« 代官山通信Vol.139 | Main | 「満願/米澤穂信」を読んだ »

Wednesday, October 11, 2017

「The Jam Live in Dortmund 1980」(WOWOW)を観た

Thejam_dortmund1980

 1982年に解散したThe Jam。そんな彼らが1980年ドイツのドルトムントで行われたLive映像が「The Jam Live in Dortmund 1980/ザ・ジャム ライブ・イン・ドルトムント 1980」としてWOWOWで放送された。
 ともかく若きPaul Wellerにくぎ付けになってしまうこの映像。Drumsの音が出ていないとスタッフに怒りをぶつけ、Guitarをかき鳴らし、激しく歌っている。それにしても客層が非常に若いというか幼いんだけど、そんなTeenager達がThe Jamの音に盛り上がっている。ともかく3人の硬質でEdgeの効いた音で、短い曲が矢継ぎ早に演奏されていく。PunkやModsの創世記がよくわかる映像だと思う。
 特によかったのは、「Going Underground」、ひょっとしてNoelのBrand Nameはこの曲からなのか!という「Pretty Green」、リフと激しいVocalがいい「Set The House Ablaze」、Guitarをかき鳴らすPaul Wellerがいい「Dreams Of Chiidren」、初期の名曲「The Modern World」、Positiveな「Start!」、掻き毟るGuitarの「Strange Town」、Power PopでEmoの原石な「When You 're Young」、昔から好きな「In The City」そしてPopなChorus Workの「David Watts」あたり。
 彼らの音楽がいまだにシーンに大きな影響を与えていることがよくわかったLive映像だった。

● On Air Set List:The Jam Live in Dortmund 1980 (WOWOW)
M-01. Dream Time
M-02. Thick As Thieves
M-03. Boy About Town
M-04. Going Underground
M-05. Pretty Green
M-06. Man In The Corner Shop
M-07. Set The House Ablaze
M-08. Private Hell
M-09. Liza Radley
M-10. Dreams Of Chiidren
M-11. The Modern World
M-12. Little Boy Soldiers
M-13. But I'm Different Now
M-14. Start!
M-15. Scrape Away
M-16. Strange Town
M-17. When You 're Young
M-18. In The City
M-19. To Be Someone
M-20. David Watts
M-21. The Eton Rifles
M-22. Down In The Tube Station At Midnight
* The Jam at Westfalenhalle Dortmund,Germany,November 30,1980.
* The Jam:Paul Weller(Guitar,Vocals),Bruce Foxton(Bass),Rick Buckler(Drums)
* Executive Producers:Geoff Kempin,Terry Shand
* For Eagle Rock Entertainment
* (c)1980,WDR Mediagroup GmbH.

|

« 代官山通信Vol.139 | Main | 「満願/米澤穂信」を読んだ »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/65902563

Listed below are links to weblogs that reference 「The Jam Live in Dortmund 1980」(WOWOW)を観た:

« 代官山通信Vol.139 | Main | 「満願/米澤穂信」を読んだ »