Monday, May 23, 2022

「INVITATION/AI #7」(WOWOW)を観た

Ai_wowow

 WOWOWの音楽番組「INVITATION/AI #7」について。
 ゴスペル、安室奈美恵との出会い、様々なアーティストとのコラボ、そして三浦大知。誰からも愛されるキャラ、ほんと素敵な人だと思う。

● On Air Set List:INVITATION/AI #7 (WOWOW)
M-01. Story
M-02. His Eye Is On The Sparrow
M-03. Not So Different Remix feat. Awich
M-04. ハピネス
M-05. I Want You Back
M-06. Billie Jean
M-07. Thriller
M-08. Heal the World
M-09. Man In The Mirror
M-10. IN THE MIDDLE feat. 三浦大知
M-11. アルデバラン
* Guest Artist:三浦大知,Awich
* Produced by WOWOW in association with FUJI PACIFIC MUSIC.

|

Saturday, May 21, 2022

「東京スカパラダイスオーケストラ Music Video Collection 前編/後編」(WOWOW)を観た

Tokyoskaparasiseorchestra_musicvideowowo

 WOWOWで放送された「東京スカパラダイスオーケストラ Music Video Collection 前編/後編」について。
 これ、スカパラのMusic Videoがイッキに放送されたもの。これはいい。
 特によかったのは、パリでメリーゴーランドの「ラシアン カウボーイ」、Beat強烈な「ジャングル ブギ」、スリリングなSKA「ハプニング」、Coolなギムラの「ブルーマーメイド」、どこか昭和な「愛があるかい?」、大声で歌いたい「Dear My Sister」、初期の名曲「火の玉ジャイヴ」、That's SKA「フィルムメイカーズ・ブリード~頂上決戦~」、田島の声とよく合う「めくれたオレンジ」、チバのだみ声で「カナリヤ鳴く空」、民生とのこの曲のコラボで歌モノが完成した「美しく燃える森」、Liveの定番「DOWN BEAT STOMP」、スカパラのVocalistとして欣ちゃんの立ち位置が決定した「銀河と迷路」、Latinな「STROKE OF FATE」、性急でロマンティックな「TONGUES OF FIRE」、ハナレグミの巧さ「追憶のライラック」、Charaのウィスパーヴォイス「サファイアの星」、ヒロトの優しさで「星降る夜に」、伊藤ミキオの声も合う「Pride of Lions」、民生アゲイン「流星とバラード」、どこかスリリングな「水琴窟-SUIKINKUTSU- feat.上原ひろみ」、存在感ある「縦書きの雨 feat.中納良恵」、中納良恵ってすごいと思う「黄昏と遊ぶ猫」、Popなハナレグミとのコラボ「太陽と心臓」、細美武士の力強いVocalで「Diamond in your heart」、Fesの定番「閃光 feat.10-FEET」、モンパチのたゆたゆさがいい「流れゆく世界の中で feat. MONGOL800」、アジカンのPower Pop「Wake Up feat.ASIAN KUNG-FU GENERATION」、まるでロシア民謡な「ペドラーズ」、Pianoが美しい「The Last」、尾崎世界観 Meets スカパラで「爆音ラヴソング」、これも世界観で「めくったオレンジ」、片平里奈との昭和歌謡「嘘をつく唇」、KEN YOKOYAMAとのパンクで「道なき道、反骨の。」、こんな曲もあったんだ「さよならホテル」、どこの銭湯?「Girl On Saxphone」、峯田の狂暴性も飲み込んだ「ちえのわ feat.峯田和伸」、力強いTOSHI-LOWのパンク「野望なき野郎どもへ feat.TOSHI-LOW(BRAUMAN / OAU)」、宮本のクセがあるVocalで「明日以外すべて燃やせ(feat.宮本浩次)」、大らかさがいい「リボン feat.桜井和寿」、スリリングな「HAMMERHEAD」、優しいaikoの「Good Morning~ブルー・デイジー feat.aiko」、アレキさが浮かぶ「ALMIGHTY~仮面の約束 feat.川上洋平」、こんなコラボもあったとは「めでたしソング feat.ムロツヨシ」あたり。永久保存します。

● On Air Set List:東京スカパラダイスオーケストラ Music Video Collection 前編 (WOWOW)
M-01. ホール イン ワン
M-02. ラシアン カウボーイ
M-03. ジャングル ブギ
M-04. ワールド フェイマス
M-05. レッツ グミグミ
M-06. ハプニング
M-07. ブルーマーメイド
M-08. 愛があるかい?
M-09. Dear My Sister
M-10. 火の玉ジャイヴ
M-11. フィルムメイカーズ・ブリード~頂上決戦~
M-12. めくれたオレンジ
M-13. カナリヤ鳴く空
M-14. 美しく燃える森
M-15. DOWN BEAT STOMP
M-16. 銀河と迷路
M-17. A Quick Drunkard
M-18. 世界地図
M-19. STROKE OF FATE
M-20. TONGUES OF FIRE
M-21. 追憶のライラック
M-22. サファイアの星
M-23. 星降る夜に
M-24. Come On!
M-25. Pride of Lions
M-26. Routine Melodies
M-27. KinouKyouAshita
M-28. 流星とバラード
M-29. 水琴窟-SUIKINKUTSU- feat.上原ひろみ
M-30. Break into the Light~約束の帽子~
M-31. All Good Ska is One
M-32. 縦書きの雨 feat.中納良恵

● On Air Set List:東京スカパラダイスオーケストラ Music Video Collection 後編 (WOWOW)
M-01. 黄昏と遊ぶ猫
M-02. 太陽と心臓
M-03. Diamond in your heart
M-04. 閃光 feat.10-FEET
M-05. 流れゆく世界の中で feat. MONGOL800
M-06. Wake Up feat.ASIAN KUNG-FU GENERATION
M-07. ペドラーズ
M-08. The Last
M-09. 爆音ラヴソング
M-10. めくったオレンジ
M-11. 嘘をつく唇
M-12. 道なき道、反骨の。
M-13. さよならホテル
M-14. Girl On Saxphone
M-15. 白と黒のモントゥー feat.斎藤宏介(UNIZON SQUARE GARDEN)
M-16. ちえのわ feat.峯田和伸
M-17. Glorius
M-18. Te Quiero con Bugalui(テ・キエロ・コン・ブガルー) feat.iLe
M-19. 野望なき野郎どもへ feat.TOSHI-LOW(BRAUMAN / OAU)
M-20. メモリー・バンド
M-21. This Challenger
M-22. 明日以外すべて燃やせ(feat.宮本浩次)
M-23. 遊戯みたいに
M-24. リボン feat.桜井和寿
M-25. 風のプロフィール feat.習志野高校吹奏楽部
M-26. HAMMERHEAD
M-27. Good Morning~ブルー・デイジー feat.aiko
M-28. 倒れないドミノ
M-29. Great Conjuction 2020
M-30. ALMIGHTY~仮面の約束 feat.川上洋平
M-31. 多重露光 feat.川上洋平
M-32. 会いたいね。゚(゚´ω`゚)゚。 feat.長谷川白紙
M-33. めでたしソング feat.ムロツヨシ

|

Friday, May 20, 2022

「Simulation Theory/MUSE」を観た

Muse_simulationtheory MUSEのLive映像「Simulation Theory」(2020/DVD)について。
 2018年にReleaseされたALbum「Simulation Theory」でのTourで、2019/9/14,15にO2 Arenaでの公演が収録されたLive Filmがこれ。TRONのような、Daft PunkのようなSF仕立てのRock Concertがこれ。Digital Beatだけど生身のRock Tuneが満載だった。
 特によかったのは、「Drill Sergeant / Psycho」、「The Dark Side」、「Thought Contagion」、「Uprising」、「Propaganda」、大シンガロングの「Dig Down」、高揚感が凄い「Mercy」、「Prelude / Starlight」、そして「Metal Medley (Stockholm Syndrome,The Handler,Assassin,New Born)」あたり。やっぱり凄い3piece Bandだと思う。

● Simulation Theory/MUSE (2020/DVD)
M-01. Algorithm
M-02. Pressure
M-03. Drill Sergeant / Psycho
M-04. Break It to Me
M-05. Pray (High Valyrian)
M-06. The Dark Side
M-07. Supermassive Black Hole
M-08. Thought Contagion
M-09. Uprising
M-10. Propaganda
M-11. Madness
M-12. The Void
M-13. Dig Down
M-14. Mercy
M-15. Take a Bow
M-16. Prelude / Starlight
M-17. Algorithm
M-18. Metal Medley (Stockholm Syndrome,The Handler,Assassin,New Born)
* Filmed Live at O2 Arena,London on 14th,15th Sep.2019.

cf.MUSE My CD/DVD List
- Simulation Theory (2020/DVD)

|

Thursday, May 19, 2022

「AJICO Tour 接続」(WOWOW)を観た

Ajico_toursetsuzoku

 WOWOWで放送された「AJICO Tour 接続」について。
 20年ぶりに再始動したAJICO、2021/6/13 中野サンプラザで収録されたLive映像がこれ。湿度は案外なくて、どこか荒涼と枯れた音楽がいい。4人ならではの研ぎ澄まされた音がかぶさってくる。
 特によかったのは、「美しいこと」、メロの明るさがいい「L.L.M.S.D. -Lonely Lonely Magic Smley Dress-」、SHERBETSより「Black Jenny」、20年ぶりの新曲「接続」、世界観が凄い「悲しみジョニー」、UAの名曲「情熱」、BLANKEY JET CITYの名曲「ぺピン」、これもUAの曲で「アントニオの唄」、雄大な「カゲロウソング」、そして透き通った「水色」あたり。いいLiveだった。

● On Air Set List:AJICO Tour 接続 (WOWOW)
M-01. 深緑
M-02. 美しいこと
M-03. すてきなあたしの夢
M-04. フリーダム
M-05. L.L.M.S.D. -Lonely Lonely Magic Smley Dress-
M-06. Black Jenny
M-07. 接続
M-08. 惑星のベンチ
M-09. 金の泥
M-10. 悲しみジョニー
M-11. 地平線 Ma
M-12. 情熱
M-13. ぺピン
M-14. 庭
M-15. アントニオの唄
M-16. カゲロウソング
M-17. 波動
M-18. 水色
* Filmed Live at Nakano Sun Plaza on 13th.Jun.2021.
* AJICO:UA(Vocal),浅井健一(Guitar,Vocal),TOKIE(Bass),椎野恭一(Drums) and 鈴木正人(Keyboards)
* Produced by WOWOW in association with SEXY STONES RECORDS,KA,SPEEDSTAR RECORDS,利休

|

Tuesday, May 17, 2022

「Ms. Lauryn Hill In Concert Baloise Session 2018」を観た

Laurynhill_baloisesession Lauryn HillのLive映像「Ms. Lauryn Hill In Concert Baloise Session 2018」(2018/DVD)について。
 これ、彼女の名盤「The Miseducation of Lauryn Hill」(1998)発売20周年を記念したWorld Tourで、Swiss / Baloiseで行われたもの。あの枯れた歌声がHip-Hopにのって、今でも独自のGrooveを生んでいる。それにしても大好きなAlbumだった。
 特によかったのは、「Final Hour」、「Every Ghetto,Every City」、「Forgive Them Father」、MellowなFlowの「Ex-Factor」、Arrangeが秀逸な「Can't Take My Eyes Off You」、「To Zion」、Beatが気持ちいい「Doo Wop (That Thing)」、メロが最高な「Killing Me Softly With His Song」、The Fugees!!「Fu-Gee-La」あたり。ひさびさに聴き直したくなった。

● Ms. Lauryn Hill In Concert Baloise Session 2018/Lauryn Hill (2018/DVD)
M-01. Lost Ones
M-02. Everything Is Everything
M-03. Final Hour
M-04. Every Ghetto,Every City
M-05. Forgive Them Father
M-06. Ex-Factor
M-07. Can't Take My Eyes Off You
M-08. To Zion
M-09. Doo Wop (That Thing)
M-10. Killing Me Softly With His Song
M-11. Fu-Gee-La
M-12. Ready or Not
* Filmed Live at Event Halle,Baloise,Swiss on 5th.Nov.2018.
* (c)SESSION BASEL LTD 2018.

|

Sunday, May 08, 2022

「私をスキーに連れてって」を観た

Watashiwoski あまりに懐かしいだけど、ほんとひさびさに観た「私をスキーに連れてって」(1987/Cinema)について。
 こんなあらすじ。商社に勤める"矢野"(三上博史)は会社ではさえない商社マンで、スキーの腕は凄いが女性と喋れず、仲間が連れて来る女性にもまったく興味をもたなかった。クリスマスイブ、矢野は志賀高原でスキー仲間の"泉"(布施博)、"小杉"(沖田浩之)、"羽田"(高橋ひとみ)、"佐藤"(原田貴和子)と滑走していると、雪に埋もれた"池上"(原田知世)を見つけ、彼女に一目惚れしてしまう...。
 バブル絶頂期で、自分もその中で泳いだり、もまれたりしていた頃の話。ワンピのウェア、ゲレンデでのトランシーバー、スキーを立てて組み合わせて休む感じ、新宿から出る深夜のスキーバス、ユーミンの"SURF & SNOW"...今観るとだいぶ変だけど、あの時はこうだった。いやー、こっ恥ずかしい青春映画だった。

|

Sunday, May 01, 2022

「佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA『ヤァ! 40年目の武道館 & 大阪城ホール』」(WOWOW)を観た

Motoharusano_yah40th

 WOWOWで放送された「佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA『ヤァ! 40年目の武道館 & 大阪城ホール』」について。
 これ、佐野元春の40周年記念Live「MOTOHARU SANO & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA 40TH ANNIVERSARY YAH!」で、2021/3/13の日本武道館、2021/4/4の大阪城ホールの映像が収録されたもの。MOTOのLive映像はほんとひさびさで、高1の新宿厚生年金会館も、高2の横浜市文化体育館も、みんな大事な思い出。ともかくありがとう、MOTO!!
 特によかったのは、優しいBEATのこの曲でスタートした「ジュジュ」、前へ向かう曲「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」、詩がしみる「レインボー・イン・マイ・ソウル」、静かなPianoのイントロだけで泣けてくる「ハートビート」、この曲には思い出がありすぎる「ロックンロール・ナイト」、強いBEATのROCK TUNE「ヤング・フォーエバー」、どこかLatinの「バイ・ザ・シー」、大人のRock「誰かの神」、このPianoのイントロで気持ちがあがる「悲しきレイディオ」、いつも勇気をもらった「SOMEDAY」、この曲ですべてが始まった「アンジェリーナ」、そしてただただ最高な「約束の橋」あたり。いい時間だった。

● On Air Set List:佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA「ヤァ! 40年目の武道館 & 大阪城ホール」(WOWOW)
M-01. ジュジュ
M-02. ナポレオンフィッシュと泳ぐ日
M-03. 新しい航海
M-04. レインボー・イン・マイ・ソウル
M-05. ハートビート
M-06. ワイルド・ハーツ
M-07. 愛が分母
M-08. ヤァ!ソウルボーイ
M-09. ロックンロール・ナイト
M-10. ヤング・フォーエバー
M-11. 禅ビート
M-12. バイ・ザ・シー
M-13. La Vita e Bella
M-14. エンタテイメント!
M-15. 誰かの神
M-16. 優しい闇
M-17. 悲しきレイディオ
M-18. SOMEDAY
M-19. アンジェリーナ
M-20. 約束の橋
* Filmed Live at Nippon Budokan on 13th.Mar.2021 and at Osaka-Jo Hall on 4th.Apr.2021.
* THE COYOTE GRAND ROCKESTRA:佐野元春 Guitar,Vocal、小松シゲル Drums、深沼元昭 Guitar、藤田順 Guitar、高桑圭 Bass、渡辺シュンスケ Keys、Dr.kyOn Piano,Organ、大井"スパム"洋輔 Percussions、山本拓夫 Brass、西村浩 Brass
* Produced by WOWOW.

|

Thursday, April 28, 2022

「生中継! ユニコーンツアー2021『ドライブしようよ』ファイナル日本武道館」(WOWOW)を観た

Unicorn_budokan2021

 WOWOWで放送された「生中継! ユニコーンツアー2021『ドライブしようよ』ファイナル日本武道館」について。
 これ、ユニコーンのLive映像で、「ユニコーンツアー2021『ドライブしようよ』」で、2021/11/24での日本武道館、Tour Finalが生中継されたもの。去年2021年8月にReleaseされた17th Album「ツイス島&シャウ島」のTourで、テッシー以外の全員がリーゼントの60年代Rock'n Rollないで立ちで登場していた。楽しむおっさん達、いいと思う。
 特によかったのは、凝りまくったAmerican Hard RockなOpeningからの「ZG」、嫌いじゃない「WAO!」、民生らしい大きなBalladの「ロックンローラーのバラード」、ABEDONのRockka Balladの「夢 Me Tender」、いい感じの高揚感で「Boys&Girls」、Disco Tuneで「チラーRhythm」、いまでも破壊力ある「服部」、メロが気持ちいい「ツイス島&シャウ島」、そしてHardなリフの「KEEP ON ROCK'N ROLL」あたり。Album「ツイス島&シャウ島」は早く聴かねば。

● On Air Set List:生中継! ユニコーンツアー2021「ドライブしようよ」ファイナル日本武道館 (WOWOW)
M-01. ZG
M-02. WAO!
M-03. スペースカ―ボーイズ
M-04. 紅CAR
M-05. 短歌のやつ
M-06. 西の外れの物語
M-07. R&Rはぐれ侍
M-08. ロックンローラーのバラード
M-09. 夢 Me Tender
M-10. ミレー
M-11. Go Back Is Alright!
M-12. 米米米
M-13. Boys&Girls
M-14. チラーRhythm
M-15. オレンジジュース
M-16. 服部
M-17. ツイス島&シャウ島
M-18. RRQ
M-19. KEEP ON ROCK'N ROLL
* Filmed Live at Nippon Budokan,Tokyo on 24th.Nov.2021.
* Produced by WOWOW.

M-01. ツイス島&シャウ島 (PV)
M-02. スペースカ―ボーイズ (PV)
M-03. ミレー (PV)
M-04. ZERO (PV)

|

Tuesday, April 26, 2022

「INVITATION/佐野元春 #6」(WOWOW)を観た

Motoharusano_wowow

 WOWOWの音楽番組「INVITATION/佐野元春 #6」について。
 第6回は佐野元春 & THE COYOTE BAND。この番組で初めて聴く曲も多かったけど、やっぱりいいなって思う。もう一度Albumを聴こうと思った。特によかったのは、コロナ禍の中の希望の歌「合言葉-Save It for a Sunny Day」、強烈BEATの「禅ビート」、Guitarのリフがいい「ポーラスタア」、東京スカパラダイスオーケストラ ホーンセクションとの「愛が分母」、今でもCOOLな「COMPLICATION SHAKEDOWN」、1928年のBlues「Corrine,Corrina」、80年代テイストの「銀の月」あたり。いい番組です。

● On Air Set List:INVITATION/佐野元春 #6 (WOWOW)
M-01. 合言葉-Save It for a Sunny Day
M-02. 禅ビート
M-03. ポーラスタア
M-04. 愛が分母
M-05. COMPLICATION SHAKEDOWN
M-06. Corrine,Corrina
M-07. 銀の月
M-08. 純恋(すみれ)
* Guest Artist:東京スカパラダイスオーケストラ ホーンセクション NARGO(Tp.),北原雅彦(Tb.),GAMO(Ts.)
* Produced by WOWOW in association with FUJI PACIFIC MUSIC.

|

Thursday, April 21, 2022

「INVITATION/ユニコーン #5」(WOWOW)を観た

Unicorn_wowow

 WOWOWの音楽番組「INVITATION/ユニコーン #5」について。
 第5回はユニコーン。古舘伊知郎とメンバーの対談を観ていて、復活ユニコーンにおけるABEDONの功績がよくわかった。特によかったのは、斎藤宏介によるトリビュート「デジタルスープ」、Coverで「カッコマン・ブギ」、川西が歌う「ZG」、EBIが歌う「米米米」、PUFFYによる「エッサフォッサ」、名曲「すばらしい日々」、そしてRock'n Rollの楽しさの「ツイス島&シャウ島」あたり。いい番組です。

● On Air Set List:INVITATION/ユニコーン #5 (WOWOW)
M-01. WAO!
M-02. デジタルスープ
M-03. カッコマン・ブギ
M-04. ZG
M-05. 米米米
M-06. エッサフォッサ
M-07. すばらしい日々
M-08. ツイス島&シャウ島
* Guest Artist:PUFFY,斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN / XIIX)
* Produced by WOWOW in association with FUJI PACIFIC MUSIC.

|

より以前の記事一覧