Sunday, June 25, 2023

サザン45 周年‼️ 感謝の“45曲”ライブ配信特番「それ、何年? そうねだいたいね」on YouTube

356366278_6383756568384005_6238125621943 356081836_6383756565050672_3023789978863

 サザン45 周年‼️ 感謝の“45曲”ライブ配信特番「それ、何年? そうねだいたいね」on YouTube。19時から3時半、じっくり楽しんだ。しっかし、濃厚乳糖入りの黒、うちゅうLANIAKEAとサザンの曲に合うなあ。

356216709_6385000614926267_3734742320116

|

Saturday, June 24, 2023

「Andor/キャシアン・アンドー」を観た

Andor 最近観てるDisney+のStar Wars実写ドラマ。今回はいまさらだけど、「Andor/キャシアン・アンドー」(2022/Drama)を。
 こんなあらすじ。強力な企業当局の統治下にあるとある惑星で、ひとりの男が己の密かな目的のために静かに動いていた。自身の過去を引きずり、その突発的な行動のせいで厄介な事態を招いてしまう。企業保安本部の捜査隊から追われる身となってしまったこの男の名はキャシアン・アンドー。彼はまだ知らない。この帝国の支配に染まってしまった銀河で虐げられる人々に反抗心の火をつけるのは自分だということに...。
 名作「Rogue One:A Star Wars Story/ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016)で、冷静沈着な情報将校として命懸けのミッションに挑んだ「キャシアン・アンドー」を主人公にして、映画の前日譚が描かれている。で、このドラマ、Star Warsらしいファンタジーさがなく、ヨーロッパの戦争映画みたいに硬派なポリティカル・スリラーだった。いい意味で良作なドラマ、Season2も楽しみです。

● Andor/キャシアン・アンドー (2022/Drama)
・Episodes 1:Kassa/キャサ
・Episodes 2:That Would Be Me/俺かもしれない
・Episodes 3:Reckoning/報いの音
・Episodes 4:Aldhani/アルダーニ
・Episodes 5:The Axe Forgets/やった側は忘れる
・Episodes 6:The Eye/目
・Episodes 7:Announcement/声明
・Episodes 8:Narkina 5/ナーキーナ・ファイブ
・Episodes 9:Nobody's Listening!/誰も聞いちゃいない!
・Episodes 10:One Way Out/道はひとつ
・Episodes 11:Daughter of Ferrix/フェリックスの娘
・Episodes 12:Rix Road/リックス通り

|

Tuesday, June 13, 2023

刀削麺 西安飯荘@五反田 #7

351463032_6341797329246596_2396586085337 352992661_6341797342579928_7518846684532 352815481_6341797345913261_7710440901784 352226660_6341797339246595_6851677262384 352505978_6341797335913262_1848244734283 351454168_6341797332579929_1863704070686

 今日はTisとLuちゃん、ありがとう送別会。場所は最強コスパな五反田「刀削麺 西安飯荘」。しっかし辛くて、紹興酒飲みすぎ。ごちそうさまでした。

|

Tuesday, May 02, 2023

「Gannibal/ガンニバル」を観た

Gannibal1

 ちょっと前ですが、「Gannibal/ガンニバル」(2022/Drama)、ハマりました。
 日本らしい暗さ、閉塞感、村八分、疎外感、じとじとさ、うっとうしさ...を感じながらのノンストップホラー。いやーたまんないです。Season2があってほしい。

●ストーリー:
都会から遠く離れた山間の“供花村”に、家族と共に駐在として赴任した阿川大悟(柳楽優弥)。しかし、美しい村には、ある噂があった―この村では人が喰われるらしい…。警察官としての信念で真相を探る大悟だが、やがて村の穏やかな日常が“おそろしい”顔を見せ始める。次々と起こる不可解な出来事に、友好的だがどこか不気味な村人たち…大悟はすべてに疑心暗鬼になり、狂気の淵へ追いつめられてゆく。おかしいのは自分か、やつらなのか…。

|

Saturday, April 22, 2023

「Obi-Wan Kenobi/オビ=ワン・ケノービ」を観た

Obiwankenobi  ぼちぼち観まくってるDisney+のStar Wars実写ドラマ。今回はいまさらだけど、「Obi-Wan Kenobi/オビ=ワン・ケノービ」(2022/Drama)を。
 こんなあらすじ。オーダー66による粛清を逃れた10年後、元ジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービは惑星タトゥイーンで「ベン」として隠れ住み、ルークを陰ながら見守っていた。そんな中、帝国の大審問官、フィフス・ブラザー、サード・シスターはタトゥイーンでジェダイ狩りを徹底しており、追われたジェダイのナリはオビ=ワンに助けを求めるが拒否され、処刑されてしまう。さらにサード・シスターはオビ=ワンをあぶりだすため、惑星オルデランのレイアを誘拐させる...。
 これ、「Star Wars EpisodeIII:Revenge Of The Sith/スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐」から10年後という設定で、ルークを見守り、レイアを救い出すオビ=ワンの物語が描かれている。これも過去作品とのリンクがKeyで、暗黒卿ダース・ベイダーと再びライトセイバーを交えるのがハイライト。ただ、あのEP3での衝撃的なシーンを覚えている身としては正直迫力にかける。救いは幼きレイアが愛すべき存在で描かれているし、FLEA(レッチリ)の出演もびっくりだった。
ともかく、SW正史に深い敬意を表し、数々のスピンオフを救い、こんなオリジナル作品を作っているスタッフたちに感謝です。

● Obi-Wan Kenobi/オビ=ワン・ケノービ (2022/Drama)
・Part I/パート1
・Part II/パート2
・Part III/パート3
・Part IV/パート4
・Part V/パート5
・Part VI/パート6

|

Saturday, April 15, 2023

「One Plus One/The Rolling Stones」を観た

Therollingstones_oneplusone Jean-Luc Godard監督が撮ったThe Rolling Stonesの映画「One Plus One」(1978/Cinema)を観た。
 これ、1968年「Sympathy for the Devil/悪魔を憐れむ歌」のレコーディングを収めたドキュメンタリーに、Godardの社会運動や風刺が差し込まれた映像で構成されている。
 個人的にはこの社会運動シーンよりも、あの「Sympathy for the Devil」がこうやって完成したのかがわかるのがよかった。60年代、70年代の混沌さが伝わった映像だった。

cf. The Rolling Stones My CD/DVD List
The Stones In The Park (1969/DVD)
Hot Rocks1964-1971 (1971/Album)
Ladies and Gentlemen (1974/Cinema)
- One Plus One (1978/Cinema)
-
 Muddy Waters & The Rolling Stones Live At The Checkerboard Lounge(1981/DVD)
Rolling Stones Live at the Max (1991/DVD)
Rock And Roll Circus (1996/DVD)
Live Licks (2004/Album)
A Bigger Bang (2005/Album)
Rarities 1971-2003 (2005/Album)
The Rolling Stones Shine A Light (2008/Cinema)
Some Girls Live in Texas '78 (2011/Cinema)
The Rolling Stones Charlie Is My Darling (2012/DVD)
GRRR! (2012/Album)
The Rolling Stones:Crossfire Hurricane (2012/Cinema)
The Rolling Stones:Sweet Summer Sun-Hyde Park Live (2013/Cinema)
The Rolling Stones:Sweet Summer Sun-Hyde Park Live #2 (2013/Cinema)
The Rolling stones From The Vault:L.A.Forum Live In 1975 (2014/DVD)
The Rolling stones From The Vault:Hampton Coliseum Live In 1981(2014/DVD)
The Rolling stones From The Vault:The Marquee Club Live in 1971 (2015/DVD)
The Rolling stones From The Vault:Live At The Tokyo Dome 1990 (2015/DVD)
The Rolling stones From The Vault:Live In Leeds 1982 (2015/DVD)
-
 Totally Stripped (2016/DVD)
The Rolling Stones:Havana Moon (2016/Cinema)
Ole Ole Ole!:A Trip Across Latin America (2016/DVD)
The Rolling stones From The Vault:Sticky Fingers Live at the Fonda Theatre 2015 (2017/DVD)

|

Saturday, April 08, 2023

「湯道」パンフレットを読んだ

Yudophanf 先日観た銭湯の映画「湯道」(2023)を。そのパンフについて。
 映画を観てからあらためてこのパンフを読んだんだけど、さらに深くこの映画を楽しめるものになってる。キャストに加え、鈴木雅之(監督)と小山薫堂(企画/脚本/"湯道"の家元)のインタビューが載っている。
 で、やっぱりこの映画のよさは凝りまくった銭湯の美術。映画の舞台である「まるきん温泉」、湯船が洗い場の真ん中にある関西スタイルに、関東の富士山ペンキ絵、ひとつひとつの掲示ポスター、下駄箱からボイラー室までリアリティーが凄すぎる。さらに、パンフのとじ込みに塩谷歩波による「図解"まるきん温泉"」があって、これはうれしい。
 この映画、銭湯みたいに気持ちがほっこり暖まって、ちょっと泣けたけど、一番好きなシーンは、天童よしみとクリス・ハートによる「上を向いて歩こう」。これは泣けたです。またいつか観たい映画です。

|

Saturday, April 01, 2023

「Babel/バベル」を観た #3

Babel_3 ひさびさに観直した「Babel/バベル」(2006/Cinema)について。
 こんなあらすじ。モロッコで羊を狙うジャッカルの退治に父親からライフルを渡された遊牧民の兄弟は、射撃の腕を競ううちに遠くのバスを標的にしてしまう。この銃撃を受けて負傷したのが、お互いへの不信感を抱えながらモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦Richard(Brad Pitt)と妻Susan(Cate Blanchett)。そして、その旅行中の夫婦の子供たちの面倒を見るベビーシッターはメキシコ人不法就労者Amelia(Adriana Barraza)。夫婦がモロッコでの事故で帰れない中、息子の結婚式のために夫婦の子供達を連れ、国境を越えてメキシコに戻るAmeliaは、その帰りに国境を強行突破してしまう。さらにそのライフルの元の持ち主は日本人の綿谷(役所広司)で、彼の娘・千恵子(菊地凛子)は聾唖者の女子高校生。母親を亡くした泣くしたショックから立ち直れない千恵子は愛を求めて町をさ迷う...。
 モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本。4つの国を舞台につながり、言葉が通じない、心が通じないといったどこにも届かない想いを伝える物語。1つの悲劇が遠く離れた各地をつなげていくんだけど、それぞれの救いようのない悲劇には子供がかかわっていて、大人達の無責任さが浮き彫りにされている。この作品はコミュニケーションの問題を描いていると思うんだけど、メキシコ人不法就労者のベビーシッターのくだりは今回もひき込まれました。

|

Friday, February 24, 2023

「湯道」を観た

332511681_585173909912521_10630147682820

 今日はお休みいただき、銭湯の映画「湯道」(2023/Cinema)を。ひさしぶりの日本映画だったけど、銭湯みたいに気持ちがほっこり暖まって、ちょっと泣けました。さ、今日も銭湯に行こう〜。

|

Monday, February 06, 2023

「The Book of Boba Fett/ボバ・フェット」を観た

Thebookofbobafett いまさら観た「The Mandalorian Season 1/マンダロリアン シーズン1」(2019)と「The Mandalorian Season 2/マンダロリアン シーズン2」(2020)に続いて観てみた「The Book of Boba Fett/ボバ・フェット」(2021/Drama)について。
 こんなあらすじ。ボバ・フェットは暗殺者フェネック・シャンドと手を組み、かつてジャバの縄張りを乗っ取り、後釡として"大名"になった。そんなボバは、巨大クリーチャーのサルラックに丸呑みされ、自力で脱出するも砂漠の真ん中で気を失い、ジャワにヘルメットやアーマーを盗まれ、砂漠の民タスケン・レイダーに連れ去られて奴隷として扱われていた...。
 これ、「The Mandalorian/マンダロリアン」シリーズと同じく、「Star Wars:Return of the Jedi/ジェダイの帰還」から5年後、「Star Wars:The Force Awakens/フォースの覚醒」の25年前という設定になっていて、「The Mandalorian/マンダロリアン」とリンクする「マンダロリアン シーズン2.5」といった位置づけになる。
 テレビドラマとは思えない壮大な舞台美術がいいんだけど、この作品のよさはやっぱり。過去作品との見事なリンクだと思う。「Star Wars:Return of the Jedi/ジェダイの帰還」で、サルラックの穴に飲み込まれ、死んだと思われたボバが脱出するシーンに始まり、砂漠の民タスケン・レイダーに凌辱されながらも地位と友情を勝ち取り、ジャバのかつて縄張りを乗っ取るあたりはほんとたまらない。怪物ランコアは出てくるし、ナブースターファイターが出てくるし、強引なほどのリンクだった。
 SW正史に深い敬意を表し、数々のスピンオフを救い、こんなオリジナル作品を作っているスタッフたちに感謝です。

● The Book of Boba Fett/ボバ・フェット (2021/Drama)
・Chapter 1:Stranger in a Strange Land/異星のはぐれ者
・Chapter 2:The Tribes of Tatooine/タトゥイーンの部族
・Chapter 3:The Streets of Mos Espa/モス・エスパの町
・Chapter 4:The Gathering Storm/迫りくる嵐
・Chapter 5:Return of the Mandalorian/マンダロリアンの帰還
・Chapter 6:From the Desert Comes a Stranger/砂漠から来た流れ者
・Chapter 7:In the Name of Honor/名誉のために

|

より以前の記事一覧