« 蛇崩川緑道 #42 | Main | 「Iron Sky/アイアン・スカイ」を観た »

Monday, November 02, 2020

「Papillon/パピヨン」を観た

Papillon 面白そうだったので観てみたリメイク版「Papillon/パピヨン」(2017/Cinema)について。
 こんなあらすじ。胸に蝶の刺青を入れていることから"Papillon"と呼ばれた男(Charlie Hunnam)は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領の南米ギアナの流刑地"悪魔島"に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪され、過酷な強制労働を科せられていた。脱獄を決意したPapillonは、紙幣偽造で逮捕されたDega(Rami Malek)に目をつけ、Degaの身を守ることを条件に逃亡費用を稼ごうとする...。
 これ、無実の罪で終身刑を言い渡されて南米の流刑地の島へ送られ、そこで想像を絶する苦しみを味わいながらも、決して屈することなく自由を求めて何度も脱獄に挑み続けた男を描いた脱獄映画。冤罪を晴らすべく、脱獄に執念を燃やす男の悲壮感や焦燥感、消耗感が伝わり、精神に異常をきたす極限状況の描写が凄かった。1973年版の「Papillon/パピヨン」もいつか観てみたい。

|

« 蛇崩川緑道 #42 | Main | 「Iron Sky/アイアン・スカイ」を観た »

映画・テレビ」カテゴリの記事