Tuesday, June 20, 2017

「いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件/大崎善生」を読んだ

Yoshioosaki_itsukanonatsu ひさびさの大崎善生。最新のノンフィクション「いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件」(KADOKAWA)を世田谷中央図書館で借りて読んでみた。
 こんなあらすじ。2007年8月24日、名古屋市内在住の31歳女性会社員"磯谷利恵さん"が帰宅途中に3人の男達に拉致されて殺害され、岐阜県山中に捨てられるという事件が発生した。犯人の1人が事件直後に警察に自首し、利恵さんの遺体が発見されたことで事件が発覚した。後に"名古屋闇サイト殺人事件"と呼ばれたこの事件の犯人達は、犯罪を行う仲間を集う掲示版サイト"闇の職業安定所"を通じて知り合い、犯行におよんだ...。
 あまりに無計画に行われたこの事件、40回もハンマーで殴られるというなぶり殺しの残虐さに目を覆いたくなったが、そんな中最後まで生きることを望み、プライドを持って犯人達と戦った利恵さんになんとも言えない気持ちになった。
 人間の高潔さと人間の卑劣さが書かれまくったノンフィクション小説、心ゆさぶられた1冊だった。

cf. 大崎善生 読破 List
- 聖の青春 (2000)
- 将棋の子 (2001)
- パイロットフィッシュ (2001)
- アジアンタムブルー (2002)
- 九月の四分の一 (2003)
- ドナウよ、静かに流れよ (2003)
- ロックンロール (2003)
- 孤独か、それに等しいもの (2004)
- 別れの後の静かな午後 (2004)
- ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶 (2005)
- 優しい子よ (2006)
- タペストリーホワイト (2006)
- 傘の自由化は可能か (2006)
- スワンソング (2007)
- ディスカスの飼い方 (2009)
- 聖なる夜に君は/奥田英朗・角田光代・大崎善生・島本理生・盛田隆二・蓮見圭一 (2009)
- 存在という名のダンス (2010)
- Railway Stories (2010)
- ランプコントロール (2010)
- ユーラシアの双子 (2010)
- 西の果てまで、シベリア鉄道で -ユーラシア大陸横断旅行記 (2012)
- エンプティスター (2012)
- 赦す人 (2012)
- 孤独の森 <「存在という名のダンス」改題> (2012)
- ロストデイズ (2015)
- いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件 (2016)

| | TrackBack (0)

Wednesday, June 14, 2017

「しんがり 山一證券 最後の12人/清武英利」を読んだ

Hidetoshikiyotake_shingariw ご縁があって読んでみた清武英利の「しんがり 山一證券 最後の12人」(講談社+α文庫)について。
 あらすじの一部を抜粋すると...。~~四大証券の一角を占める山一證券が自主廃業を発表したのは、1997年11月のことでした。店頭には「カネを、株券を返せ」と顧客が殺到し、社員たちは雪崩を打って再就職へと走り始めます。その中で、会社に踏み留まって経営破綻の原因を追究し、清算業務に就いた一群の社員がいました。彼らの一部は給与も出ないまま、「しんがり」を買って出て、無一文に近い状態になっています。この中心にいたのは、会社幹部に裏切られながら業務の監査をしていた人間達で、証券会社では「カネを稼がない、場末の連中」と陰口を叩かれていた人々でした...。~~
 山一證券の自主廃業については、記者会見で号泣した社長の姿はいまでも焼き付いているし、社内調査委員会委員となった弁護士・国広正氏の著書「修羅場の経営責任-今、明かされる「山一・長銀破綻」の真実」も読ませてもらったし、WOWOWドラマ「しんがり~山一證券 最後の聖戦~」を見ていたもの。あらためてドラマの原作となったこの本を読んでみて、自分が勤めている会社が突然無くなることへのそれぞれの生き様やその人の真の姿が現れることがわかる。しんがりとして火中の栗を拾う役まわりを選んだ12人は、廃業が決まった会社の清算をやり続け、自主廃業に追い込まれた原因究明に取り組む姿には心から応援したくなる。
 3年前自分にもそれに近いことが起きたけど、あの時の不安感とか焦燥感とかは決して忘れられない。読めてよかった1冊です。

cf. 清武英利 読破 List
- しんがり 山一證券 最後の12人 (2013)
- 切り捨てSONY~リストラ部屋は何を奪ったのか~ (2015)

| | TrackBack (0)

Wednesday, June 07, 2017

「ジヴェルニーの食卓/原田マハ」を読んだ

Mahaharada_gilvernynoshokutaku 結構読んでる原田マハ。三茶TSUTAYAでみつけた「ジヴェルニーの食卓」(集英社文庫)について。
 モネ、マティス、ドガ、セザンヌ。19世紀から20世紀にかけて活躍した画家達は何と闘い、何を夢見たのか...。画家達の活動を支えた画廊、画材店、パトロン、家族などの視線から印象派の時代を描いていた短編集がこれ。それぞれこんな話。
 ・「うつくしい墓」:
 ある老女がル・フィガロ記者相手に若き日の思い出を問わず語りに語る。戦争孤児となりやがて家政婦の職を得たこと、21歳の夏マダムからのお使い先でひとりの画家と運命的な出会いを果たしたこと。その画家こそがマティスだった...。
 ・「エトワール」:
 ドガの米国への紹介者であり、自らも優れた画家であったメアリー・カサットと若い踊り子の少女の人生...。
 ・「タンギー爺さん」:
 売れない時代のポール・セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホなどの作品を預かる代わりに絵具を無料で提供しつづけた画材商のタンギーとその家族について...。
 ・「ジヴェルニーの食卓」:
 モネの代名詞といえる「睡蓮」の連作がどのようにして晩年の代表作となったかが、義理の娘ブランシュの視点から語られる...。

 画家の身近にいた(とされる)女性達の目線から物語が紡がれてういるんだけど、実話と虚構がいい感じでないまぜになっていく展開が面白い。モネのために妻と娘が用意し続けた愛情あふれる食卓とか、マティスの死に際にピカソが抱いた感慨とか、カサットからドガへの秘めた思いとか、ノンフィクションがフィクションにつながっていく。
 「楽園のカンヴァス」、「太陽の棘」、「暗幕のゲルニカ」...この「ジヴェルニーの食卓」も美術に対する深い造形と愛情を持つ原田マハにしか書けない作品だと思う。

cf. 原田マハ 読破 List
- カフーを待ちわびて (2006)
- ランウェイ☆ビート (2008)
- さいはての彼女 (2008)
- キネマの神様 (2008)
- 花々 (2009)
- 本日は、お日柄もよく (2010)
- 永遠をさがしに (2011)
- 楽園のカンヴァス (2012)
- 生きるぼくら (2012)
- いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵 (2013)
- ジヴェルニーの食卓 (2013)
- 総理の夫 First Gentleman (2013)
- 翔ぶ少女 (2014)
- 太陽の棘 (2014)
- 暗幕のゲルニカ (2016)

| | TrackBack (0)

Monday, June 05, 2017

「光/三浦しをん」を読んだ

Shionmiura_hikari 「舟を編む」以来ひさびさに手に取ってみた三浦しをんの「」(集英社文庫)について。
 こんなあらすじ。東京の離島美浜島に住む中学生の信之、信之の幼なじみで恋人の美花、そして信之につきまとう近所の幼い輔。そんな彼らに大津波が襲い、すべてを失ってしまう中、信之は美花のためにある罪を犯す。そして20年後、過去を封印して暮らす信之の前に、輔が姿を現われ、新たな黒い影が生まれようとしていた...。
 これ、タイトルは「光」だけど、中身はその逆で人間が抱え込む闇を描き、その闇から生まれる暴力を徹底的に描いている。島を破壊つくした津波、父親が子供に暴力を振い、大人が幼児に性的な悪戯をし、大切な人を守るために暴力を振るう。それぞれは違った目線で理不尽な暴力を描いているのがひっかかったし、ほんと心が萎えた話。
 正直、三浦しをんの小説って全然読んでこなかったけど、気になりだした。

cf. 三浦しをん 読破 List
- (2008)
- 舟を編む (2011)

| | TrackBack (0)

Thursday, June 01, 2017

Star Warsスピンオフ小説「Star Wars:Lords of the Sith~スター・ウォーズ:ロード・オブ・シス/Paul S.Kemp-ポール・S・ケンプ」を読んだ

Sw_loadofsith1Sw_loadofsith2

 たまーに読んでるStar Warsスピンオフ小説。今回読んだ「Star Wars:Lords of the Sith~スター・ウォーズ:ロード・オブ・シス/Paul S.Kemp-ポール・S・ケンプ」</>(ヴィレッジブックス)について。
 これ、映画「Star Wars Episode III-Revenge Of The Sith/スター・ウォーズ エピソード3-シスの復讐」とスピンオフ小説「Star Wars:Tarkin~スター・ウォーズ:ターキン」の間に起きた出来事を描いたもの。こんなあらすじ。クローン大戦から8年。共和国はもはや消滅し、銀河帝国はその頂点に君臨する皇帝と恐るべき力を持つシス卿ダース・ベイダーを筆頭に、銀河を支配していた。しかし帝国への抵抗運動の火種はあちこちでくすぶり、その火の粉はやがて皇帝とベイダーにおよび始める。そして皇帝とベイダーの抹殺をもくろむライロス解放運動のメンバーたちによって、スター・デストロイヤー"ペリラス"は宇宙の藻屑となった...。
 トワイレックのチャムが率いるライロス解放運動と未だに過去の亡霊を見るダース・ベイダー、それぞれを主役として展開されるスピンオフ。特に面白かったのは不時着した惑星ライロスで皇帝とベイダーが最強の捕食者"ライレック"を殺しまくるシーン。特にライレックがどんな外観なのかがとても気になった。
 それにしても、この手のスピンオフを読むと無限大に広がるStar Wars Universeへ思いをはせられる。これからもボチボチ読んでいこう。

cf. Star Wars小説(正史・スピンオフ) 読破 List
- Star Wars:Shatterpoint~スター・ウォーズ破砕点/Matthew Stover-マシュー・ストーヴァー (2004)
- Star Wars:Survivor's Quest~スター・ウォーズ 生存者の探索/Timothy Zahn-ティモシイ・ザーン (2004)
- Star Wars:The Cestus Deception~スター・ウォーズ セスタスの偽り/Steve Barnes-スティーブン・バーンズ (2004)
- Star Wars Episode III: Revenge of the Sith~スター・ウォーズ:エピソード3 シスの復讐/George Lucas(原作),Matthew Stover(著),富永和子(訳)-ジョージ・ルーカス(原作),マシュー・ストーヴァー(著) (2005)
- Star Wars Episode III: Revenge of the Sith/Patricia C.Wrede (2005)
- Star Wars:Jedi Trial~スター・ウォーズ ジェダイの試練/David Sherman and Dan Cragg-デイヴィド・シャーマン,ダン・グラッグ (2005)
- Star Wars:Yoda,Dark Rendezvous~スター・ウォーズ 暗黒の会合/Sean Stewart-ショーン・スチュワート (2005)
- Star Wars:Labyrinth of Evil~スター・ウォーズ 悪の迷宮/James Luceno-ジェームズ・ルシーノ (2005)
- Star Wars:Dark Lord-The Rise Of Darth Vader~スター・ウォーズ 暗黒卿ダース・ヴェイダー/James Luceno-ジェームズ・ルシーノ (2005)
- Star Wars:The Last of the Jedi-The Desperate Mission-~スター・ウォーズ ラスト・オブ・ジェダイ(1)-危険なミッション-/Jude Watson-ジュード・ワトソン (2006)
- Star Wars:The Last of the Jedi-Dark Warning-~スター・ウォーズ ラスト・オブ・ジェダイ(2)-闇の警告-/Jude Watson-ジュード・ワトソン (2006)
- Star Wars:Outbound Flight~スター・ウォーズ 外宇宙航行計画/Timothy Zahn-ティモシイ・ザーン (2006)
- Star Wars:Dark Nest I:The Joiner King~スター・ウォーズ:ジョイナーの王/Troy Denning-トロイ・デニング (2006)
- Star Wars:Dark Nest II:The Unseen Queen~スター・ウォーズ:影の女王/Troy Denning-トロイ・デニング (2006)
- Star Wars:Dark Nest III:The Swarm War~スター・ウォーズ:キリック戦争/Troy Denning-トロイ・デニング (2007)
- Star Wars:Tarkin~スター・ウォーズ:ターキン/James Luceno-ジェームズ・ルシーノ (2015)
- Star Wars:Heir to the Jedi~スター・ウォーズ:ジェダイの継承者/Kevin Hearne-ケヴィン・ハーン (2015)
- Star Wars:Lords of the Sith~スター・ウォーズ:ロード・オブ・シス/Paul S.Kemp-ポール・S・ケンプ (2015)
- Star Wars:The Force Awakens~スター・ウォーズ:フォースの覚醒/J.J.Abrams,Lawrence Kasdan,Michael Arndt(原作),Michael Kogge(著),上杉隼人,吉富節子(訳)-J・J・エイブラムス,ローレンス・カスダン,マイケル・アーント(原作),ミッシェル・コーギー(著) (2016)
- Star Wars:Before the Awakening~スター・ウォーズ:フォースの覚醒前夜-ポー・レイ・フィン-/Greg Rucka-グレッグ・ルーカ (2016)

| | TrackBack (0)

Tuesday, May 30, 2017

「埋蔵金発掘課長/室積光」を読んだ

Hikarumurozumi_maizokinhakkutsu_2 ひさびさの室積光。2冊目の「埋蔵金発掘課長」(小学館文庫)について。
 こんなあらすじ。早期退職し、故郷に帰ってきた元広告マン"筒井"は、のんびり海辺で過ごす生活を送っていた。ある日市長の秘書の同級生"野村"がやってきて、財政破綻目前の市のために埋蔵金を発掘してほしいというとんでもない依頼を受ける...。
 埋蔵金発掘という不思議な町おこしという設定で、突飛で荒唐無稽なコメディだと思って読んでいたら、旧日本軍の悲話までつながり、内容は全然シリアス。意表を突かれたし、ホロリときた展開は見事でした。
 正直そんなに読んでいない室積光だけど、ちょっと集中的に読んでみたくなった。

cf. 室積光 読破 List
- 史上最強の内閣 THE CABINET (2010)
- 埋蔵金発掘課長 (2016)

| | TrackBack (0)

Monday, May 29, 2017

「進撃の巨人(22)/諫山創」を読んだ

Shingeki22 ずっと読み続けている諫山創の「進撃の巨人」。今回もHrtくんから借りて読んだ最新号「進撃の巨人(22)」(講談社)について。
 人類と巨人の壮絶な戦いを描いた「進撃の巨人」。この第22巻はこんなあらすじ。ライナー、ベルトルト、「獣の巨人」との戦いの末、多大な犠牲を払いながらもエレンの生家へ辿り着いた調査兵団。その地下室にて彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。そしておよそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二つの民族の暗黒の歴史。明かされたグリシャの過去と突きつけられた世界の真実を前に、エレンら調査兵団の進む道は...。
 やっとグリシャの地下室にたどり着き、その人類の歴史がわかるというこの20巻あたりからのストーリー展開はまさに佳境なんだと思う。それにしても壁の向こうに広がる海のシーンはいい。第23巻もよろしくお願いします、Hrtくん。

cf. 進撃の巨人 読破 List
- 進撃の巨人(1)/諫山創 (2010)
- 進撃の巨人(2)/諫山創 (2010)
- 進撃の巨人(3)/諫山創 (2010)
- 進撃の巨人(4)/諫山創 (2011)
- 進撃の巨人(5)/諫山創 (2011)
- 進撃の巨人(6)/諫山創 (2011)
- 進撃の巨人(7)/諫山創 (2012)
- 進撃の巨人(8)/諫山創 (2012)
- 進撃の巨人(9)/諫山創 (2012)
- 進撃の巨人(10)/諫山創 (2013)
- 進撃の巨人(11)/諫山創 (2013)
- 進撃の巨人(12)/諫山創 (2013)
- 進撃の巨人(13)/諫山創 (2014)
- 進撃の巨人(14)/諫山創 (2014)
- 進撃の巨人(15)/諫山創 (2014)
- 進撃の巨人(16)/諫山創 (2015)
- 進撃の巨人(17)/諫山創 (2015)
- 進撃の巨人(18)/諫山創 (2015)
- 進撃の巨人(19)/諫山創 (2016)
- 進撃の巨人(20)/諫山創 (2016)
- 進撃の巨人(21)/諫山創 (2016)
- 進撃の巨人(22)/諫山創 (2017)
- 進撃の巨人 Before the fall(1)/諫山創・涼風涼・士貴智志 (2013)
- 進撃の巨人 Before the fall(2)/諫山創・涼風涼・士貴智志 (2014)

| | TrackBack (0)

Wednesday, May 24, 2017

rockin'on 6 June 2017

Ro1706 最新号「rockin'on 6 Juney 2017」、気になった記事について。
 ●THE 20 MOST EXCITING ROCK MOVIES/映画はロックだ! もう一度観たいロックな映画20
 "T2 トレインスポッティング"公開記念ということで、Rock好きなら観ておきたいスクリーンから"音"が聴こえる名作映画20本を厳選ということでこの企画はいい。せっかくなんでその20本を書いてみる。結構観てる方だと思ってたけど、あの「Hedwig And The Angry Inch/ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ」を忘れてた。(○:観た/×:観てない)
○ 01. T2 Trainspotting/T2 トレインスポッティング
○ 02. Pulp Fiction/パルプフィクション
○ 03. High Fidelity/ハイ・フィデリティ
○ 04. Quadrophenia/さらば青春の光
○ 05. A Clockwork Orange/時計じかけのオレンジ
○ 06. Almost Famous/あの頃ペニー・レインと
○ 07. Mad Max:Fury Road/マッドマックス 怒りのデス・ロード
× 08. Hedwig And The Angry Inch/ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ
× 09. Blowup/欲望
○ 10. Taxi Driver/タクシードライバー
× 11. Suicide Squad/スーサイド・スクワッド
○ 12. Magnolia/マグノリア
○ 13. Blade Runner/ブレードランナー
× 14. Mystery Train/ミステリー・トレイン
○ 15. Dancer in the Dark/ダンサー・イン・ザ・ダーク
○ 16. Do The Right Thing/ドゥ・ザ・ライト・シング
○ 17. Apocalypse Now/地獄の黙示録
× 18. The Virgin Suicides/ヴァージン・スーサイズ
○ 19. Easy Rider/イージー・ライダー
○ 20. Austin Powers/オースティン・パワーズ

 これ以外の記事では、Gorillaz New Album"Humans"、John Lydonインタビュー(Punk、The Sex Pistols、PiL...いいインタビューだった)、Linkin Park New Album"One More Light"(早く聴きたい...)、SUMMER SONIC 2017 & SONICMANIA、追悼Chuck Berryなど。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・One More Light/Linkin Park (Album)
・Humans/Gorillaz (Album)

| | TrackBack (0)

Tuesday, May 23, 2017

代官山通信Vol.138

Daikanyama138 最近届いたサザンFAN CLUBの会報「代官山通信 Vol.138」について。
 今号の特集は2017年4月でSolo Debut30周年を迎えた桑田佳祐。新曲「オアシスと果樹園」と「若い広場」について、ハワイで撮影されたJTB TV-CMなど今いまの創作意欲の高まりが伝わってくる。それにしてもハワイのボウリング場で達成した279のハイスコアは凄い!
 これ以外の記事では、毛ガニがお薦めしてる「Lalah Hathaway Live!/Lalah Hathaway」と「Drunk/Thundercat」は聴いてみたくなった。

| | TrackBack (0)

Monday, May 22, 2017

ROCKIN'ON JAPAN JUNE 2017

Japan1706 最新号「ROCKIN'ON JAPAN JUNE 2017」、気になった記事。
 RADWIMPS New CDS"サイハテアイニ/洗脳"、ゲスの極み乙女。New Album"達磨林檎"、星野源インタビュー、米津玄師 New CDS"ピースサイン"、WANIMA New CDS"Gotta Go!!"、04 Limited Sazabys "YON FES 2017"、plenty解散、The Birthday New Album"NOMAD"(これは聴かねば)、androp New CDS"Prism"、NO NUKES 2017、中村一義 New Album"最高築"(ひさびさに聴きたくなった)、10-FEET@Zepp Tokyoあたり。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・Music Video Tour 2010-2017/星野源 (DVD)
・サイハテアイニ・洗脳/RADWIMPS (CDS)
・Gotta Go!!/WANIMA (CDS)
・NOMAD/The Birthday (Album)
・YES/サンボマスター (Album)
・Prism/androp (CDS)
・キュウソネコカミ-THE LIVE-DMCC REAL ONEMAN TOUR 2016/2017 ボロボロ バキバキ クルットゥー/キュウソネコカミ (DVD)
・春風/斉藤和義 (CDS)
・達磨林檎/ゲスの極み乙女。 (Album)
・DEAD MAN WALKiNG-LiVE at YOKOHAMA ARENA/SiM (DVD)
・PEACE OUT/竹原ピストル (Album)

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧