« 「吉川晃司 35th Anniversary LIVE archives 35 ~WOWOW Special~」(WOWOW)を観た | Main | 「警察庁長官を撃った男/鹿島圭介」を読んだ »

Wednesday, October 09, 2019

「The Lovely Bones/ラブリーボーン」を観た #2

Thelovelybones2 ひさしぶりにもう一度観たくなった「The Lovely Bones/ラブリーボーン」(2009/Cinema)について。
 こんなあらすじ。父Jack(Mark Wahlberg)、母Abigail(Rachel Weisz)や妹に囲まれ、平和で幸せな毎日を送っていた14歳の少女Susie(Saoirse Ronan)。ある日、学校からの帰り道で近所に住む男George(Stanley Tucci)から声を掛けられる。Georgeが畑の地下に作った隠れ家に誘い込まれたSusieは彼に殺され、あの世の入り口にたどり着く。この世では、残された家族がSusieを失った悲しみから次第に家庭崩壊の道をたどっていくが、犯人のGeorgeは警察の捜査を巧みに切り抜けながら日常生活を送っていた...。
 あのLord of the Ringsを作り上げたPeter Jacksonが監督したファンタジー映画。無慈悲な殺人者に14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人達が立ち直っていく姿を、天国から見守り続けるという悲しくて、暖かい話がこれ。切実な被害者家族の心情などもうまいんだけど、死後の世界、幸福な天国の世界など壮大かつ暖かく描かれてた映像美がいい。やっぱりお勧めかも。

|

« 「吉川晃司 35th Anniversary LIVE archives 35 ~WOWOW Special~」(WOWOW)を観た | Main | 「警察庁長官を撃った男/鹿島圭介」を読んだ »

映画・テレビ」カテゴリの記事