« 蛇崩川緑道 #71 | Main | 弦巻 #94 »

Tuesday, December 21, 2021

「戦国自衛隊」を観た #2

Sengokujieitai2 ひさびさに観直した「戦国自衛隊」(1979/Cinema)について。
 こんなあらすじ。日本海沿岸で大演習を展開していた自衛隊。伊庭義明三尉(千葉真一)を隊長とする陸上自衛隊は、演習に参加するため移動の最中、補給地ごと戦国時代にタイムスリップしてしまった。自衛隊員等は、のちの上杉謙信となる長尾平三景虎(夏八木勲)に加担し、天下を取ることを決意する。長尾景虎は越後から西 へ進んで浅井・朝倉連合を、伊庭は南へ進んで信濃の川中島で武田信玄を討ち破って京で再び会おうと約束し、進発した...。
 中学生のころ、半村良さんの原作を読み、映画館に観に行ったもの。奇想天外なストーリー自体が面白いし、邦画とは思えない大作ぶりがいい。広大な土地で膨大なエキストラを投入し、リアルな馬を使った合戦風景など、当時の角川映画って、ちゃんと金をかけて、ハリウッドに対抗できる大作を作ろうという気慨があったと思う。いい時代でした。

|

« 蛇崩川緑道 #71 | Main | 弦巻 #94 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 蛇崩川緑道 #71 | Main | 弦巻 #94 »