« 「Cell/セル」を観た | Main | 「Todo sobre mi madre/All About My Mother/オール・アバウト・マイ・マザー」を観た »

Wednesday, March 14, 2018

「花咲舞が黙ってない/池井戸潤」を読んだ

Junikeido_hanazakimaigadamatte たまーに読んでる池井戸潤。世田谷中央図書館で借りて読んでみた「花咲舞が黙ってない」(中公文庫)について。
 こんなあらすじ。東京第一銀行 臨店GPの"花咲舞"は、己の信じる正義のもと、空気は読まず、時にブチ切れながら、問題支店や勘違い行員の指導に奮闘している。そんなメガバンク誕生前夜の熾烈な合併交渉が進む中、東京第一銀行にライバル行との合併という激震が発表された。ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けてしまった舞は、このままでは我が行はダメになると歯を食いしばり行内の闇に切り込む...。
 今回の目玉はあの半沢直樹とのからみ。花咲舞が勤務する東京第一銀行と半沢直樹が勤務する産業中央銀行の合併が進む中、東京第一銀行側の不正融資隠蔽が明るみになるんだけど、組織の歯車というか会社の権力に屈せざるを得ない立場の人達にとってラストに向けてのカタルシスは気持ちがよかった。続編はないようだけど、いつか書いてほしい。

cf. 池井戸潤 読破 List
- 架空通貨 (2003)
- 仇敵 (2003)
- 株価暴落 (2004)
- オレたちバブル入行組 (2004)
- 銀行仕置人 (2005)
- シャイロックの子供たち (2006)
- 空飛ぶタイヤ (2006)
- 鉄の骨 (2009)
- 民王 (2010)
- 下町ロケット (2010)
- 新装版 不祥事 (2011)
- かばん屋の相続 (2011)
- ルーズヴェルト・ゲーム (2012)
- 七つの会議 (2012)
- ようこそ、わが家へ (2013)
- 下町ロケット2 ガウディ計画 (2015)
- 陸王 (2016)
- アキラとあきら (2017)
- 花咲舞が黙ってない (2017)

|

« 「Cell/セル」を観た | Main | 「Todo sobre mi madre/All About My Mother/オール・アバウト・マイ・マザー」を観た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/66496964

Listed below are links to weblogs that reference 「花咲舞が黙ってない/池井戸潤」を読んだ:

« 「Cell/セル」を観た | Main | 「Todo sobre mi madre/All About My Mother/オール・アバウト・マイ・マザー」を観た »