« 2020 新年のご挨拶@西新井 & 西新井大師 #17 | Main | 北沢湯@上北沢 #2 »

Thursday, January 02, 2020

2019年を振り返る●Cinema編●

 2019年を振り返る。湯活編に続き、"Cinema編"を。で、2019年は新旧問わず、111本の映画を観た。2018年は155本だったんで、だいぶ減ってる。うーむ...。 そんな中で映画館に観に行ったのこの2本。

11 12

 まずは「Joker/ジョーカー」(2019)。やっとTOHOシネマズ新宿で観てきた。そのままあらすじを書くと...。「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という
母の言葉を胸にコメディアンを夢見る。孤独だが心優しいArthur(Joaquin Phoenix)。都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むSophie(Zazie Beetz)にひそかな好意を抱いている。笑いのある人生は素晴らしいと信じ、どん底から抜けだそうともがくArthurはなぜ、狂気あふれる<悪のカリスマ>Jokerに変貌したのか?
やっぱりJoaquin Phoenixの怪演にやられた作品。またいつか絶対観たいと思う。
 で、もう1本は「Star Wars:The Rise of Skywalker/スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け」(2019)。これもそのままあらすじを書くと...。はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、"光と闇"のフォースをめぐる最終決戦に託された──祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイ。そして、R2-D2、C-3PO、BB-8ら忠実なドロイドと共に銀河の自由を求めて戦い続ける英雄レイア将軍、天才パイロットのポー、元ストームトルーパーのフィンら、レジスタンスの同志たち…。さらに、ハン・ソロの永遠の好敵手ランド・カルリジアンもエピソー・シリーズでは「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」以来の再登場。果たして、彼らを待ち受ける運命とは? そして、いかなるエンディングを迎えるのか? 全世界がその行く末を固唾をのんで見守っている。"終わる"ことで、「スター・ウォーズ」の新たなる伝説が始まる...。
ともかく泣けた映画。J.J.に感謝した映画。もう1回観て、ちゃんと理解したい。

15 16

14 13

18 19

 

20 17

21 22

 これ以外でよかった映画と言えば、発話障害を持つヒロインが偶然から知り合った謎の"生きもの"と心を通わせるファンタジー「The Shape of Water/シェイプ・オブ・ウォーター」、最強の極秘スパイ組織"KINGSMAN"が壊滅状態に陥る中、敵を追ってアメリカに渡る痛快スパイアクション「Kingsman:The Golden Circle/キングスマン:ゴールデン・サークル」、雪崩で立ち往生するオリエント急行で起きた殺人事件の真相を追うAgatha Christieの古典的ミステリー作品の2017年版「Murder on the Orient Express/オリエント急行殺人事件」、19世紀に実在した興行師P.T.Barnumが成功をつかむまでを描いたミュージカル「The Greatest Showman/グレイテスト・ショーマン」、バスの運転手をしながら詩作に励む主人公の一見ありふれた日常生活を映し出したドラマ「Paterson/パターソン」、突如サリュート7号が消息を絶ったことを受け、修理のために宇宙へ向かい、ミッションを敢行する技師と退役パイロットの姿を描いた実話ベースの「Салют-7/Salyut 7/サリュート7」、娘を殺害された母親が警察を批判する看板を設置したことから、予期せぬ事件が起こる犯罪サスペンス映画「Three Billboards Outside Ebbing,Missouri/スリー・ビルボード」、文明明崩壊後の世界で、人間としての心を失わずに旅を続ける父子の苦難の日々を描いた近未来サバイバル「The Road/ザ・ロード」、米国の政界を舞台に銃所持規制法案をめぐってロビイスト達の熾烈な駆け引きが展開されるサスペンス「Miss Sloane/女神の見えざる手」、数学の天才であるめいを育てる主人公がめいの祖母でもある自分の母親と親権をめぐって争うというヒューマンドラマ「Gifted/gifted/ギフテッド」、人間を14分の1に縮小すれば、人間が必要とする食料も人間が生み出すゴミもそれぞれ14分の1にまで減らすことができ、世界はよくなるのではないかという人類再生計画を描いたSFコメディー「Downsizing/ダウンサイズ」、19世紀後半新天地を求めて南太平洋の島タヒチへと旅立ったフランスの画家Paul Gauguinを描いた伝記映画「Gauguin-Voyage de Tahiti/ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」、第2次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のオランダで、家族をナチスに殺されたユダヤ人歌手の復讐を描いたサスペンス「Zwartboek/Black Book/ブラックブック」、高校生のパンク少年がパーティで出会った不思議な美少女は異星人だったというSFファンタジー「How to Talk to Girls at Parties/パーティで女の子に話しかけるには」、ナチスによるユダヤ人の大量虐殺などなかったと主張するホロコースト否定論者と法廷闘争をすることになった女性ユダヤ人歴史学者の苦闘を描いた法廷闘争映画「Denial/否定と肯定」、日本を舞台に行方がわからなくなった飼い犬を捜す少年と犬たちが繰り広げる冒険を描いたストップアニメーション「Isle of Dogs/犬ヶ島」、3人の女子高校生達を連れ去った男が23もの人格を持つ解離性同一性障害者だったというサスペンススリラー「Split/スプリット」、アニメ、映画、漫画などのキャラクターをこれでもかと一堂に集め、これでもかとポップカルチャーの楽しさを示してくれた「Ready Player One/レディ・プレイヤー1」、突然の事故をきっかけに超人的な能力を得た初老のサラリーマンと高校生がそれぞれの目的で強大な力を行使するさまを描いたサイバーアクション「いぬやしき/INUYASHIKI」、1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件とその裏で敢行されたCIAによる架空のSF映画製作を偽装した救出作戦を描いた実話ベースの「Argo/アルゴ」、1967年のデトロイト暴動の最中に発生したアルジェ・モーテル事件を題材にした「Detroit/デトロイト」、清朝最後の皇帝溥儀の人生の軌跡を壮大なスケールで描いた歴史大作「The Last Emperor/ラストエンペラー」、かつてのライバルの遺児がRockyから特訓を受け、世界チャンプを目指す「Creed/クリード チャンプを継ぐ男」、古代ローマを舞台に、新皇帝の陰謀により妻子を殺され、奴隷の剣闘士に身をやつした英雄的将軍の復讐を描いたスペクタクル史劇「Gladiator/グラディエーター」、暴力にみちた巨大マフィア・ファミリーの世界を普遍的な家族というテーマで描いた一大叙事詩第1作「The Godfather/ゴッドファーザー」と第2作の「The Godfather Part II/ゴッドファーザー PART II」、アンデルセンの童話「人魚姫」に依ったストーリーながらグロテスクで哀しい大人のファンタジーホラー映画「Córki dancingu/The Lure/ゆれる人魚」、人体改造により人並み外れた治癒能力と不死身の体を手にした主人公が真っ赤なコスチュームに身を隠し、悲哀をそのマスクの下に隠している個性派ヒーローものアクション「Deadpool 2/デッドプール2」、宇宙を駆ける密輸業者からヒーローになったHan Soloの若き日の戦いと冒険を描いた「Solo:A Star Wars Story/ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」、奇想天外な話を語ると父親と、その父親と仲たがいをしている息子の離れた2人の心の交流を描いたファンタジー「BigFish/ビッグ・フィッシュ」、刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な元銀行マンが、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマンドラマ「The Shawshank Redemption/ショーシャンクの空に」、設定されたキャラごとの動きとスピード感が最高で、計画が実行されるプロセスのテンポがいい「Ocean's 8/オーシャンズ8」、感受性が鋭いゆえに周囲と合わず、心の病を持つ患者の施設に入院した17歳のヒロインを描いた青春群像劇「Girl,Interrupted/17歳のカルテ」、ボストン郊外で暮らす便利屋が兄が亡くなったのを機に帰郷し、16歳のおいの世話をしつつ自身が抱える悲劇と向き合う姿が描かれた「Manchester by the Sea/マンチェスター・バイ・ザ・シー」、カナダが生んだ実在の画家Maud Lewisの半生を描いた実話映画「Maudie/しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」、マーヴェルに登場するキャラクター"Venom/ヴェノム"を主人公に、Tom Hardyの存在が大きいアメコミ実写アクション「Venom/ヴェノム」、遺伝子疾患のため、他人と異なる顔で生まれた少年が困難に立ち向かっていく姿を描いたヒューマンドラマ「Wonder/ワンダー 君は太陽」、大阪を舞台に日米の刑事たちが反目しつつも協力してヤクザと戦う伝説の刑事モノ「Black Rain/ブラック・レイン」、航空会社のパイロットからCIAのエージェントに転身し、麻薬の運び屋としても暗躍した実在の人物の半生を描いた実話映画「AmericanMade/バリー・シール/アメリカをはめた男」、もう一つの地球を作ってエネルギーを取り出す新技術を実現した近未来を舞台に、暴走したシステムの中で葛藤する元宇宙飛行士を描いたSFサスペンス「Kill Switch/Redivider/リディバイダー」、無慈悲な殺人者に14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人達が立ち直っていく姿を、天国から見守り続けるという「The Lovely Bones/ラブリーボーン」、ロシアのスパイとして新たな人生を歩むことになった元バレリーナが、自らの官能的魅力を武器に数々の危険な任務に挑む様パイ映画「Red Sparrow/レッド・スパロー」、NYCのアートシーンを駆け抜け、わずか27歳の若さでこの世を去ったのアーティスト、Jean-Michel Basquiatの生を描いた伝記的映画「Basquiat/バスキア」、フィギュアスケート界を揺るがしたスキャンダル「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の中心人物Tonya Hardingの半生を描いた伝記的映画「I, Tonya/アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」、才能を見いだされスターダムへと上り詰める女と、酒とドラッグに溺れミュージシャンとして落ちていく男の2人の愛と苦悩をを描いた「A Star Is Born/アリー/スター誕生」あたり。

 というわけで、最後に2018年に新旧問わずに観た映画のTitleを順に書いてみます。

=劇場=
・Joker/ジョーカー
・Star Wars:The Rise of Skywalker/スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け

=Videoなど=
・The Shape of Water/シェイプ・オブ・ウォーター
・The 15:17 to Paris/15時17分、パリ行き
・The Island/アイランド
・Phineas and Ferb:Star Wars/フィニアスとファーブ/スター・ウォーズ大作戦
・Quiz Show/クイズ・ショウ
・Defective/ディストピア2049
・Kingsman:The Golden Circle/キングスマン:ゴールデン・サークル
・Murder on the Orient Express/オリエント急行殺人事件
・The Greatest Showman/グレイテスト・ショーマン
・Paterson/パターソン
・Салют-7/Salyut 7/サリュート7
・Three Billboards Outside Ebbing,Missouri/スリー・ビルボード
・The Road/ザ・ロード
・Star Wars:The Last Jedi/スター・ウォーズ:最後のジェダイ(日本語吹替版)
・Black Panther/ブラックパンサー
・祈りの幕が下りる時
・Miss Sloane/女神の見えざる手
・Gifted/gifted/ギフテッド
・Downsizing/ダウンサイズ
・Gauguin-Voyage de Tahiti/ゴーギャン タヒチ、楽園への旅
・Zwartboek/Black Book/ブラックブック
・How to Talk to Girls at Parties/パーティで女の子に話しかけるには
・長城/The Great Wall/グレートウォール
・麒麟の翼~劇場版・新参者~
・Denial/否定と肯定
・STAR WARS RESISTANCE:THE RECRUIT(TV SPECIAL)/スター・ウォーズ レジスタンス/スカウト
・The Light Between Oceans/光をくれた人
・The Village/ヴィレッジ
・Unbreakable/アンブレイカブル
・Isle of Dogs/犬ヶ島
・The Day the Earth Stood Still/地球が静止する日
・Split/スプリット
・Ready Player One/レディ・プレイヤー1
・いぬやしき/INUYASHIKI
・Singularity/クロノス・コントロール
・風の谷のナウシカ/Nausicaa of the Valley of the Wind
・Rocky V/ロッキー5/最後のドラマ
・Rocky Balboa/ロッキー・ザ・ファイナル
・Argo/アルゴ
・Detroit/デトロイト
・The Last Emperor/ラストエンペラー
・Creed/クリード チャンプを継ぐ男
・Gladiator/グラディエーター
・The Godfather/ゴッドファーザー
・The Godfather Part II/ゴッドファーザー PART II
・The Godfather Part III/ゴッドファーザー PART III
・Córki dancingu/The Lure/ゆれる人魚
・A History of Violence/ヒストリー・オブ・バイオレンス
・Félicité/わたしは、幸福(フェリシテ)
・The Last Man/ラストマン 世紀末の男
・Deadpool 2/デッドプール2
・Signs/サイン
・Loving Vincent/ゴッホ 最期の手紙
・Solo:A Star Wars Story/ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
・Cowboys & Aliens/カウボーイ & エイリアン
・Hangman/ハングマン
・Colossal/シンクロナイズドモンスター
・Big Fish/ビッグ・フィッシュ
・The Shawshank Redemption/ショーシャンクの空に
・Unsane/アンセイン~狂気の真実~
・Ocean's 8/オーシャンズ8
・Apt Pupil/ゴールデンボーイ
・Children of Men/トゥモロー・ワールド
・Olympus Has Fallen/エンド・オブ・ホワイトハウス
・Girl,Interrupted/17歳のカルテ
・Manchester by the Sea/マンチェスター・バイ・ザ・シー
・Renegades/ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
・Maudie/しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
・London Has Fallen/エンド・オブ・キングダム
・Solo:A Star Wars Story/ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(吹替版)
・The Mummy/ザ・マミー/呪われた砂漠の王女
・You Were Never Really Here/ビューティフル・デイ
・All the Money in the World/ゲティ家の身代金
・Mission:Impossible-Ghost Protocol/ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
・CASSHERN
・Venom/ヴェノム
・Wonder/ワンダー 君は太陽
・The Meg/MEG ザ・モンスター
・Mission:Impossible-Rogue Nation/ミッション:インポッシブル-ローグ・ネイション
・La Marche de l'empereur/March of the Penguins/皇帝ペンギン
・Freddie Mercury,The Untold Story/フレディ・マーキュリー アントールド・ストーリー
・Black Rain/ブラック・レイン
・Atropa/グラビティ 繰り返される宇宙
・Le Redoutable/グッバイ・ゴダール!
・Borg McEnroe/ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男
・The Mummy/ハムナプトラ/失われた砂漠の都
・L'empereur/March of the Penguins 2:The Next Step/皇帝ペンギン ただいま
・12 Strong/ホース・ソルジャー
・Terminal/アニー・イン・ザ・ターミナル
・万引き家族/Shoplifters
・American Made/バリー・シール/アメリカをはめた男
・Kill Switch/Redivider/リディバイダー
・Rampage/ランペイジ 巨獣大乱闘
・Ant-Man and the Wasp/アントマン&ワスプ
・The Lovely Bones/ラブリーボーン
・Miami Vice/マイアミ・バイス
・Gotti/ギャング・イン・ニューヨーク
・Red Sparrow/レッド・スパロー
・Basquiat/バスキア
・Fantastic Beasts:The Crimes of Grindelwald/ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
・I, Tonya/アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
・A Star Is Born/アリー/スター誕生
・Mission:Impossible-Fallout/ミッション:インポッシブル-フォールアウト
・The Girl in the Spider's Web/蜘蛛の巣を払う女
・Bohemian Rhapsody/ボヘミアン・ラプソディ
・照和 My Little Town KAI BAND
・破れたハートを売り物に
・Aquaman/アクアマン
・John Q./ジョンQ -最後の決断-

 こんな感じで、2020年も映画を観まくろう。バタバタで乾いた生活に潤いを...。

cf.
- 2004年を振り返る●Cinema編●
- 2005年を振り返る●Cinema編●
- 2006年を振り返る●Cinema編●
- 2007年を振り返る●Cinema編●
- 2008年を振り返る●Cinema編●
- 2009年を振り返る●Cinema編●
- 2010年を振り返る●Cinema編●
- 2011年を振り返る●Cinema編●
- 2012年を振り返る●Cinema編●
- 2013年を振り返る●Cinema編●
- 2014年を振り返る●Cinema編●
- 2015年を振り返る●Cinema編●
- 2016年を振り返る●Cinema編●
- 2017年を振り返る●Cinema編●
- 2018年を振り返る●Cinema編●
- 2019年を振り返る●Cinema編●

|

« 2020 新年のご挨拶@西新井 & 西新井大師 #17 | Main | 北沢湯@上北沢 #2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事