Wednesday, October 09, 2019

「吉川晃司 35th Anniversary LIVE archives 35 ~WOWOW Special~」(WOWOW)を観た

Kojikikkawa_livearchives

 WOWOWで放送された「吉川晃司 35th Anniversary LIVE archives 35 ~WOWOW Special~」について。
 今年2019年にデビュー35周年を迎えた吉川晃司。その吉川の過去のLive映像をヒストリー的に追った番組がこれ。ういういしいけどどこか不敵なデビュー当時からずっと観れるだけど、変わらない身体能力の高さが凄い。2019年のRIJF2019でのGrass Stageでも観たけど、あのCymbal Kicksはやっぱり圧倒される。で、この映像の中でビックリしたのが亡くなったアベフトシがGuitarを弾いてるシーン。これは完全に泣けた。
 で、特によかったのは、この曲で吉川のことが好きになった大沢誉志幸作の「LA VIE EN ROSE」、やたら化粧が濃い1984年デビュー当時の「モニカ」、まさにアイドルだった「パラシュートが落ちた夏」、この映像は1985年だけど自分は1987年の昭和記念公園でのLiveに行ってる「サヨナラは八月のララバイ」、あの当時非常にかっこいいと思った「RAIN-DANCEがきこえる」、身体能力の高さゆえのDanceが凄い「LA VIE EN ROSE」、こんな曲もあったあった「No No サーキュレーション」、ほんと流行ってた「せつなさを殺せない」、R.I.P.Futoshi Abeの「Milky Way」、この曲の複雑なメロもよかった「MARILYNE」、これも売れた「キャンドルの瞳」、忌野清志郎作の「HOT PIE」、タメのあるリズムがいい「BOY'S LIFE」、強烈なBEATが好きだった「A-LA-BA・LA-M-BA」、COMPLEXの楽曲から「1990」、切ないBalladであの当時大好きだった「Rainy Lane」、中森明菜のCoverで「飾りじゃないのよ涙は」、シンガロングが起きてる「Juicy Jungle」、佐野元春作のMidium Tune「すべてはこの夜に」、このAlbumはほんとよく聴いた「Modern Time」、復活したComplexで吉川と布袋がステージ上で向かい合うシーンはほんと有名だった「BE MY BABY」、PopでMajorな「恋を止めないで」、壮大な「INNOCENT SKY 2011」、そりゃー盛り上がるに決まってる「モニカ」、今でも踊りまくれる「You Gotta Chance~ダンスで夏を抱きしめて~」、この歌の歌詞も好きだった「a day good night」、翔やんがほんとにうれしそうに歌ってる「にくまれそうなNEWフェイス feat.綾小路翔(氣志團)」、氣志團万博での存在感がたまらない「せつなさを殺せない」、左足骨折でもステージに立った「Weekend Shuffle」、メロディがどこか懐かしい「Dance To The Future」、Popなメロの「Baby Baby」、2018年になってもこのメロディーがたまらない「RAIN-DANCEがきこえる」、生方のGuitarがかっこいい「GOOD SAVAGE」、そして、ウエノの顔も見え、このサビが好きになってきた「Juicy Jungle」あたり。
 1987年の昭和記念公園と2010年のひたちなかで観た吉川晃司。またチャンスがあればぜひ観たい。

● On Air Set List:吉川晃司 35th Anniversary LIVE archives 35 ~WOWOW Special~ (WOWOW)
M-01. LA VIE EN ROSE <2018:KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life">
M-02. Dream On <2018:KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life">
M-03. フライデーナイト レビュー <1984:FILM AND LIVE よみうりホール>
M-04. モニカ <1984:KIKKAWA KOJI '84 FLYING PARACHUTE TOUR>
M-05. パラシュートが落ちた夏 <1984:フェス in 西武球場>
M-06. ポラロイドの夏 <1985:'85 吉川晃司 LIVE for Rockfeeling Kids in BUDOKAN>
M-07. サヨナラは八月のララバイ <1985:'85 JAPAN TOUR FINAL IN 東京昭和記念公園>
M-08. You Gotta Chance~ダンスで夏を抱きしめて~ <1987:DRASTIC MODERN TIME Tour Tokyo 8 Days Live>
M-09. RAIN-DANCEがきこえる <1987:DRASTIC MODERN TIME Tour Tokyo 8 Days Live>
M-10. LA VIE EN ROSE <1988:ZERO~Hi-VISION LIVE WORLD TOUR '88>
M-11. Lunatic LUNACY <1991:Lunatic LUNACY>
M-12. Virgin Moon <1991:Lunatic LUNACY>
M-13. No No サーキュレーション <1991:LAST SPECIAL EVENT ROLLING VOICE>
M-14. 終わらないSun Set <1991:LAST SPECIAL EVENT ROLLING VOICE>
M-15. FANTASIA <1993:SHYNESS OVER DRIVE 1992>
M-16. ジェラシーを微笑みにかえて <1993:SHYNESS OVER DRIVE 1992>
M-17. Dance With Memories <1993:SHYNESS OVER DRIVE 1992>
M-18. Purple Pain <1994:CONCERT TOUR 1994 My Dear Cloudy Heart>
M-19. VENUS ~迷い子の未来 <1994:CONCERT TOUR 1994 My Dear Cloudy Heart>
M-20. せつなさを殺せない <1994:CONCERT TOUR 1994 My Dear Cloudy Heart>
M-21. Rambling Rose <1996:Riding Together Live 1996 Summer Exit from GOLDEN YEARS EXPANDING 0015 GIGANTIC 2 DAYS LIVE Vol.2>
M-22. SPEED <1997:CONCERT TOUR '96~'97 BEAT x SPEED>
M-23. ROUTE 31 <1997:CONCERT TOUR '96~'97 BEAT x SPEED>
M-24. 星の降る夜に <1998:LIVE GOLDEN YEARS EXPANDING 0015 GIGANTIC 2 DAYS LIVE Vol.1>
M-25. KEY 胸のドアを暴け <2000:KIKKAWA KOJI LIVE 25th Year's Eve>
M-26. Milky Way <2000:KIKKAWA KOJI LIVE 25th Year's Eve>
M-27. Glow In The Dark <2000:HOT ROD MAN LIVE>
M-28. MARILYNE <2000:HOT ROD MAN LIVE from With xxx>
M-29. この雨の終わりに <2000:HOT ROD MAN LIVE>
M-30. キャンドルの瞳 <2000:HOT ROD MAN RETURNS LIVE 2000>
M-31. プリティ・デイト <2001:SOLID SOUL 2001>
M-32. HOT PIE <2001:SOLID SOUL 2001>
M-33. ナイフ <2003:SMASH THE PANDRA FINEL TOKYO CIRCUS>
M-34. パンドーラ <2003:SMASH THE PANDRA FINEL TOKYO CIRCUS>
M-35. 恋のジェリーフィッシュ <2003:LIVE JERRYFISH>
M-36. エロス <2003:LIVE JERRYFISH>
M-37. Fame & Money <2004:LIVE GOLDEN YEARS 20th Anniversary PRELUDE at BUDOKAN>
M-38. Brain SUGAR <2004:LIVE GOLDEN YEARS 20th Anniversary PRELUDE at BUDOKAN>
M-39. BOY'S LIFE <2004:LIVE GOLDEN YEARS 20th Anniversary PRELUDE at BUDOKAN>
M-40. A-LA-BA・LA-M-BA <2005:LIVE GOLDEN YEARS Thanks 0201 at BUDOKAN>
M-41. TOKYO CIRCUS <2005:LIVE GOLDEN YEARS Thanks 0201 at BUDOKAN>
M-42. The Gundogs <2005:LIVE GOLDEN YEARS Thanks 0201 at BUDOKAN>
M-43. SOLITUDE <2005:THE FIRST SESSION>
M-44. エンジェルチャイムが鳴る夜に <2005:THE FIRST SESSION>
M-45. MODERN VISION <2007:KIKKAWA KOJI LIVE 2006 ROLL OVER THE DISCOTHEQUE! FROM CLUB JUNGLE at BUDOKAN>
M-46. 1990 <2007:KIKKAWA KOJI LIVE 2006 ROLL OVER THE DISCOTHEQUE! FROM CLUB JUNGLE at BUDOKAN>
M-47. フライデーナイト レビュー <2008:THE STORY OF TARZAN~2007 TOUR FINAL & DOUBLE TV DOCUMENTS~>
M-48. Rainy Lane <2008:THE SECOND SESSION~KIKKAWA KOJI LIVE 2007 CLUB JUNGLE EXTRA TARZAN RETURNS~>
M-49. 飾りじゃないのよ涙は <2008:THE SECOND SESSION~KIKKAWA KOJI LIVE 2007 CLUB JUNGLE EXTRA TARZAN RETURNS~>
M-50. Juicy Jungle <2008:THE SECOND SESSION~KIKKAWA KOJI LIVE 2007 CLUB JUNGLE EXTRA TARZAN RETURNS~>
M-51. ロミオの嘆き <2010:25th ANNIVERSARY LIVE at GOLDEN YEARS TOUR FINAL~at 日本青年館>
M-52. すべてはこの夜に <2010:25th ANNIVERSARY LIVE at GOLDEN YEARS TOUR FINAL~at 日本青年館>
M-53. 光と影 <2010:25th ANNIVERSARY LIVE at GOLDEN YEARS TOUR FINAL~at 日本青年館>
M-54. Modern Time <2010:LIVE 2010 Winter Groove>
M-55. SHADOW BEAT <2010:LIVE 2010 Winter Groove>
M-56. BE MY BABY <2011:COMPLEX 2011 0730 日本一心>
M-57. 恋を止めないで <2011:COMPLEX 2011 0730 日本一心>
M-58. INNOCENT SKY 2011 <2012:KIKKAWA KOJI LIVE 2011 KEEP ON KICKIN'&SINGIN'!!!~日本一心~>
M-59. KISSに撃たれて眠りたい <2012:KIKKAWA KOJI LIVE 2011 KEEP ON KICKIN'&SINGIN'!!!~日本一心~>
M-60. あの夏を忘れない <2012:KIKKAWA KOJI LIVE 2011 KEEP ON KICKIN'&SINGIN'!!!~日本一心~>
M-61. DA DA DA <2013:KIKKAWA KOJI LIVE 2013 SAMURAI ROCK~BEGINING~at 日本武道館>
M-62. 絶世の美女 <2013:KIKKAWA KOJI LIVE 2013 SAMURAI ROCK~BEGINING~at 日本武道館>
M-63. Nobody's Perfect <2013:KIKKAWA KOJI LIVE 2013 SAMURAI ROCK~BEGINING~at 日本武道館>
M-64. survival CALL <2013:KIKKAWA KOJI LIVE 2013 SAMURAI ROCK~BEGINING~at 日本武道館>
M-65. モニカ <2041:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES">
M-66. Glow In The Dark <2041:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES">
M-67. 狂った太陽 <2041:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES">
M-68. ONE WORLD <2041:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES">
M-69. You Gotta Chance~ダンスで夏を抱きしめて~ <2041:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES">
M-70. SAMURAI ROCK <2041:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES">
M-71. a day good night <2041:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES">
M-72. BOMBERS <2014:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live Birthday Night "B-SIDE">
M-73. ロスト・チャイルド <2014:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live Birthday Night "B-SIDE">
M-74. 真夜中のストレンジャー <2014:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live Birthday Night "B-SIDE">
M-75. にくまれそうなNEWフェイス feat.綾小路翔(氣志團) <2014:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live Birthday Night "B-SIDE">
M-76. せつなさを殺せない <2014:氣志團万博~房総大パニック!超激突!!~>
M-77. Weekend Shuffle <2015:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES+RETURNS">
M-78. もしも僕が君ならば <2015:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES+RETURNS">
M-79. ジェラシーを微笑みにかえて <2015:KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES+RETURNS">
M-80. Wild Lips <2016:KIKKAWA KOJI Live 2016 "WILD LIPS" TOUR at 東京体育館>
M-81. Dance To The Future <2016:KIKKAWA KOJI Live 2016 "WILD LIPS" TOUR at 東京体育館>
M-82. スティングレイ <2016:KIKKAWA KOJI Live 2016 "WILD LIPS" TOUR at 東京体育館>
M-83. Baby Baby <2018:KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life" at 日本武道館>
M-84. RAIN-DANCEがきこえる <2018:KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life">
M-85. SPEED <2018:KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life">
M-86. GOOD SAVAGE <2018:KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life">
M-87. Juicy Jungle <2018:KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life">
M-88. Over the Rainbow <2018:KIKKAWA KOJI LIVE 2018 "Live is Life">
* Produced by WOWOW.

|

Monday, October 07, 2019

「NUMBER GIRL IN MY HEAD -GOLD SOUNDZ 6-」(M-ON!)を観た

Numbergirl_goldsoundz6

 今年2019年7月に再結成したNUMBER GIRL。そんな中、M-ON!で過去のアーカイブ映像が集中的に放送されている。今回観た「NUMBER GIRL IN MY HEAD -GOLD SOUNDZ 6-」について。
 2001/12/28、福岡DRUM LOGOSにて開催されたGOLD SOUNDZ 6。正式名称は「modern rock silent kids,GOLD SOUNDZ 6 54-71 NUMBER GIRL MO'SOME TONEBENDER 2001.12.28 FUKUOKA DRUM LOGOS」ということで、54-71、MO'SOME TONEBENDERとナンバガが出演したイベントでこの3つのBandが競いあってた。初めてみた54-71はRockでRapでボウズだったし、MO'SOME TONEBENDERはシャウトとドライヴの3ピースだし、ナンバガの向井はGOLD SOUNDZに最初から参加していて、このイベントの良さを伝えていた。
 特によかったのは、MO'SOME TONEBENDERでは、轟音の中にもPopさがある「ボクはサカシマ」、豪快なRock'n Rollの「キャバン」、性急で激しい「High」。ナンバガでは、深いリズムの「ZEGEN VS UNDERCOVER」、リズムが面白さが今のZAZEN BOYZにつながってる「FIGHT FIGHT」、激しいけどMelodyが美しい「鉄風、鋭くなって」、どこか和的な「TATOOあり」、そして4人の音の塊が凄まじかった「OMOIDE IN MY HEAD」あたり。
 あの当時ちゃんと聴いてなかったけど、ともかくM-ON!の番組を観まくろうと思う。

● On Air Set List:NUMBER GIRL IN MY HEAD -GOLD SOUNDZ 6- (M-ON!)
M-01. iron joyful/54-71
M-02. ceiling/54-71
M-03. life/54-71
M-04. reveal/54-71
M-05. DAWN ROCK/MO'SOME TONEBENDER
M-06. ボクはサカシマ/MO'SOME TONEBENDER
M-07. キャバン/MO'SOME TONEBENDER
M-08. 未来は今/MO'SOME TONEBENDER
M-09. High/MO'SOME TONEBENDER
M-10. 冷たいコード/MO'SOME TONEBENDER
M-11. タッチ/NUMBER GIRL
M-12. ZEGEN VS UNDERCOVER/NUMBER GIRL
M-13. SASU-YOU/NUMBER GIRL
M-14. FIGHT FIGHT/NUMBER GIRL
M-15. 鉄風、鋭くなって/NUMBER GIRL
M-16. TATOOあり/NUMBER GIRL
M-17. OMOIDE IN MY HEAD/NUMBER GIRL
* Directed by Masashi Osawa.
* Co-Produced by IMAGE DEVICE.
* Produced by Viewsic.
* (C)2019 MUSIC ON! TV.

M-01. CIBICCOさん (PV)
M-02. TRAMPOLINE GIRL (「騒やかな演奏」より)

|

Friday, October 04, 2019

「吉川晃司 35th Anniversary Music Video Collection」(WOWOW)を観た

Kojikikkawa_musicvideo

 WOWOWで放送された「吉川晃司 35th Anniversary Music Video Collection」について。
 これ、今年2019年にデビュー35周年を迎えた吉川晃司をMusic Videoで振り返るという特番。いやー歴史を感じる。
 特によかったのは、肩パッドが懐かしい「LA VIE EN ROSE」、ちょっとこれはヤバい「RAIN-DANCEがきこえる」、大学生の頃ほんと好きだった「Modern Time」、佐野元春作の名曲「すべてはこの夜に」、まさに80'Sらしい「HOT LIPS」、ほんと濃い2人だった「BE MY BABY/COMPLEX」、結構売れた「せつなさを殺せない」、過去の名シーンに思わず引き込まれた「KISSに撃たれて眠りたい」、時代劇PVの「パンドーラ」、スゲーかっこいい「モニカ (2014 ver.)」、Disco Tuneの「ベイビージェーン」、大黒摩季とのコラボがやたら濃厚な「HEART∞BREAKER/DaiKichi~大吉~」、そしてThe Kikkawaという感じの「SAMURAI ROCK」。
 それにしても、最近は財前部長のイメージが強かったけど、やっぱりRock Artistだったことを再認識できました。

● On Air Set List:吉川晃司 35th Anniversary Music Video Collection (WOWOW)
M-01. Wild Lips
M-02. サヨナラは八月のララバイ
M-03. LA VIE EN ROSE
M-04. RAIN-DANCEがきこえる
M-05. Modern Time
M-06. すべてはこの夜に
M-07. MARILYNE
M-08. 終わらないSun Set
M-09. HOT LIPS
M-10. プリティ・デイト
M-11. BE MY BABY/COMPLEX
M-12. Virgin Moon
M-13. Barbarian(LUNA MARIA)
M-14. 不埒な天国
M-15. Jealousy Game
M-16. せつなさを殺せない
M-17. ジェラシーを微笑みにかえて
M-18. Brain SUGAR
M-19. KISSに撃たれて眠りたい
M-20. VENUS~迷い子の未来~
M-21. ROMANCER
M-22. Day By Day
M-23. Rambling Rose
M-24. BOY'S LIFE
M-25. アクセル
M-26. SPEED
M-27. エロス
M-28. RUNAWAY
M-29. KEY 胸のドアを暴け
M-30. Glow In The Dark
M-31. キラキラ
M-32. ナイフ
M-33. パンドーラ
M-34. The Gundogs
M-35. 恋のジェリーフィッシュ
M-36. もしも僕が君ならば
M-37. KATANA FISH
M-38. 狂った太陽
M-39. モニカ (2014 ver.)
M-40. サバンナの夜
M-41. ベイビージェーン
M-42. ジャスミン
M-43. 傷だらけのダイヤモンド
M-44. Juicy Jungle/DISCO K2 TWINS
M-45. Juicy Jungle feat.吉川晃司/DISCO TWINS
M-46. Nobody's Perfect/鳴海荘吉
M-47. HEART∞BREAKER/DaiKichi~大吉~
M-48. あの夏を忘れない
M-49. SAMURAI ROCK
M-50. せつなさを殺せない (2014)
* Produced by WOWOW.

|

Wednesday, October 02, 2019

「松任谷由実 TIME MACHINE TOUR Traveling through 45 years」(WOWOW)を観た

Yumimatsutoya_timemachinetour

 WOWOWで放送された「松任谷由実 TIME MACHINE TOUR Traveling through 45 years」について。
 2018年にユーミンがReleaseしたベスト盤「ユーミンからの、恋のうた。」。そのAlbumでのArena Tour「TIME MACHINE TOUR」の中から、2019年4月4日、6日、7日の横浜アリーナ公演が放送されたもの。今回の演出では、過去のツアーの演出が再び取り込まれていて、例えば「Nobodys Else」では"SHANGRILA"の時のサーカスとのコラボが再現されていた。ほんと集大成的なツアーだと思う。
 特によかったのは、しっとりと始まった「ベルベット・イースター」、象に乗ってる「Happy Birthday to You~ヴィーナスの誕生」、マグネシウムが破裂して「WANDERERS」、ほんと懐かしい「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」、家にドーナッツ盤があった「守ってあげたい」、静かだけどPopな「Hello,my friend」、高校生の頃好きだった「夕涼み」、名曲「春よ、来い」、カウガール衣装が凄い「Cowgirl Blues」、鉄板のメロディーでほんと盛り上がる「もう愛は始まらない」、これも懐かしい「セシルの週末」、80年代らしい「ハートブレイク」、この曲を聴くとゲレンデを思い出すが実は海の中の歌だった「ダイアモンドダストが消えぬまに」、ロボットとコラボしてた「不思議な体験」、この曲も鉄板メロの「Nobody Else」、歌詞もメロも好きだった「ESPER」、初期の「COBALT HOUR」、最高のドライヴィングミュージックだった「カンナ8号線」、その流れで「DESTINY」、そしてデビュー曲の「ひこうき雲」あたり。
 去年RIJF2018で観れたユーミンのLive。またいつかちゃんと観たい。

● On Air Set List:松任谷由実 TIME MACHINE TOUR Traveling through 45 years (WOWOW)
M-01. ベルベット・イースター
M-02. Happy Birthday to You~ヴィーナスの誕生
M-03. 砂の惑星
M-04. WANDERERS
M-05. ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ
M-06. 守ってあげたい
M-07. Hello,my friend
M-08. かんらん車
M-09. 輪舞曲(ロンド)
M-10. 夕涼み
M-11. 春よ、来い
M-12. Cowgirl Blues
M-13. もう愛は始まらない
M-14. Carry on
M-15. セシルの週末
M-16. ハートブレイク
M-17. 結婚ルーレット
M-18. 月曜日のロボット
M-19. ダイアモンドダストが消えぬまに
M-20. 不思議な体験
M-21. Nobody Else
M-22. ESPER
M-23. COBALT HOUR
M-24. 宇宙図書館
M-25. カンナ8号線
M-26. DESTINY
M-27. ひこうき雲
* Filmed Live at Yokohama Arena,Kanagawa on 4th,6th,7th April 2019.
* Produced by WOWOW in association with FUJIPACIFIL MUSIC.

|

「SUMMER SONIC YEARS 2000-2018」(WOWOW)を観た

Summersonicyears20002018

 WOWOWで放送された「SUMMER SONIC YEARS 2000-2018」について。
 今年、2019年で20周年を迎えた都市型Rock Fes.のSUMMER SONIC。過去19回にわたり、各回のハイライト映像が放送されたのがこの番組。James Brown、JAY-Z、Lady Gaga、The Verve、Beyonce、Coldplay、MetallicaそしてOasisとそうそうたるArtist達の映像をみて、このFes.の凄さがほんとわかる。それにしてもLinkin Parkの映像がほんと泣けてくる。
 特によかったのは、粗削りなRockの「2 Kindsa Love/THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION」、伝説のStageになった「Get Up,(I Feel Like Being A)Sex Machine/JAMES BROWN」、めちゃめちゃ若い「Basket Case/GREEN DAY」、ほんと変わらない「Where It's At/BECK」、これぞLoud Musicの「People=Shit/SLIPKNOT」、この異物感がたまらない「Disposable Teens/MARILYN MANSON」、Power PopのRock'N Rollの「Keep Fishin'/WEEZER」、Marine Stageの盛り上がりがハンパない「Pretty Fly(For A White Guy)/THE OFFSPRING」、Demonが若い「Out of Time/BLUR」、幻想的で混沌とした「There There(The Boney King of Nowhere)/RADIOHEAD」、"American Idiot"期の勢いが凄い「Minolity/GREEN DAY」、やっぱり3人はかっこいいと思う貴重な映像の「Intergalactic/BEASTIE BOYS」、重厚で性急な「Wish/NINE INCH NAILS」、泣きそうになった「Don't Look Back in Anger/OASIS」、重厚なMetalの「Creeping Death/METALLICA」、Chesterに哀悼を「Faint/LINKIN PARK」、伝説の3角錐Stageの「Robot Rock/DAFT PUNK」、Black Musicの楽しさを教えてくれた「Where Is The Love/BLACK EYED PEAS」、デビュー当時ほんと好きだった「When The Sun Goes Down/ARCTIC MONKEYS」、不朽の名曲の「Bitter Sweet Symphony/THE VERVE」、音が豪華な「Viva La Vida/COLDPLAY」、音も厚いしPopだしの「Welcome to The Black Parade/MY CHEMICAL ROMANCE」、やっぱり悲しくなる「New Devide/LINKIN PARK」、存在感が凄い「Poker Face/LADY GAGA」、華があるし歌唱力が凄い「Crazy in Love/BEYONCE」、豪華なStageでの威圧感の「Empire State of Mind/JAY-Z」、声も華やかな「Love Story/TAYLOR SWIFT」、Rock'n Rollの楽しさが伝わる「Last Nite/THE STROKES」、SUMMER SONIC 2011あの場で観れてほんとによかった「By The Way/RED HOT CHILI PEPPERS」、大シンガロングが起きた「Oh Love/GREEN DAY」、止まらないDance Beatと花火の「We Found Love/RIHANNA」、轟音Metalとシンガロングの「Master of Puppets/METALLICA」、大人になった「Do I Wanna Know?/ARCTIC MONKEYS」、伝説のStageになった「I Was Born to Love You/QUEEN+ADAM LAMBERT」、TechnoとDanceの「Go/THE CHEMICAL BROTHERS」、やたら至福感にあふれてる「Happy/PHARELL WILLIAMS」、イントロだけで泣けてくる「Born Slippy(Nuxx)/UNDERWORDL」、大シンガロングが起きた「Creep/RADIOHEAD」、至福なDJ Playの「Summer/CALVIN HARRIS」、王道なAmerican Rockの「Times Live These/FOO FIGHTERS」、音が分厚くてかっこいい「Holy Mountain/NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS」、そしてやたら盛り上がる「Loser/BECK」あたり。

● On Air Set List:SUMMER SONIC YEARS 2000-2018 (WOWOW)
M-01. 2 Kindsa Love/THE JON SPENCER BLUES EXPLOSION <SUMMER SONIC 2000>
M-02. Get Up,(I Feel Like Being A)Sex Machine/JAMES BROWN <SUMMER SONIC 2000>
M-03. Basket Case/GREEN DAY <SUMMER SONIC 2000>
M-04. Where It's At/BECK <SUMMER SONIC 2001>
M-05. People=Shit/SLIPKNOT <SUMMER SONIC 2001>
M-06. Disposable Teens/MARILYN MANSON <SUMMER SONIC 2001>
M-07. Keep Fishin'/WEEZER <SUMMER SONIC 2002>
M-08. Pretty Fly(For A White Guy)/THE OFFSPRING <SUMMER SONIC 2002>
M-09. Out of Time/BLUR <SUMMER SONIC 2003>
M-10. There There(The Boney King of Nowhere)/RADIOHEAD <SUMMER SONIC 2003>
M-11. Minolity/GREEN DAY <SUMMER SONIC 2004>
M-12. Intergalactic/BEASTIE BOYS <SUMMER SONIC 2004>
M-13. Wish/NINE INCH NAILS <SUMMER SONIC 2005>
M-14. Don't Look Back in Anger/OASIS <SUMMER SONIC 2005>
M-15. Creeping Death/METALLICA <SUMMER SONIC 2006>
M-16. Faint/LINKIN PARK <SUMMER SONIC 2006>
M-17. Robot Rock/DAFT PUNK <SUMMER SONIC 2006>
M-18. Where Is The Love/BLACK EYED PEAS <SUMMER SONIC 2007>
M-19. When The Sun Goes Down/ARCTIC MONKEYS <SUMMER SONIC 2007>
M-20. Bitter Sweet Symphony/THE VERVE <SUMMER SONIC 2008>
M-21. Viva La Vida/COLDPLAY <SUMMER SONIC 2008>
M-22. Welcome to The Black Parade/MY CHEMICAL ROMANCE <SUMMER SONIC 2009>
M-23. New Devide/LINKIN PARK <SUMMER SONIC 2009>
M-24. Poker Face/LADY GAGA <SUMMER SONIC 2009>
M-25. Crazy in Love/BEYONCE <SUMMER SONIC 2009>
M-26. Empire State of Mind/JAY-Z <SUMMER SONIC 2010>
M-27. Love Story/TAYLOR SWIFT <SUMMER SONIC 2010>
M-28. Last Nite/THE STROKES <SUMMER SONIC 2011>
M-29. By The Way/RED HOT CHILI PEPPERS <SUMMER SONIC 2011>
M-30. Oh Love/GREEN DAY <SUMMER SONIC 2012>
M-31. We Found Love/RIHANNA <SUMMER SONIC 2012>
M-32. Master of Puppets/METALLICA <SUMMER SONIC 2013>
M-33. Follow Me/MUSE <SUMMER SONIC 2013>
M-34. Do I Wanna Know?/ARCTIC MONKEYS <SUMMER SONIC 2014>
M-35. I Was Born to Love You/QUEEN+ADAM LAMBERT <SUMMER SONIC 2014>
M-36. Go/THE CHEMICAL BROTHERS <SUMMER SONIC 2015>
M-37. Happy/PHARELL WILLIAMS <SUMMER SONIC 2015>
M-38. Born Slippy(Nuxx)/UNDERWORDL <SUMMER SONIC 2016>
M-39. Creep/RADIOHEAD <SUMMER SONIC 2016>
M-40. Summer/CALVIN HARRIS <SUMMER SONIC 2017>
M-41. Times Live These/FOO FIGHTERS <SUMMER SONIC 2017>
M-42. Holy Mountain/NOEL GALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS <SUMMER SONIC 2017>
M-43. Loser/BECK <SUMMER SONIC 2017>
* Produced by WOWOW.

|

Tuesday, October 01, 2019

「矢沢永吉 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018『STAY ROCK』」(WOWOW)を観た

Eikichiyazawa_2018tokyodome WOWOWで放送された「矢沢永吉 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018『STAY ROCK』」について。
 これ、去年2018年9月に69歳(ROCK)を迎えた矢沢永吉が、2018年9月15日に東京ドームで行ったLive映像が放送されたもの。ドーム中の観客のリストバンドが光る中永ちゃんが登場し、客席内に作られたステージは動き、センターステージに到着するという演出で始まったけど、そこに映る観客が元ヤンだらけで、ほんと微笑ましかった。69歳になった永ちゃんがいきがってた自分を語るシーンもよかったし、途中StonesのLiveのようにでっかい永ちゃんをかたどった人形は出てくるし、火は出るし、ライトは派手だし、レーザーを飛び交うし、ほんと大人の豪華なLiveだった。
 特によかったのは、Midium TuneのRock'n Roll「背中ごしのI LOVE YOU」、迫力ある「SOMEBODY'S NIGHT」、昭和っぽい「黒い黒髪」、おだやかな「心花よ」、70年代のRock'n Roll「Rolling Night」、アガル「GET UP」、しっとりした「天使たちの場所」、懐かしのMidium Ballad「BELIEVE IN ME」、甘すぎる「ニューグランドホテル」、「MARIA」、朽ちない名曲「YES MY LOVE」、デュエットで「SUGAR DADDY」、濃厚なRockで「黒く塗りつぶせ」、しみるLove Song「アイ・ラブ・ユー,OK」、大人のRock「共犯者」、イントロだけで鳥肌が立った「止まらないHa~Ha」、そしてこれまた懐かしい「トラベリン・バス」あたり。
 今から11年前のRIJF2009、ひたちなかで観た矢沢永吉のStage。ほんとに神が降臨したと思った。またいつか。

● On Air Set List:矢沢永吉 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018「STAY ROCK」(WOWOW)
M-01. レイニー・ウェイ
M-02. 背中ごしのI LOVE YOU
M-03. MORNING RAIN
M-04. SOMEBODY'S NIGHT
M-05. ラスト・シーン
M-06. BIG BEAT
M-07. 黒い黒髪
M-08. 心花よ
M-09. Rolling Night
M-10. GET UP
M-11. 天使たちの場所
M-12. BELIEVE IN ME
M-13. ニューグランドホテル
M-14. MARIA
M-15. YES MY LOVE
M-16. 雨のハイウェイ
M-17. SUGAR DADDY
M-18. 黒く塗りつぶせ
M-19. 苦い雨
M-20. アイ・ラブ・ユー,OK
M-21. 共犯者
M-22. 風の中のおまえ
M-23. 長い旅
M-24. 止まらないHa~Ha
M-25. サイコーなRock You!
M-26. トラベリン・バス
* Filmed Live at Tokyo Dome,15th.Sep.2018.
* Produced by WOWOW in asociation with monos.

|

Monday, September 30, 2019

代官山通信Vol.147

Daikanyama147 だいぶ前に届いたサザンFAN CLUBの会報「代官山通信 Vol.147」について。
 今号は「サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019『"キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!"だと!? ふざけるな!!』」の大特集。ライブレポート、膨大なステージ写真の数々、セットリスト、メンバー5人のインタビュー、スタッフによるオフショットギャラリーなどなど。しっかし会場ごと、ご当地ごとに用意されたマンピーのかつらは毎度のことながら芸が細かい。
 そんな感じで42年目に突入したサザン。これからも。

|

Wednesday, September 25, 2019

コロナナモレモモ・デビューシングル発売日@タワーレコード渋谷

Img_20190925_200612_590Img_20190925_200612_589

 コロナナモレモモ(ホルモン2号店)のデビューシングル発売日で盛り上がるタワレコ渋谷。メンバーお名刺お渡し握手会の抽選は外れる。。。 

|

「NUMBER GIRL IN MY HEAD -HARAKIRI KOCORONO TOUR2001-」(M-ON!)を観た

Numbergirl_harakirikocoronotour2001_1

 今年2019年7月に再結成したNUMBER GIRL。そんな中、M-ON!で過去のアーカイブ映像が集中的に放送されている。今回観た「NUMBER GIRL IN MY HEAD -HARAKIRI KOCORONO TOUR 2001-」について。
 これ、NUMBER GIRLとbloodthirsty butchersによるツーマンツアー"HARAKIRI KOCORONO TOUR2001"に密着した特別番組。そもそもナンバガがブッチャーズに憧れて始まったツアーとのことで、この番組では、2001.11.1 豊橋愛知大学 豊橋校舎 学生会館一階大ホール、2001.11.7 高知キャバンサライ、2001.11.8 大阪ベイサイドジョニー、2001.11.11 下北沢シェルターでの4公演のオフショットも満載されている。特に高知では飲んだり、坂本龍馬記念館に行ったりしてるシーンもあったし、シェルターの打ち上げでヒサコとアヒトイナザワに民謡を歌わせる向井のシーンとか、楽器、PA、ディレクターなどスタッフの思いを語ったインタビューもよかった。
 で、Liveのほうだけど、高知桂浜を込めた「nagisanite /bloodthirsty butchers」、冒頭の枯れた田渕ヒサコのGuitarがよかった「鉄風、鋭くなって /NUMBER GIRL」、客の反応が凄まじい「タッチ /NUMBER GIRL」、ブッチャーズのCoverでとっても爽やかな「プールサイド /NUMBER GIRL」あたり。
 「NUMBER GIRL IN MY HEAD -HARAKIRI KOCORONO TOUR2000 at 長野CLUB JUNK BOX-」の映像もよかったけど、これも保存しておこう。

● On Air Set List:NUMBER GIRL IN MY HEAD -HARAKIRI KOCORONO TOUR2001-」(M-ON!)
M-01. SAMURAI /NUMBER GIRL
M-02. 4月/april /bloodthirsty butchers
M-03. nagisanite /bloodthirsty butchers
M-04. 鉄風、鋭くなって /NUMBER GIRL
M-05. タッチ /NUMBER GIRL
M-06. no future /bloodthirsty butchers
M-07. プールサイド /NUMBER GIRL
M-08. 7月/july /bloodthirsty butchers
* (C)2019 MUSIC ON TV.
* Produced by viewsic.

M-01. NUM-AMI-DABUTZ (PV)
M-02. 日常に生きる少女 (PV)
M-03. 透明少女 -LIVE VER.- (PV)

Numbergirl_harakirikocoronotour2001_2

|

Tuesday, September 24, 2019

「サザンオールスターズ公式データブック1978-2019」を読んだ

Southernallstarskoshikidatebook 去年2018年6月にデビュー40周年を迎えたサザンオールスターズ。そんな彼らの軌跡を網羅した1冊「サザンオールスターズ公式データブック1978-2019」(リットーミュージック)について。
 これ、1978年のデビュー以前から、80年代、90年代、2000年代の活動を代表曲とともにつづったヒストリー、サザンの全AlbumとCDSと映像作品やメンバーのソロ作品をレビューしたディスクガイド、ツアーやコンサートの全会場リストやセトリなどが264ページにもわたって収録されている。
 特によかったのは歴代のVictorのレコーディング・エンジニアが語るビクター401スタジオ(通称"サザン・スタジオ")でのAlbum誕生秘話。アナログからデジタルへの過渡期、小林武史との蜜月、桑田の病的なまでのこだわりなどこれは面白かった。それと辞めた大森隆志の写真もちゃんと載っていて素直によかった。
 で、やっぱり思ったのは、サザンの軌跡を追うということは、自分の軌跡を追うということだった。高校生の時初めて行ったたサザンのLiveの横浜市教育体育館でのアンコールで演奏された「いなせなロコモーション」とか、擦り切れるまでテープで聴いた「バラッド」とか、大学生2年の頃、KUWATA BANDでの「BAN BAN BAN」とか、西武球場で巨大飛行船とともに演奏された「みんなのうた」とか、この本を読み、その音楽を聴くたびにいろんな思いでがよみがえってくる。そんなバンド、サザン以外にありえない。

|

より以前の記事一覧