Wednesday, December 13, 2017

「Hi-STANDARD LIVE『MAKING THE ROAD TOUR』@赤坂BLITZ 10/12/1999」(Space Shower TV)を観た

Histandard_1999tourfinal1

 今年2017年、18年ぶりにNew Album「The Gift」(2017)をReleaseしたHi-STANDARD。それに合わせて、スペシャでは「10/7は『ハイスタDAY』! 10時間半連続でHi-STANDARDを大特集!」が組まれてた。その中の1つ、「Hi-STANDARD LIVE『MAKING THE ROAD TOUR』@赤坂BLITZ 10/12/1999」について。
 これ、1999年ハイスタが名盤「MAKING THE ROAD」Releaseを記念して行ったTourから、最終日の1999/10/12(火)に赤坂BLITZで行われ、スペシャで生中継されたTour Finalの超貴重なLive映像をアンコール放送したもの。金髪姿の若い3人を観れるんだけど、ともかく観客が男も女もみんなが次々とMoshしまくってて、ほんと物凄い映像。StageのLightも基本明るいまんまで、全部が丸見えなところもやたらかっこいい。
 ともかくひっかかった曲は、不朽の名曲「Dear My Friend」、KenのLead Guitarが最高な「ENDLESS TRIP」、イッキカセイな勢いの「GLORY」、入り方とアゲ方が最高なThe Mamas And The PapasのCoverで「California Dreamin'」、ひたすらJumpしたくなる「SUMMER OF LOVE」、PopなMelody LineでBlack SabbathのCoverで「CHANGES」、Hornも入ったSka Punkの「LIFT ME UP DON'T BRING ME DOWN」、沖縄も入ってる「ASIAN PRIDE」、性急だけどMelodiousな「NOTHING」、ハイスタの方向性を示した「Sunny Day」、KenのファルセットなVocalがいいMinnie RipertonのCover「LOVIN' YOU」、会場が爆発した「STAY GOLD」、Chorusがきれいな「Brand New Sunset」、KenのShoutと難波の主旋律がかっこいい「MAKING THE ROAD BLUES」、星に願いをかける歌「STARRY NIGHT」、Mosh Floorの熱が頂点になった「MAXIMUM OVERDRIVE」、Circle Moshもできてみんな楽しそうな「MOSH UNDER THE RAINBOW」あたり。
 いよいよ明後日に迫った「Hi-STANDARD "THE GIFT TOUR"」の12/14(木)さいたまスーパーアリーナ w/マキシマム ザ ホルモン。こんなに待ち遠しいLiveはほんとひさしぶりだ。

● On Air Set List:Hi-STANDARD LIVE「MAKING THE ROAD TOUR」@赤坂BLITZ 10/12/1999 (Space Shower TV)
M-01. TURNING BACK
M-02. STANDING STILL
M-03. TEENAGERS ARE ALL ASSHOLES
M-04. Dear My Friend
M-05. ENDLESS TRIP
M-06. GLORY
M-07. PINK PANTHER THEME
M-08. California Dreamin'[The Mamas And The Papas]
M-09. SUMMER OF LOVE
M-10. CHANGES [Black Sabbath]
M-11. TINKERBELL HATES GOATEES
M-12. LIFT ME UP DON'T BRING ME DOWN
M-13. ASIAN PRIDE
M-14. NOTHING
M-15. Sunny Day
M-16. LOVIN' YOU [Minnie Riperton]
M-17. STAY GOLD
M-18. THE SOUND OF SECRET MINDS
M-19. Brand New Sunset
M-20. MAKING THE ROAD BLUES
=Encore=
M-21. pentax [ukulele ver]
M-22. STARRY NIGHT
M-23. MAXIMUM OVERDRIVE
M-24. MOSH UNDER THE RAINBOW
M-25. TURNING BACK
* Filmed Live at Akasaka Blitz,Tokyo on 12th.Oct.1999.
* (C)2000 SPACE SHOWER NETWORKS.
M-26. Brand New Sunset(P.V)

| | TrackBack (0)

「SUMMER SONIC 2017」(WOWOW)を観た

Summersonic2017

 この2017年夏も幕張で開催された「SUMMER SONIC 2017」。8/19(土),20(日)の東京会場では、HeadlinerにCALVIN HARRISとFOO FIGHTERSを迎えたサマソニだけど、その模様がWOWOWで「SUMMER SONIC 2017 ~MARINE スペシャル~」と「SUMMER SONIC 2017 ~メッセ スペシャル~」として放送された。
 ともかくひっかかったArtistについて。
・5 SECONDS OF SUMMER:初めてLive映像を観たけど、POPだし音の構築美がいい。ほんと華があるBandだ。
・BLACK EYED PEAS:Fergieがいないのは残念だったけど(CLは善戦!)、曲の良さとHipHopのやさしさが伝わるStageだった。しっかし「I Gotta Feeling」のシンガロングは気持ちよかった。
・Blame:光と音とBeatの洪水。マジでAlbumを買ってみようかな。
・THE STRUTS:ド派手で70年代風のLooksで、音はPOPなUK Band。Vocalは若き長髪のFreddieそっくり。
・INABA・SALAS:Stevie SalasのLatinノリのGuitarと稲葉浩志のVocal。日本語で歌うんだね。
・ALL TIME LOW:Punk! サークルモッシュが出現した。
・ROYAL BLOOD:BassとDrumsだけとは思えない音の厚さ。
・MAN WITH A MISSION:Marine満タンのマンウィズ。この「Dog Days」はメロディアスでいいし、「FLY AGAIN」はホントアゲアゲ。
・BABYMETAL:ここまでクルと認めざるを得ない...。
・FOO FIGHTERS:でっかい音、分厚い音、すべて全力な王道American Rock。しっかしDaveの笑顔をいい。「Best of You」は名曲だし、「Everlong」は名曲だ。
・amazarashi:独自の世界観だけど、やっぱり熱い。
・ミオヤマザキ:HardなDigital Beat。
・女王蜂:異物感がたまらない。そろそろLive観たい。
・DUA LIPA:曲がDramaticで美しい。
・SILENT SIREN:Popだし、その演奏力もまずまず。
・エレファントカシマシ:3年前の冬、この曲に助けられた「今宵の月のように」とちゃんと聴きたくなった「風と共に」。
・TRF:「寒い夜だから...」と「survival dAnce ~no no cry more~」、もう名曲すぎて鳥肌が立った。
・KUNGS:MerancolicなDJ Play。
・Suchmos:デカい室内のLiveもいい。
・Mrs.GREEN APPLE:この「WanteD! WanteD!」の高揚感がいい。
・中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ:きゃりーと中田ヤスタカが同じStageに立っている映像は初めてかも。なんかアガッた。
・Perfume:SONICMANIA、行きたかった。しっかしDanceがキレキレ。
・PHOENIX:どこかEthnicでPsychedelic。
・ABOVE & BEYOND:歌モノでTechonoでElectro Beat。
・KASABIAN:踊りたくなるRock。
・SWMRS:Punk! 吐き捨てるChorusがいい。
・さユり:激しい情感。
・Little Glee Monster:結構歌がうまいんだね。
・Xmas Eileen:Reggae Rhythm!
・OLDCODEX:HardcoreとPaintingの融合。
・ORBITAL:Digital Beatの勝利。
・Fear, and Loathing in Las Vegas:素直に楽しそう。
・GLIM SPANKY:この「美しい棘」、たゆたゆしてて酒に合う。
・RICK ASTLEY:思ったほど老けていない。しっかし「Never Gonna Give You Up」、聴きたかった。
・PENNYWISE:相変わらずのブ厚い音。
・LIAM GALLAGHER:不敵なStagingで変わらない。ただ声量が少ない気がした。ともかくSonicmaniaは観たかった。
・GOOD CHARLOTTE:客がめちゃめちゃ盛り上がってる。
・クリープハイプ:赤いLightningがこの「鬼」に似合うし、「イト」は音の厚さが絶妙だ。
・SUM41:Punkだし、Edgeが効いてるし、やっぱかっこいい。
・VAMPS:このBandのカリスマ性は認めざるをえない。

 せめてSonicmaniaだけでも行ってみたかった。

● On Air Set List:SUMMER SONIC 2017 (WOWOW)
=Marine Stage DAY-1=
M-01. PPAP (Pen Pineapple Apple Pen)/PIKOTARO(ピコ太郎)
M-02. SUMMER SONIC ONDO/PIKOTARO(ピコ太郎)
M-03. PPAP MIYAKO REMIX/PIKOTARO(ピコ太郎)
M-04. Break My Heart/HEY VIOLET
M-05. Unholy/HEY VIOLET
M-06. Brand New Moves/HEY VIOLET
M-07. Come to My Door/JOSE JAMES
M-08. Trouble/JOSE JAMES
M-09. Ladies Man/JOSE JAMES
M-10. Live Your Fantasy/JOSE JAMES
M-11. THE BADDEST FEMALE/CL
M-12. LIFTED/CL
M-13. HELLO BITCHES/CL
M-14. I AM THE BEST/CL
M-15. TYCOON/UVERworld
M-16. 7th Trigger/UVERworld
M-17. WE ARE GO/UVERworld
M-18. PRAYING RUN/UVERworld
M-19. Girls Talk Boys/5 SECONDS OF SUMMER
M-20. Don't Stop/5 SECONDS OF SUMMER
M-21. Waste the Night/5 SECONDS OF SUMMER
M-22. Jet Black Heart/5 SECONDS OF SUMMER
M-23. She Looks So Perfect/5 SECONDS OF SUMMER
M-24. Where Is the Love/BLACK EYED PEAS
M-25. I Gotta Feeling/BLACK EYED PEAS
M-26. Blame/CALVIN HARRIS
M-27. Slide/CALVIN HARRIS
M-28. We Found Love/CALVIN HARRIS
M-29. Summer/CALVIN HARRIS
M-30. Sweet Nothing/CALVIN HARRIS

=Marine Stage DAY-2=
M-01. Could Have Been Me/THE STRUTS
M-02. One Night Only/THE STRUTS
M-03. Stuck in My Teeth/CIRCA WAVES
M-04. Fire That Burns/CIRCA WAVES
M-05. OVERDRIVE/INABA・SALAS
M-06. AISHI-AISARE/INABA・SALAS
M-07. Weightless/ALL TIME LOW
M-08. Dear Maria, Count Me In/ALL TIME LOW
M-09. I Only Lie When I Love You/ROYAL BLOOD
M-10. Little Monster/ROYAL BLOOD
M-11. database/MAN WITH A MISSION
M-12. Dog Days/MAN WITH A MISSION
M-13. FLY AGAIN/MAN WITH A MISSION
M-14. BABYMETAL DEATH/BABYMETAL
M-15. メギツネ/BABYMETAL
M-16. Road of Resistance/BABYMETAL
M-17. KARATE/BABYMETAL
M-18. The Pretender/FOO FIGHTERS
M-19. Walk/FOO FIGHTERS
M-20. Times Like These/FOO FIGHTERS
M-21. Best of You/FOO FIGHTERS
M-22. Everlong/FOO FIGHTERS

=Mountain Stage,Sonic Stage,Rainbow Stage,Sonicmania DAY-1=
M-01. moonlight/Sano ibuki
M-02. Alabama/Lenny code fiction
M-03. 空に歌えば/amazarashi
M-04. She Said/SUNDARA KARMA
M-05. 正義の歌/ミオヤマザキ
M-06. Young Offenders/HIGH TYDE
M-07. ヴィーナス/女王蜂
M-08. Forever Summer Holiday/Kero Kero Bonito
M-09. Come On,I'm Waiting/COMMUNIONS
M-10. Good Girls/LANY
M-11. IDGAF/DUA LIPA
M-12. MASITNONSOUL/HYUKOH
M-13. So Good/ZARA LARSSON
M-14. Humongous/DECLAN MCKENNA
M-15. フジヤマディスコ/SILENT SIREN
M-16. 今宵の月のように/エレファントカシマシ
M-17. 風と共に/エレファントカシマシ
M-18. 寒い夜だから.../TRF
M-19. survival dAnce ~no no cry more~/TRF
M-20. I Feel So Bad/KUNGS
M-21. MINT/Suchmos
M-22. OVERSTAND/Suchmos
M-23. WanteD! WanteD!/Mrs.GREEN APPLE
M-24. Love Don't Lie/中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ
M-25. にんじゃりばんばん/中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅ
M-26. FLASH/Perfume
M-27. GLITTER/Perfume
M-28. If you wanna/Perfume
M-29. Ti Amo/PHOENIX
M-30. Fior Di Latte/PHOENIX
M-31. エキセントリック/欅坂46
M-32. 二人セゾン/欅坂46
M-33. 危なっかしい計画/欅坂46
M-34. Sun & Moon(Club Mix)/ABOVE & BEYOND
M-35. アイオクリ/miwa
M-36. ヒカリへ/miwa
M-37. You're in Love with a Psyco/KASABIAN
M-38. Club Foot/KASABIAN

=Mountain Stage,Sonic Stage,Rainbow Stage,Sonicmania DAY-2=
M-01. 青の旅/The Songbards
M-02. ONE STEP BEYOND/PassCode
M-03. Network System/Survive Said The Prophet
M-04. Palm Trees/SWMRS
M-05. 十億年/さユり
M-06. Ga1ahad and Scientific Witchery/Mili
M-07. Fantasy/Little Glee Monster
M-08. Happy/Little Glee Monster
M-09. SUN/Little Glee Monster
M-10. Treasure/Little Glee Monster
M-11. Uptown Funk/Little Glee Monster
M-12. Thriller/Little Glee Monster
M-13. 明日へ/Little Glee Monster
M-14. Show Me Your Courage/TOTALFAT
M-15. HERO/MONSTA X
M-16. Beautiful/MONSTA X
M-17. LAST HERO/BLUE ENCOUNT
M-18. March/Xmas Eileen
M-19. Where'd They Go?/OLDCODEX
M-20. Satan/ORBITAL
M-21. Jump Around/Fear, and Loathing in Las Vegas
M-22. Words/JASMINE THOMPSON
M-23. 美しい棘/GLIM SPANKY
M-24. Keep Singing/RICK ASTLEY
M-25. Cry for Help/RICK ASTLEY
M-26. My Friends Over You/NEW FOUND GLORY
M-27. Choose me/BAND-MAID
M-28. Society/PENNYWISE
M-29. Don't Let Me Down/DAYA
M-30. Night People/YOU ME AT SIX
M-31. Rock'n' Roll Star/LIAM GALLAGHER
M-32. Morning Glory/LIAM GALLAGHER
M-33. The Anthem/GOOD CHARLOTTE
M-34. Lifestyles of the Rich & Famous/GOOD CHARLOTTE
M-35. 鬼/クリープハイプ
M-36. イト/クリープハイプ
M-37. Me,Myself & I/G-EAZY
M-38. Over My Head(Better off Dead)/SUM41
M-39. Fat Lip/SUM41
M-40. Still Waiting/SUM41
M-41. CALLING/VAMPS
M-42. AHEAD/VAMPS
M-43. B.Y.O.B.(BRING YOUR OWN BLOOD)/VAMPS
* Filmed Live at ZOZO Marine Stadium & Makuhari Messe,19th,21th Aug.2017.
* Produced by WOWOW in association with creativeman.

| | TrackBack (0)

Monday, December 11, 2017

「HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2017」(Space Shower TV)を観た

Hajiketemazare2017

 HEY-SMITH主催のFes.「HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2017」。この模様がスペシャで「HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2017」として放送された。
 これ、2017/9/10(日)大阪府泉大津フェニックスで行われたもので、HEY-SMITHと親交の深いBandが集結し、HAZIKETESTAGE/MAZARE STAGE/HAZIMAZA BOXの3つのStageで開催された。いやーめちゃめちゃ熱い。で、特にジーンときたのは、HEY-SMITHの解散の危機について語るKen Yokoyama。復活したヘイスミを称えるところはほんといい話だった。特によかったLiveはこれ。
・dustbox:ヘイスミへの強い愛を感じた。
・MAN WITH A MISSION:巨大な人の波が揺れていて、物凄い光景だった。
・SHANK:3pieceでメロコア。しっかし「Set the fire」はいい曲だ。
・SiM:MoshとCloudsurfinの波。
・Ken Yokoyama:客席にマイクを投げて歌い始めるKen。Stage脇で見守るArtistの数がすごい。
・THE ORAL CIGARETTES:こんなに気合いの入ったORALは初めてかも。
・HEY-SMITH:熱いPunkを届けたいというBandの意思が伝わった。

 10-FEETの京都大作戦、SiMのDEAD POP FESTiVAL...やっぱりBand主催のFes.はいい。

● 出演Artist:
HEY-SMITH、coldrain、Crossfaith、dustbox、GOOD4NOTHING、Ken Yokoyama、MAN WITH A MISSION、ROTTENGRAFFTY、SHADOWS、SHANK、SHIMA、SiM、THE ORAL CIGARETTES、04 Limited Sazabys、and more Performance:team GOOD SKATES
MC:冠徹弥(THE冠)

● On Air Set List:HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2017 (Space Shower TV)
M-01. Squall/04 Limited Sazabys
M-02. 零戦 SOUNDSYSTEM/ROTTENGRAFFTY
M-03. USUAL THING/SHIMA
M-04. Still Believing/dustbox
M-05. monolith/Crossfaith
M-06. STOMPING STEP/GOOD4NOTHING
M-07. FLY AGAIN/MAN WITH A MISSION
M-08. BEK/SHADOWS
M-09. FINAL DESTINATION/coldrain
M-10. Set the fire/SHANK
M-11. Blah Blah Blah/SiM
M-12. Let The Beat Carry On/Ken Yokoyama
M-13. 狂乱 Hey Kids!!/THE ORAL CIGARETTES
M-14. Let It Punk/HEY-SMITH
M-15. Skate or Die/HEY-SMITH
M-16. Stop The War/HEY-SMITH
* Filmed Live at Osaka Izumiohtsu Phenix on 10th Sep.2017.
* (C) 2017 SPACE SHOWER NETWORKD INC.

| | TrackBack (0)

代官山通信Vol.140

Daikanyama140 ちょっと前に届いたサザンFAN CLUBの会報「代官山通信 Vol.140」について。
 前号に続き、今号の特集もSolo Debut30周年を迎えた桑田佳祐。New Album「がらくた」リリース以降のスペシャとかのTVや「Pen」とか雑誌出演の模様、ひたちなかでのRIJF2017、「茅ヶ崎物語~MY LITTLE HOMETOWN~」で収録された烏帽子岩でのLiveシーンなどなど充実の内容。しっかしボウリング好きなのね。
 それにしても11/11(土)東京ドームで観た"桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」"はよかった。来年はまだサザンをやってくれるはず。来年も楽しみ。

| | TrackBack (0)

Wednesday, December 06, 2017

「SWEET LOVE SHOWER 2017」(Space Shower TV)を観た

Sls2017

 今年2017年夏も山中湖で行われたFes.「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017」。今年も3日間にわたって開催されただけど、このFes,模様が9時間にわたってSpace Shower TVで放送されたので、ジワジワと観てみた。
 この「SWEET LOVE SHOWER 2017」、2017/8/25(金)、8/26(土)、8/27(日)に今年も山梨県山中湖交流プラザきららにて行われたもの。去年の5月に山中湖に行った時、このきららに行ってみたけど、Mt.FUJI STAGEと呼ばれるStageは常設されてるし、湖畔ごしに見る富士山があまりに雄大でいい風が吹いていてほんと気持ちよかった。そんな山中湖を舞台に今年もいいFes.が行われていた。
 ひっかかったStageはこれ。
・Saucy Dog:いい感じの3Piece Guitar Band。
・ReN:湖からの風が気持ちよさそう。
・BRADIO:DiscoでSoulful、結構ツボ。
・SiM:上からの映像では台風のようなCircle Moshができていた。
・HEY-SMITH:PunkでReggaeでHornってほんとによく合う。
・WANIMA:そろそろLive観たい。
・04 Limited Sazabys:Power Pop!
・東京スカパラダイスオーケストラ:スカパラで自由に踊っている映像はいつみても幸せな気分になる。で、「道なき道、反骨の」は谷中が歌ってた。
・SUPER BEAVER:ここ数年イッキにキテルと思う。音源聴いてみようかな。
・マキシマム ザ ホルモン:夏のRIJF2017で復活ホルモンを観れ、これから12月にハイスタとの対バンとCDJ1718で観れる幸せ。
・MONOEYES:Scottの声もいい「Borders & Walls」とほんと名曲な「My Instant Song」と日本語でシンガロングの「グラニート」。
・NAMBA69:12月のさいたまスーアリでのハイスタを糧に生きている。
・THE BAWDIES:この「IT'S TOO LATE」でイッキに気になった。
・エレファントカシマシ:この「今宵の月のように」で力ももらった3年前。
・キュウソネコカミ:朝からMt.Fuji Stageが満タン。
・10-FEET:朝からモッシュとクラウドサーフィン。
・SHE'S:Opening Actだけど絶対クルと思う。
・水曜日のカンパネラ:客の頭上で歌う。彼女にStageはいらない。
・yonige:Bandとしての佇まいも音もいい。
・Fear, and Loathing in Las Vegas:ElectroでDeath MetalでPopなMixture。ずっと気になってる。
・DYGL:Leid Backした音がよかった。
・KICK THE CAN CREW:切ない美メロの「アンバランス」。
・フレデリック:やっぱりピンとこない。
・ヤバイTシャツ屋さん:凄い砂ぼこりの中、3PieceでPunkでMelodic。マジでLiveみたいBand。
・NICO Touches the Walls:なんだかんだで曲はいいと思う。
・銀杏BOYZ:峯田のShoutに呼応するForest Stage。それにしても「BABY BABY」は性春だと思うし、シンガロングに泣けてくる。
・CORNELIUS:BGVもかっこいいし、ほんと機能的でCoolだけどジワっと熱い。
・サカナクション:巨大なClub Music。
・My Hair is Bad:今年出会ったBandで一番ひっかかったのがこのマイヘア。New Albumも絶対聴こう。
・SHISHAMO:こんなにかっこいいBandだったっけ。
・GLIM SPANKY:サイケな佇まいにゴリゴリのHard Rock。
・レキシ:去年のCDJ1617で2回も聴いた「KTMR645」、十二単衣の「SHIKIBU」、PopでFunkの「きらきら武士」。
・Cocco:「強く儚い者たち」、ひさびさに聴いたけど鳥肌が立った。
・never young beach:Vocalの声質がピンとこない。
・Dragon Ash:「Mix It Up」はここ最近のOpening Numberでやっぱりアガル。それにしてもKenKenの後ろのかかってるIKUZONEのシャツがうれしい。
・Suchmos:この過去のラブシャでの映像を観て、Suchmosにひっかかった。
・[Alexandros]:いつ聴いても気持ちいい上昇感の「ワタリドリ」とMy Favorite Songの「Adbenture」。
・クリープハイプ:「火まつり」を聴いてあらためて長谷川カオナシの声もいいと再認識。
・OKAMOTO'S:音も声もMelodyも好きなんだけど、どこか夜明け前。
・PAELLAS:ゆったりしたMelodyが湖畔に似合う。
・plenty:ずっとひっかかってたBandだった。
・久保田利伸:変わらないって大事。

 というわけで今年も映像で堪能したラブシャ、いつか行ってみたい。

●「SWEET LOVE SHOWER 2017」出演Artist:
DAY1:アルカラ/エレファントカシマシ/THE ORAL CIGARETTES/coldrain/SiM/SUPER BEAVER/DATS/東京スカパラダイスオーケストラ/NAMBA69/BIGMAMA/04 Limited Sazabys/BRADIO/BLUE ENCOUNT/HEY-SMITH/THE BAWDIES/マキシマム ザ ホルモン/MONOEYES/WANIMA/Saucy Dog/ReN/DJやついいちろう(エレキコミック)
DAY2:KANA-BOON/KICK THE CAN CREW/キュウソネコカミ/9mm Parabellum Bullet/銀杏BOYZ/CORNELIUS/サカナクション/水曜日のカンパネラ/sumika/DYGL/10-FEET/NICO Touches the Walls/Fear, and Loathing in Las Vegas/フレデリック/ポルノグラフィティ/ヤバイTシャツ屋さん/ゆるふわギャング/yonige/SHE'S/iri/DJピエール中野(凛として時雨)
DAY3:[Alexandros]/OKAMOTO'S/きゃりーぱみゅぱみゅ/久保田利伸/クリープハイプ/GLIM SPANKY/Cocco/Suchmos/SHISHAMO/Dragon Ash/never young beach/PAELLAS/平井大/plenty/My Hair is Bad/ゆず/Yogee New Waves/レキシ/Age Factory/阪本奨悟/石毛&ノブ(lovefilm)

● On Air Set List:SWEET LOVE SHOWER 2017 (Space Shower TV)
=Day1=
M-01. 走れエロス/BIGMAMA
M-02. Sweet Dreams/BIGMAMA
M-03. MUTOPIA/BIGMAMA
M-04. JUMP/BLUE ENCOUNT
M-05. もっと光を/BLUE ENCOUNT
M-06. SUMMER DIVE/BLUE ENCOUNT
M-07. グッバイ/Saucy Dog
M-08. Life Saver/ReN
M-09. スパイシーマドンナ/BRADIO
M-10. Back To The Funk/BRADIO
M-11. Fire In The Sky/coldrain
M-12. No Escape/coldrain
M-13. Faster Than The Clock/SiM
M-14. KiLLiNG ME/SiM
M-15. f.a.i.t.h./SiM
M-16. Endless Sorrow/HEY-SMITH
M-17. THANX/WANIMA
M-18. CHARM/WANIMA
M-19. 3017/アルカラ
M-20. 半径30cmの中を知らない/アルカラ
M-21. さすらい/アルカラ
M-22. Chicken race/04 Limited Sazabys
M-23. monolith/04 Limited Sazabys
M-24. Squall/04 Limited Sazabys
M-25. SKA ME CRAZY/東京スカパラダイスオーケストラ
M-26. ペドラーズ/東京スカパラダイスオーケストラ
M-27. 道なき道、反骨の/東京スカパラダイスオーケストラ
M-28. 証明/SUPER BEAVER
M-29. 青い春/SUPER BEAVER
M-30. 恋のメガラバ/マキシマム ザ ホルモン
M-31. ロッキンポ殺し/マキシマム ザ ホルモン
M-32. Borders & Walls/MONOEYES
M-33. My Instant Song/MONOEYES
M-34. グラニート/MONOEYES
M-35. HEROS/NAMBA69
M-36. Mobile/DATS
M-37. IT'S TOO LATE/THE BAWDIES
M-38. HOT DOG/THE BAWDIES
M-39. BLACK MEMORY/THE ORAL CIGARETTES
M-40. 狂乱 Hey Kids!!/THE ORAL CIGARETTES
M-41. トナリアウ/THE ORAL CIGARETTES
M-42. 今宵の月のように/エレファントカシマシ
M-43. 風と共に/エレファントカシマシ
M-44. 俺たちの明日/エレファントカシマシ

=Day2=
M-01. MEGA SHAKE IT/キュウソネコカミ
M-02. NO MORE 劣化実写化/キュウソネコカミ
M-03. ビビった/キュウソネコカミ
M-04. CHERRY BLOSSOM/10-FEET
M-05. RIVER/10-FEET
M-06. 1sec./10-FEET
M-07. OVER YOU/SHE'S
M-08. rhythm/iri
M-09. Black Market Blues/9mm Parabellum Bullet
M-10. ロング・グッドバイ/9mm Parabellum Bullet
M-11. Punishment/9mm Parabellum Bullet
M-12. マルコ・ポーロ/水曜日のカンパネラ
M-13. 一休さん/水曜日のカンパネラ
M-14. 桃太郎/水曜日のカンパネラ
M-15. さよならアイデンティティー/yonige
M-16. our time city/yonige
M-17. バトンロード/KANA-BOON
M-18. ないものねだり/KANA-BOON
M-19. フルドライブ/KANA-BOON
M-20. Jump Around/Fear, and Loathing in Las Vegas
M-21. Party Boys/Fear, and Loathing in Las Vegas
M-22. Virtue and Vice/Fear, and Loathing in Las Vegas
M-23. Take It Away/DYGL
M-24. Let It Out/DYGL
M-25. 千%/KICK THE CAN CREW
M-26. SummerSpot/KICK THE CAN CREW
M-27. アンバランス/KICK THE CAN CREW
M-28. オワラセナイト/フレデリック
M-29. まちがいさがしの国/フレデリック
M-30. かなしいうれしい/フレデリック
M-31. Tank-top of the world/ヤバイTシャツ屋さん
M-32. あつまれ!パーティーピーポー/ヤバイTシャツ屋さん
M-33. THE DAY/ポルノグラフィティ
M-34. オー!リバル/ポルノグラフィティ
M-35. アポロ/ポルノグラフィティ
M-36. THE BUNGY/NICO Touches the Walls
M-37. マシ・マシ/NICO Touches the Walls
M-38. 天地ガエシ/NICO Touches the Walls
M-39. Lovers/sumika
M-40. Summer Vacation/sumika
M-41. Make Up/ゆるふわギャング
M-42. 駆け抜けて性春/銀杏BOYZ
M-43. BABY BABY/銀杏BOYZ
M-44. いつか/どこか/CORNELIUS
M-45. Fit Song/CORNELIUS
M-46. Gum/CORNELIUS
M-47. SORATO(FES Ver.)/サカナクション
M-48. ミュージック/サカナクション
M-49. アイデンティティー/サカナクション
M-50. 多分、風。/サカナクション

=Day3=
M-01. アフターアワー/My Hair is Bad
M-02. 真赤/My Hair is Bad
M-03. BYE BYE/SHISHAMO
M-04. 明日も/SHISHAMO
M-05. Puke/Age Factory
M-06. 鼻声/阪本奨悟
M-07. きらきらキラー/きゃりーぱみゅぱみゅ
M-08. つけまつける/きゃりーぱみゅぱみゅ
M-09. 原宿いやほい/きゃりーぱみゅぱみゅ
M-10. アイスタンドアローン/GLIM SPANKY
M-11. 怒りをくれよ/GLIM SPANKY
M-12. 美しい棘/GLIM SPANKY
M-13. tonight/平井大
M-14. Story of Our Life/平井大
M-15. KTMR645/レキシ
M-16. SHIKIBU/レキシ
M-17. きらきら武士/レキシ
M-18. 強く儚い者たち/Cocco
M-19. Way Out/Cocco
M-20. 音速パンチ/Cocco
M-21. あまり行かない喫茶店/never young beach
M-22. fam fam/never young beach
M-23. Mix It Up/Dragon Ash
M-24. Jump/Dragon Ash
M-25. Fantasista/Dragon Ash
M-26. YMM/Suchmos
M-27. OVERSTAND/Suchmos
M-28. World is Mine/Yogee New Waves
M-29. Like Sixteen Candles/Yogee New Waves
M-30. ワタリドリ/[Alexandros]
M-31. Adbenture/[Alexandros]
M-32. 火まつり/クリープハイプ
M-33. ラブホテル/クリープハイプ
M-34. 百八円の恋/クリープハイプ
M-35. BROTHER/OKAMOTO'S
M-36. ROCKY/OKAMOTO'S
M-37. Anna/PAELLAS
M-38. ひとつ、さよなら/plenty
M-39. 傾いた空/plenty
M-40. LA・LA・LA LOVE SONG/久保田利伸
M-41. Bring me up!/久保田利伸
M-42. SUKIYAKI~Uewo muite arukou~/久保田利伸
M-43. サヨナラバス/ゆず
M-44. 少年/ゆず
M-45. 夏色/ゆず
M-46. 栄光の架橋/ゆず
* Filmed Live at Yamanaka-ko Koryu Plaza Kilala,Yamanashi-ken on 25th,26th,27th,Aug.2017.
* (C)2017 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

Monday, December 04, 2017

「The Gift/Hi-STANDARD」を聴いた

Histandard_thegiftHistandard_thegiftbenefitscd

 18年ぶり、Hi-STANDARDのNew Album「The Gift」(2017/Album)について。
 去年の10月、いきなりCDショップ店頭のみで16年ぶりのSingle「ANOTHER STARTING LINE」(2016)がReleaseされた時もびっくりしたけど、この18年ぶりのNew Albumも街中でOOHが出現したあと、Release直前に突然渋谷駅にTitle Tuneの「The Gift」の楽譜が描かれていたOOHが出現した。その後、この楽譜は配られ、Release前にこの曲をいろんな人が演奏する画像がYouTubeに出まくってた。
 で、フラゲの日、自分は会社の帰りに速攻渋谷タワレコに向かい、書きなぐられた店頭手書きPOPにテンションがアガった。で、レジでは「The Gift CD」という「The Gift」1曲が収録されたCDをもらえた。その裏ジャケには「あなたの大切な人にこのCDを渡して下さい。家族や恋人、学校の友人、会社の同僚、あのころ一緒にHi-STANDARDのライブに行っていた仲間、そしてHi-STANDARDの事を知らない人、大切な人とあなたの気持ちをシェアする為のギフトとしてこのCDを活用してください。」と書かれてた。いやー嬉しい事件がずっと続いている。
 そんな物語を生んできたハイスタだけど、3人がもう一度楽しく純粋に音楽とBandを楽しんでいることが伝わってくるAlbum。長い時間が経って、わだかまりを乗り越えてまた同じ方向に向けるようになった3人の思いが伝わってくる。
ともかく曲について。
・M-01「All Generations」:♪Here We Go Again~♪。またヤルゼという嬉しくなるOpening Tune。
・M-02「The Gift」:3人の力が集まって、この曲でいろんなことが動き出した。
・M-03「Can I Be Kind To You」:Punksの恋の歌。
・M-04「Going Crazy」:PunkishなRock Tune。Heavyなリフがいい。
・M-05「Time To Crow」:スゲーかっこいMelody Lineにのった歌詞がニワトリかよ。
・M-06「My Girl」:The TemptationsをCover。OldiesがPunkに。
・M-07「Hello My Junior」:息子へ贈る歌。気持ちいいChorusがいい。
・M-08「Big Ol' Clock」:デカイDrumsの音が流れを作ってる。
・M-09「We're All Grown Up」:成長してオトナになってケンカを水に流したって歌ってる。閉ざされた心がまた開いた歌。いろいろあったからこの歌詞は泣ける。
・M-10「Punk Rock Is The Answer」:♪Everything important and matters to me Yes,I learned it all from punk rock♪。まさにそう。
・M-11「Pacific Sun」:The Venturesバリのインスト。テケテケ感。
・M-12「I Know You Love Me」:HardなLove Song。
・M-13「Bridge Over Troubled Water」:Simon & Garfunkelの誰もが知ってるPop SongをCover。
・M-14「Free」:Popだけど、これぞMelodic Punk。
[Bonus Tracks]
・M-15「Friend Song」:残りの人生の友達になって欲しいと歌う。いやーいい曲だ。
・M-16「Cabbage Surfin'」: Bonus Trackだけど、3人でまた演奏できることのうれしさが伝わってくるClosing Tune。

 そして事件はさらに続いていて、絶賛開催中の「Hi-STANDARD "THE GIFT TOUR"」の12/14(木)さいたまスーパーアリーナ w/マキシマム ザ ホルモンにいける。こんなに待ち遠しいLiveはほんとひさしぶりだ。

● The Gift/Hi-STANDARD (2017/Album)
M-01. All Generations
M-02. The Gift
M-03. Can I Be Kind To You
M-04. Going Crazy
M-05. Time To Crow
M-06. My Girl
M-07. Hello My Junior
M-08. Big Ol' Clock
M-09. We're All Grown Up
M-10. Punk Rock Is The Answer
M-11. Pacific Sun
M-12. I Know You Love Me
M-13. Bridge Over Troubled Water
M-14. Free
[Bonus Tracks]
M-15. Friend Song
M-16. Cabbage Surfin'
* Hi-STANDARD are Akihiro Namba(Vo,B),Akira Tsuneoka(Ds),Ken Yokoyama(Gt.,Cho).
* All Songs by Hi-STANDARD.
* All Lyric by Akihiro Namba & Ken Yokoyama(Gt.,Cho).
* Produece by Hi-STANDARD.
* Recorded Engineered by Shouji Matsugane at Mega Hyper Studio & Studio Yellow Moon in Summer 2017.
* Mixed by Ryan Greene at RyaneGreeneCrushRecording.com,North Hollywood,California.
* Mastered by Gene Grimaldi at Oasis Mastering BUrbank,California.
* PZCA-81 2017 Pizza of Death Records.

cf. Hi-STANDARD My CD/DVD List
- Growing Up <輸入盤> (1995/Album)
- Making The Road <輸入盤> (1999/Album)
- Another Starting Line (2016/CDS)
- Vintage & New,Gift Shits (2016/CDS)
- The Gift (2017/Album)

| | TrackBack (0)

Friday, December 01, 2017

「V.I.P.-10-FEET 20th ANNIVERSARY SPECIAL-」(Space Shower TV)を観た

10feet_vipspaceshower

 5年ぶりにNew Album「Fin」をReleaseしたバンド結成20周年10-FEET。このタイミングでスペシャで放送された「V.I.P.-10-FEET 20th ANNIVERSARY SPECIAL-」について。
 今回、10-FEETの3人に対して、高橋茂雄(サバンナ)がインタビューをしてるんだけど、これがよかった。前作「thread」を超えることの難しさ、新作「Fin」で新しい作風を目指したときに感じた迷走、「アンテナラスト」と「1 size FITS ALL」の生みの苦しみ、東京スカパラダイスオーケストラとコラボした「HONE SKA」について、そして最後に高橋が10-FEETのメンバーに聞いた「なぜ武道館とかデカいところでやらないのか?」とか面白い話が多かった。
 さらにこの番組では、「京都大作戦2017」で放送されなかった未公開曲「BE FRIEND AGAIN」も放送されたし、モンスターロックのVJであるダイスケはんとナヲも出てきて過去の爆笑映像も放送された。
 ともかくNew Album「Fin」を聴かねばならない。

| | TrackBack (0)

Thursday, November 30, 2017

「ROCKS SPECIAL『Hi-STANDARD MAKING THE ROAD』」(Space Shower TV)を観た

Histandard_1999documentary

 18年ぶりにNew Album「The Gift」(2017)をReleaseしたHi-STANDARD。それに合わせて、スペシャでは「10/7は『ハイスタDAY』! 10時間半連続でHi-STANDARDを大特集!」が組まれてた。その中の1つ、「ROCKS SPECIAL『Hi-STANDARD MAKING THE ROAD』」について。
 これ、ハイスタの名盤「MAKING THE ROAD」(1999)に関し、そのRecordingや海外ツアーの模様などに密着したDocumentary番組で1999年にスペシャで放送されたもの。1999/5/2のNew York、1999/10/7のItalyの海外ツアーや新宿LOFTでのLive映像とかでは、3人のメチャメチャ熱いLiveが行われている。そして「MAKING THE ROAD」のRecording風景では、ともかく若い3人の佇まいが幼くて、やんちゃで微笑ましい気持ちになる。3人が楽しみながら名盤を作り上げたムードがこのOff Shotから伝わってくる。
 歴史を感じさせる貴重な映像満載の番組だった。

● On Air Set List:ROCKS SPECIAL「Hi-STANDARD MAKING THE ROAD」(Space Shower TV)
M-01. SUMMER OF LOVE
M-02. STANDING STILL
M-03. TROOPER
M-04. CALIFORNIA DREAMIN
M-05. DIGGING UP THE GROUND
M-06. NOTHING JUST ROCK
M-07. YOU AND ME
M-08. MOSH UNDER THE RAINBOW
M-09. BRAND NEW SUNSET
M-10. TURNING BACK
M-11. STAY GOLD (P.V.)
* (C)1999 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

Wednesday, November 29, 2017

「耳噛じる/マキシマム ザ ホルモン」を聴いた #2

Maximumthehormone_mimikajiru マキシマム ザ ホルモン、2015年3月発売の映像作品「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」(2015/DVD)に収録され、再レコーディングされたCD「CD「耳噛じる 真打」。これに伴い廃盤となってしまった1st Album「耳噛じる」 (2002/Album)について。
 この「耳噛じる」の廃盤のニュースは衝撃だった。で、速攻いろんなサイトを観て、購入に走ったけど、どこも売り切れで、唯一予約可だったアマゾンもめちゃめちゃ待たされた挙句、最終的に販売できずとの連絡がきてアウト。一応、アマゾンにクレーム言ったら、200円のクーポンくれたけど、あったま来たんであの日からアマゾンの利用をやめました。
 そんないわくの「耳噛じる」だけど、結局近所のブックオフでほぼ新品同様で売ってて、今回ひさびさに聴き直した。ともかく曲について。
・M-01「握れっっ!!」:今でもLiveの鉄板。この曲で何回アガッタことか。
・M-02「ジョニー鉄パイプ」:Hardcore!!だけどサビはPop。
・M-03「アバラ・ボブ」:この「アバラ・ボブ」3連発、ひさびさに聴きたくなった。
・M-04「ジョニー・ママミヤ・カリフォニア ~ジョニー鉄パイプⅡ~」:M-02「ジョニー鉄パイプ」の続編。やたらPunkish。
・M-05「三品 -SANPIN-」:スパーで3品でお得の話。小市民バンザイ。
・M-06「薄気味ビリー」:おどろおどろなMelodyからサビのPopなMelody Lineへ行くあたりがいい。
・M-07「NOBODYS」:Nobodysの2曲のメドレーカバー。
・M-08「人間エンピ」:子供の時も大人になっても世の中は人間エンピ。途中のヘドバンもメロコア感もシンガロングいい。
・M-09「パトカー燃やす(BONUS TRACK)」:ポリスに対する不満、その1。
・M-10「ポリスマンファック(BONUS TRACK)」:ポリスに対する不満、その2。2つの不満をボーナストラックにいれる若気の至りがいい。

 さ、1214さいたまスーパーアリーナでのハイスタとの対バンもあるし、1229幕張でのCDJ1718もある。夏のひたちなかに加え復活ホルモンのLiveに3回も行けるとは幸せな1年だ。

● 耳噛じる/マキシマム ザ ホルモン (2002/Album)
M-01. 握れっっ!!
M-02. ジョニー鉄パイプ
M-03. アバラ・ボブ
M-04. ジョニー・ママミヤ・カリフォニア ~ジョニー鉄パイプⅡ~
M-05. 三品 -SANPIN-
M-06. 薄気味ビリー
M-07. NOBODYS
M-08. 人間エンピ
M-09. パトカー燃やす(BONUS TRACK)
M-10. ポリスマンファック(BONUS TRACK)
* マキシマム ザホルモン:歌と6弦と弟:マキシマムザ亮君,キャーキャーうるさい方:ダイスケはん,4弦:上ちゃん,ドラムと女声と姉:ナヲ
* Songs Lyric & Music:マキシマムザ亮君,ダイスケはん(M-02,04),Nobodays(M-07)
* All Songs Arrangement:マキシマム ザ ホルモン
* Recorded by Mitsuyoshi Kishida at Sound In Studio.
* Directed by Ryosuke Shimobatake.
* Engineed by Atsushi Iwashimizu.
* Recorded And Mixed At Innig Studio.
* MCJL-00003 2002 33cij.Nippon Television Music Corporation.

cf. マキシマム ザ ホルモン My CD/DVD List
- ブルペン キャッチャーズ ドリーム (2000/CDS)
- (2001/Mini Album)
- 耳噛じる (2002/Album)
- 耳噛じる #2 (2002/Album)
- 延髄突き割る (2003/CDS)
- 糞盤 (2004/Album)
- 糞盤 #2 (2004/Album)
- ロック番狂わせ・ C/Wミノレバ☆ロック (2004/CDS)
- 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ・霊霊霊霊霊霊霊霊魔魔魔魔魔魔魔魔 (2004/CDS)
- ロッキンポ殺し (2005/Album)
- ロッキンポ殺し #2 (2005/Album)
- デブvsデブ -Debu Vs Debu- (2005/DVD)
- ざわ・・・ざわ・・・ざ・・ざわ・・・・・・ざわ (2005/CDS)
- 恋のメガラバ (2006/CDS)
- 恋のメガラバ #2 (2006/CDS)
- ぶっ生き返す (2007/Album)
- ぶっ生き返す #2 (2007/Album)
- Deco Vs Deco-デコ対デコ (2008/DVD)
- 爪爪爪・「F」 (2008/CDS)
- グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011~2011 (2011/CDS)
- 予襲復讐 (2013/Album)

| | TrackBack (0)

rockin'on 12 December 2017

Ro1712 最新号「rockin'on 12 December 2017」。気になった記事について。

 ●Noel Gallagher's High Flying Birds New Album "Who Built the Moon?":
 1st Lead Single「Holy Mountain」を聴いて、いきないの音のブ厚さにビックリ。たしかに大胆な実験作。Dance Actな曲作りだし、ModernなPsychedelicでこれは楽しみ。Liam Gallagherの"As You Were"と一緒に買うか!
 ●Liam Gallagher最新インタビュー:
 ファンや著名人からの質問に答えるもの。いい曲で素晴らしいヴォーカルでいい歌詞を楽しんでくれと自らのSolo Albumを評し、Beady Eyeを辞めた決心を語り、Sex Pistolsに入ってJohn Rottenを追い出したいと言う。面白かった!

 これ以外の記事では、Beck Live at Nippon Budokan、追悼Tom Petty、GREEN DAY New Album "Greatest Hits:God's Favorite Band"、Foo Fighters主催"Cal Jam 17"、ED SHEERANインタビュー、BJORK New Album "Utopia"、BOB GRUEN~70's PUNK IN NEW YORK CITY~、MARILYN MANSONインタビュー、JAMIROQUAIインタビューなど。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・Who Built the Moon?/Noel Gallagher's High Flying Birds (Album)
・Utopia/Bjork (Album)
・Greatest Hits:God's Favorite Band/Green Day (Album)

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧