Monday, April 15, 2024

「[Alexandros] Sleepless in Japan Tour -Final-」(WOWOW)を観た

Alexandros_2019saitama2

 WOWOWで放送された「[Alexandros] Sleepless in Japan Tour -Final-」について。
 2019.6.16、さいたまスーパーアリーナで行われた[Alexandros]のLiveがこれ。N.Y.CをイメージしたStage、長いCenter Stageまでの距離、Finalらしい演出のLive。
 特によかったのは、美しいGuitarリフの「Starrrrrrrr」、Hardで繊細な「Girl A」、軽やかなRhythmの「PARTY IS OVER」、美メロ「SNOW SOUND」、Heavyな「Mosquite Bite」、Live映えする「Kick & Spin」、やたら気持ちいい「明日、また」、流れがいい「NEW WALL」、Latin Flavor「FISH TALOS」、最強Love Song「Your Song」、ただただ名曲「Adventure」、Popで美しい「月色ホライズン」、そして美しい光景が広がった「ワタリドリ」あたり。いいLive映像だった。

● On Air Set List: [Alexandros] Sleepless in Japan Tour -Final- (WOWOW)
M-01. LAST MINUTE
M-02. Starrrrrrrr
M-03. I Don't Believe In You
M-04. Follow me
M-05. spit
M-06. Girl A
M-07. Come Closer
M-08. PARTY IS OVER
M-09. SNOW SOUND
M-10. Kaiju
M-11. MILK
M-12. Mosquite Bite
M-13. Kick & Spin
M-14. You're So Sweet & I Love You
M-15. 明日、また
M-16. NEW WALL
M-17. FISH TALOS
M-18. Your Song
M-19. Adventure
M-20. アルペジオ
M-21. Burger Queen
M-22. Dracula La
M-23. 月色ホライズン
M-24. Pray
M-25. ワタリドリ
* Filmed Live at Saitama Super Arena on 16th June 2019.
* [Alexandros]: Yoohel Kawakami(Vocal and Guitar),Hiroyuki Isobe(Bass and Chorus),Masaki Shirai(Guitar).Satoyasu Shoumura(Drums)

M-01. SWAN [PV]
M-02. アルペジオ [PV]
M-03. Pray [PV]
M-04. 月色ホライズン [PV]
M-05. Philosophy [PV]

|

Thursday, April 11, 2024

代官山通信 Vol.165

Daikanyama165 ちょっと前に届いたサザンFAN CLUBの会報「代官山通信 Vol.165」について。
 今号は、茅ヶ崎ライブの余韻が残る45周年のサザンを切り取ったもの。特によかったのは「野沢秀行の毛ガニ散歩」。ちょうど取材に来ている日、サザンビーチで野沢さんとすれ違った。なんでいるんだろって思ったんだけど、まさかこの号の企画だったとは。茅ヶ崎公園球場ももう一度訪れてるところがなんかよかった。

|

Sunday, March 24, 2024

サザンオールスターズ 茅ヶ崎ライブ2023、アンバサダー・トラック@茅ヶ崎

434349662_7372005286225790_1522089698515 434167061_7372005282892457_9000997056265 434349129_7372005296225789_5470110939952 434214840_7372005289559123_5769466737187 434343157_7372005279559124_6644300838919 434355682_7372005299559122_1893016996802 434190109_7372005292892456_5147139133765 Dsc00432 Dsc00433 Dsc00446 Dsc00447 Dsc00456 Dsc00458_20240324192801 Dsc00457 433415805_7356058147820504_8893377939004

 サザンオールスターズ 茅ヶ崎ライブ2023、アンバサダー・トラック全国まわって、茅ヶ崎に帰還しました。

|

Sunday, March 10, 2024

「[Alexandros] × WOWOW "Where's My Documentary?"」(WOWOW)を観た

Alexandros_wowowdocumentary

 WOWOWで放送された「[Alexandros] × WOWOW "Where's My Documentary?"」について。
 2021年、ドラムの庄村聡泰が局所性ジストニアによりバンドを勇退するというタイミングで、収録された[Alexandros]のドキュメンタリー。コロナの惨禍で、勇退するLiveが延期になり、代々木から幕張に変わって、その与えられた時間を前向きに、愛おしく楽しんでるメンバーの姿がいい。庄村聡泰がリアド偉武に引き継ぐシーンがいい。最後に庄村と一緒に演奏された「Untitle」がいい。いいドキュメンタリーだった。

|

Saturday, March 09, 2024

日刊スポーツ特別編集「サザンオールスターズ 45周年特集号」

Dsc07344 Dsc07347 Dsc07348 Dsc07349 Dsc07350 Dsc07351 Dsc07352 Dsc07353 Dsc07354

 去年の9/27、サザン茅ヶ崎ライブ初日。その日に発売された日刊スポーツ特別編集「サザンオールスターズ 45周年特集号」なんだけど、茅ヶ崎のコンビニを8軒まわり買えなかったもの。そのあと、amazonで買えて、ほんとよかった。

 9月27日から全国のコンビニエンスストア、駅売店、日刊スポーツショッピングなどで順次発売します(一部地区除く)。

 日本音楽シーンのトップで活躍し続け、特集号発売日の27日からは桑田佳祐の故郷で「サザンオールスターズ 茅ケ崎ライブ2023」を4日間開催する「国民的バンド」。その歩み、3カ月連続でリリースされた最新の配信シングル紹介、読者が選んだ思い出の1曲、ニッカン記者やカメラマンのコラムや写真など、たっぷりお届けします。A1サイズのページでは最新特大写真と45年の中でリリースしてきた作品のジャケット写真を掲載した永久保存版! ★タブロイド判20ページ★オールカラー★1部450円(税込み)です。

|

Friday, March 08, 2024

「[Alexandros] PREMIUM V.I.P. PARTY 2017.7.2 NAGOYA NIPPON GAISHI HALL」(WOWOW)を観た

Alexandros_2017nippongaishihall

 WOWOWで放送された「[Alexandros] PREMIUM V.I.P. PARTY 2017.7.2 NAGOYA NIPPON GAISHI HALL」について。
 2017.7.2、愛知日本ガイシホールで行われた[Alexandros]のワンマンライブがこれ。1万人の観客が取り囲む360度のStageで、[Champaine]時代の曲も多く演奏された。
 特によかったのは、いきなりのFavorite Tune「Adventure」、流れがいい「ワタリドリ」、洋楽っぽくてツボな「You Drive Me Crazy Girl But I Don't Like You」、Melodyがいい「Leaving Grapefruits」、Stylishな「Aoyama」、重めのRock Number「Dance with the Alien」、Beatが強烈な「Kill Me If You Can」、激しくて情感ある「Girl A」、Live映えの「Kick & Spin」、Guitarのリフが最高な「Starrrrrrrr」、高揚感ある「ムーンソング」、そして名曲「Untitled」あたり。あらためていいBandだと思う。

● On Air Set List: [Alexandros] PREMIUM V.I.P. PARTY 2017. 7. 2 NAGOYA NIPPON GAISHI HALL (WOWOW)
M-01. Adventure
M-02. ワタリドリ
M-03. You Drive Me Crazy Girl But I Don't Like You
M-04. She's Very
M-05. ?
M-06. El Camino
M-07. Rise
M-08. Stimulator
M-09. Leaving Grapefruits
M-10. サテライト
M-11. Aoyama
M-12. 美術館
M-13. Grand Daddy
M-14. Dance with the Alien
M-15. Onion Killing Party
M-16. Paint Your Socks Into Pink
M-17. Kill Me If You Can
M-18. Girl A
M-19. Kaiju
M-20. Kick & Spin
M-21. You're So Sweet & I Love You
M-22. Starrrrrrrr
M-23. ムーンソング
M-24. Untitled
M-25. city
* Filmed Live at Nagoya Nippon Gaishi Hall on 2nd July 2017.
* [Alexandros]: Yoohel Kawakami(Vocal and Guitar),Hiroyuki Isobe(Bass and Chorus),Masaki Shirai(Guitar).Satoyasu Shoumura(Drums)

|

Tuesday, March 05, 2024

「[Alexandros] We Come In Peace Tour 2016-2017」(WOWOW)を観た #2

Alexandros_2017makuhari

 WOWOWで放送された「[Alexandros] We Come In Peace Tour 2016-2017」について。
 これ、2017/4/23に千葉幕張メッセ国際展示上9-11ホールで行われた[Alexandros]のLive映像。この映像を観るのは2度目だけど、印象的な[ ]の演出がいい。日本のアリーナバンドの凄さが伝わる。
 特によかったのは、壮大なOpeningの「ムーンソング」、Heavyだけど優雅な「Girl A」、サビが美しい「Kick & Spin」、Stylishな「Aoyama」、さらにStylishな「Feel like」、Funkな「Buzz Off! 」、Latin Flavorな「Waitress,Waitress! 」、歌詞がいいMidium Tuneの「今まで君が泣いた分取り戻そう」、疾走感あふれる「Run Away」、ドラマチックな「Starrrrrrrr」、シンガロングの「NEW WALL」、アレキ最大のFavorite Tune「Adventure」、サブステージでのアコースティックセッションでの「ワタリドリ(acoustic) 」、この曲もシンガロング「Dracula La」、そして音が厚い「city」あたり。これもいいLive映像だと思う。

● On Air Set List: [Alexandros] We Come In Peace Tour 2016-2017 (WOWOW)
M-01. ムーンソング
M-02. Burger Queen
M-03. For Freedom
M-04. Kaiju
M-05. Claw
M-06. Girl A
M-07. Kick & Spin
M-08. 02
M-09. Aoyama
M-10. Feel like
M-11. The & Tokyo 2pm 36 Floor
M-12. Buzz Off!
M-13. Stimulator
M-14. 言え
M-15. Waitress,Waitress!
M-16. クソッタレな貴様らへ
M-17. 今まで君が泣いた分取り戻そう
M-18. サテライト
M-19. Swan
M-20. Run Away
M-21. Starrrrrrrr
M-22. NEW WALL
M-23. Adventure
M-24. ワタリドリ(acoustic)
M-25. SNOW SOUND
M-26. かえりみち
M-27. Dracula La
M-28. Kaiju(acoustic)
M-29. You're So Sweet & I Love You
M-30. city
* Filmed Live at Makuhari Messe on 23rd April 2017.
* [Alexandros]: Yoohel Kawakami(Vocal and Guitar),Hiroyuki Isobe(Bass and Chorus),Masaki Shirai(Guitar).Satoyasu Shoumura(Drums)

|

Sunday, March 03, 2024

「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)/Summer of Soul (...Or, When the Revolution Could Not Be Televised)」を観た

Summer_of_soul_2021 ドキュメンタリー映画「サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)/Summer of Soul (...Or, When the Revolution Could Not Be Televised)」(2021/Cinema)について。
 これ、1969年の夏、ハーレムの中心にあるマウント・モリス公園で行われた入場無料のフェス「ハーレム・カルチャラル・フェスティバル」を収めたドキュメンタリー映画。若きStevie Wonder、ゴスペルの女王Mahalia JacksonMavis Staples、あのSly and the Family Stoneらが出演し、エネルギッシュなパフォーマンスが繰り広げられていた。
 しっかし、のべ30万人を動員したものの、この約50年間未公開だったことが凄いし、市警が警備を拒んだだめ、ブラック・パンサー党が警備を担当するなど、ブラックカルチャーの強さが伝わってくる。観れてよかった。

|

Sunday, February 25, 2024

「Sid and Nancy/シド・アンド・ナンシー」を観た

Sid_and_nancy 「Sid and Nancy/シド・アンド・ナンシー」(1986/Cinema)について。
 こんなあらすじ。Sex PistolsのベーシストSid Vicious(Gary Oldman)とボーカルで親友のJohnny Rotten(Andrew Schofield)は、米国からロンドンに来た女性Nancy(Chloe Webb)と出会う。SidとNancyは恋に落ちるが、2人はドラッグへの依存を深め続け、破滅的な毎日を送るようになる...。
 21歳の若さでこの世を去ったSid Viciousと、その恋人Nancyとの破滅的な日々を描いたラブストーリー。ともかくSidを演じた若きGary Oldmanがカッコよすぎる。最後に流れたJoe Strummer(The Clash)のタイトル曲「Love Kills」がカッコよすぎる。最高だった。

|

Friday, February 23, 2024

「[Alexandros] LIVE at Budokan 2014」(WOWOW)を観た

Alexandros_2014budokan

 WOWOWで放送された「[Alexandros] LIVE at Budokan 2014」について。
これ、"We Don't Learn Tour 2013-2014"の中で2014/3/28に行われた初日本武道館Liveがこれ。Bandが改名することとなり、[Champagne]のラストにして[Alexandros]のスタートとなった記念すべきLiveだった。
 特によかったのは、ラテンなリズムの「Waitress,Waitress!」、歌詞がいい「涙がこぼれそう」、Funkな「Wanna Get Out」、SolidなRock「city」、強烈なBeatの「Kick & Spin」、ドラマチックな「Run Away」、鮮やかな名曲「Starrrrrrrr」、[Champagne]としてのLast Tune「Plus Altra」、[Alexandros]として始まった「Droshky!」、Melody Lineがいい「Forever Young」、そして素直にいい曲だと思う「Untitled」あたり。ほんと大事なLive映像だと思う。

● On Air Set List:[Alexandros] LIVE at Budokan 2014 (WOWOW)
M-01. Rise
M-02. Burger Queen
M-03. Stimulator
M-04. Waitress,Waitress!
M-05. Yeah Yeah Yeah
M-06. Ho!
M-07. 言え
M-08. 涙がこぼれそう
M-09. Travel
M-10. Wanna Get Out
M-11. city
M-12. Cat2
M-13. Kick & Spin
M-14. Run Away
M-15. Oblivion
M-16. Starrrrrrrr
M-17. Plus Altra
M-18. Burger Queen
M-19. Droshky!
M-20. For Freedom
M-21. Forever Young
M-22. Don't Fuck With Yoohel Kawakami
M-23. Untitled
* Filmed Live at Nippon Budokan on 14rd March 2014.
* [Alexandros]: Yoohel Kawakami(Vocal and Guitar),Hiroyuki Isobe(Bass and Chorus),Masaki Shirai(Guitar).Satoyasu Shoumura(Drums)

|

より以前の記事一覧