« 顧の店 刀削麺@五反田 | Main | きさらぎ亭@桜新町 #23 »

Wednesday, April 18, 2018

「佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA -35TH.ANNIVERSARY TOUR FINAL」(M-ON!)を観た

Motoharusano_35thanniversarytourfin

 M-0N!の「オトナ、LIVE」で放送された「佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA -35TH.ANNIVERSARY TOUR FINAL」について。
これ、2016年3月東京・東京国際フォーラム ホールAで佐野元春が行ったデビューから35年の音楽キャリアを網羅したLive「佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA -35TH.ANNIVERSARY TOUR FINAL」が放送されたもの。
 ともかくLiveについて書いてみると、SweetなMelody Lineの「シュガータイム」、MelodiusなRock Tuneの「優しい闇」、明るくて悲しい「ジュジュ」、アレンジがSimpleなBand Soundの「ヴィジターズ」、Liveでグッと伝わる「君をさがしている」、ザクザクしたRhythmの「バイ・ザ・シー」、大人のRockの「紅い月」、言葉が切り取り方がうまい「東京スカイライン」、90年代に作られた名曲「レインボー・イン・マイ・ソウル」、これも90年代のMidiumなCDS「誰かが君のドアを叩いている」、攻撃的でEvergreenな「ヤング・フォーエバー」、高校生の頃の横浜市文化体育館でのVISITORS TOURで最後に聴いたこの曲、あのシーンは今でも覚えている「ヤングブラッズ」、ほんと色あせない「約束の橋」、高校生の頃の気持ちに戻れる「サムデイ」、どんだけこの曲に感動したかわからない「ロックンロール・ナイト」、去年年末のCDJ1718でひさびさに聴けた「ニュー・エイジ」、色あせない疾走感「アンジェリーナ」、やたら懐かしいPop Tuneの「スターダスト・キッズ」、名盤"SOMEDAY"を聴き直したくなった「ダウンタウン・ボーイ」に、鍵盤のイントロだけで鳥肌が立ち、そのあと鉄板Rock'Rollメドレーにつながった「悲しきレイディオ」あたり。
 ほんと高校生の頃からこんなおっさんになっても聴きたくなる佐野元春。これからも。

● On Air Set List:佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA -35TH.ANNIVERSARY TOUR FINAL (M-ON!)
M-01. シュガータイム
M-02. 優しい闇
M-03. ジュジュ
M-04. ヴィジターズ
M-05. 君をさがしている
M-06. 境界線
M-07. La Vita e Bella
M-08. バイ・ザ・シー
M-09. 紅い月
M-10. 東京スカイライン
M-11. レインボー・イン・マイ・ソウル
M-12. 誰かが君のドアを叩いている
M-13. ヤング・フォーエバー
M-14. ヤングブラッズ
M-15. 約束の橋
M-16. サムデイ
M-17. ロックンロール・ナイト
M-18. ニュー・エイジ
M-19. アンジェリーナ
M-20. スターダスト・キッズ
M-21. ダウンタウン・ボーイ
M-22. 悲しきレイディオ
* Filmed Live at Tokyo International Forum,Hall-A on March,2016.
* (C)2018 MUSIC ON! TV.

|

« 顧の店 刀削麺@五反田 | Main | きさらぎ亭@桜新町 #23 »

Rock」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50720/66623177

Listed below are links to weblogs that reference 「佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA -35TH.ANNIVERSARY TOUR FINAL」(M-ON!)を観た:

« 顧の店 刀削麺@五反田 | Main | きさらぎ亭@桜新町 #23 »