts:なんか面白いUnit。
・Nothing's Carved In Stone:大作戦初出場。Dance Rockはどこでも通用する。
・打首獄門同好会:めっちゃ気になってるBand。しっかし凄いMosh。
・SiM:大作戦と共に育った気がする。で、「金色グラフティー」はイントロだけだし、「goes on」は1フレーズだし...。
・四星球:Live観たい。
・The BONEZ:Guitar BandだけどHardでPeaceful。「Louder」で去年のように電源落ち(自作自演だけど...)、シンガロングで「Thread & Needles」。
・FIRE BALL with HOME GROWN:「One Link」は平和の歌。
・東京スカパラダイスオーケストラ:Reggae調のゆったりしたMelodyの「Routine Melodies」、TAKUMAとNAOKIとKOUICHIの笑顔がよかった「閃光 feat.10-FEET」。
・yonige:Female 3Piece。
・Ken Yokoyama:強くて優しくて大きなPunks。クラウドサーフィンが止まらない。
・NAMBA69:1214さいたまアリーナを糧に生きてる。
・湘南乃風:湘南乃風と10-FEETが完全合体したBand Soundの「Rockin' Wild~10-FEET REMIX~」にほんと楽しそうな「睡蓮花」。
・Dragon Ash:Hardなメロの応酬の「Mix It Up」とやたら美しいMelodyの「Jump」。
・GOOD4NOTHING:物凄いMoshが牛若で起きてた。
・SUPER BEAVER:3年で牛若から源治へ。しっかしVocalの声がいい。
・dustbox:降り出した雨の中での笑顔。
・OVER ARM THROW:力強い3piece。
・ガガガSP:変わんねぇーなー、暖かさがいい。
・氣志團:80's J-POPそのまま体現。
・WANIMA:物凄いシンガロングとMosh。
・Dizzy Sunfist:凄い熱気と気合とMosh。
・MAN WITH A MISSION:TAKUMAとのコラボ、やっぱり観たかった「database feat.TAKUMA」と源氏の2万人の手が波のようだった「FLY AGAIN」。
・マキシマム ザ ホルモン:全身に鳥肌でマジで号泣してしまった。
・ROTTENGRAFFTY:こんな熱いロットン観たことない。
・SHANK:牛若再開に泣いてる客にこっちも涙。
・G-FREAK FACTORY:ファンファーレと熱いMC。こんな熱いBandだったんだ。
・10-FEET:
土砂降りが上がって「RIVER」、でっかいCircle Moshができた「JUST A FALSE! JUST A HOLE!」、染みる言葉の「アンテナラスト」、クソ熱いHardリフの「1sec.」、そして、Popな「4REST」。
硬質GuitarリフとRhythmの勝利の「その向こうへ」、FIRE BALLの4人のライムが気持ちいい「STONE COLD BREAK feat,FIRE BALL」、大シンガロングの「Freedom」、で、みんな踊りまくって飛びまくってた「goes on」。
残り12分。ラスト2曲受け止めてほしいとロットンも参加した「その向こうへ」、そして来年リベンジさせてくれと「CHERRY BLOSSOM」。

 死ぬまでに行きたい京都大作戦。

● On Air Set List:京都大作戦2017~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~(SPACE SHOWER TV)
=DAY1=
M-01. アフターアワー/My Hair is Bad
M-02. フロムナウオン/My Hair is Bad
M-03. Tank-top of the world/ヤバイTシャツ屋さん
M-04. Amazing Grace/竹原ピストル
M-05. Forever Young/竹原ピストル
M-06. 狼煙/竹原ピストル
M-07. TAKE MY HAND/夜の本気ダンス
M-08. ミラクルをキミとおこしたいんです/サンボマスター
M-09. できっこないをやらなくちゃ/サンボマスター
M-10. ロックンロール イズ ノット デッド/サンボマスター
M-11. 合法的トビ方ノススメ/Creepy Nuts
M-12. Like a Shooting Star/Nothing's Carved In Stone
M-13. Out of Control/Nothing's Carved In Stone
M-14. Spirit Inspiration/Nothing's Carved In Stone
M-15. 日本の米は世界一/打首獄門同好会
M-16. KiLLiNG ME/SiM
M-17. Amy/SiM
M-18. 金色グラフティー/SiM
M-19. goes on/SiM
M-20. JACK.B/SiM
M-21. クラーク博士と僕/四星球
M-22. RIVER/10-FEET
M-23. JUST A FALSE! JUST A HOLE!/10-FEET
M-24. アンテナラスト/10-FEET
M-25. 1sec./10-FEET
M-26. 4REST/10-FEET
=DAY2=
M-01. To a person that may save someone/The BONEZ
M-02. Louder/The BONEZ
M-03. Thread & Needles/The BONEZ
M-04. Circle/NUBO
M-05. One Link/FIRE BALL with HOME GROWN
M-06. BRING IT ON/FIRE BALL with HOME GROWN
M-07. みんなのうた/FIRE BALL with HOME GROWN
M-08. 伝言/藍坊主
M-09. ロードショー/Age Factory
M-10. Routine Melodies/東京スカパラダイスオーケストラ
M-11. ペドラーズ/東京スカパラダイスオーケストラ
M-12. 閃光 feat.10-FEET/東京スカパラダイスオーケストラ
M-13. あのこのゆくえ/yonige
M-14. Punk Rock Dream/Ken Yokoyama
M-15. I Won't Turn Off My Radio/Ken Yokoyama
M-16. Ricky Punks III/Ken Yokoyama
M-17. Prometheus/Crystal Lake
M-18. MANIAC/NAMBA69
M-19. Rockin' Wild~10-FEET REMIX~/湘南乃風
M-20. Joker/湘南乃風
M-21. 睡蓮花/湘南乃風
M-22. Mix It Up/Dragon Ash
M-23. Jump/Dragon Ash
M-24. A Hundred Emotions/Dragon Ash
M-25. Cause You're Alive/GOOD4NOTHING
M-26. その向こうへ/10-FEET
M-27. STONE COLD BREAK feat,FIRE BALL/10-FEET
M-28. Freedom/10-FEET
M-29. goes on/10-FEET
M-30. 風/10-FEET
=DAY3=
M-01. 美しい日/SUPER BEAVER
M-02. ありがとう/SUPER BEAVER
M-03. Bong! Cafe'au Rait! Acoustic Guitar!/ENTH
M-04. 俺のロックンロール/SIX LOUNGE
M-05. Jupiter/dustbox
M-06. Dive/dustbox
M-07. Here Comes A Miracle/dustbox
M-08. Unity! Freedom! Opportunity!/OVER ARM THROW
M-09. 線香花火/ガガガSP
M-10. 喧嘩上等/氣志團
M-11. スタンディング・ニッポン/氣志團
M-12. フォーサイクル/氣志團
M-13. Hey Lady/WANIMA
M-14. CHARM/WANIMA
M-15. ともに/WANIMA
M-16. Joking/Dizzy Sunfist
M-17. database feat.TAKUMA/MAN WITH A MISSION
M-18. FLY AGAIN/MAN WITH A MISSION
M-19. Emotions/MAN WITH A MISSION
M-20. 恋のスペルマ/マキシマム ザ ホルモン
M-21. D.A.N.C.E./ROTTENGRAFFTY
M-22. This World/ROTTENGRAFFTY
M-23. 金色グラフティ/ROTTENGRAFFTY
M-24. Set The Fire/SHANK
M-25. Too oLD To KNoW/G-FREAK FACTORY
M-26. DO YOU LIKE...?/10-FEET
M-27. その向こうへ/10-FEET
M-28. CHERRY BLOSSOM/10-FEET
* Filmed at Kyoto-Furitsu Yamashiro Sogo Undojo on 7th,8th,9th July,2017.
* 2017 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

|

« 「不時着する流星たち/小川洋子」を読んだ | Main | 「GRAPEVINE SPECIAL -20th Anniversary-」(Space Shower TV)を観た »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/65817251

Listed below are links to weblogs that reference 「京都大作戦2017~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」(SPACE SHOWER TV)を観た:

« 「不時着する流星たち/小川洋子」を読んだ | Main | 「GRAPEVINE SPECIAL -20th Anniversary-」(Space Shower TV)を観た »