Wednesday, January 20, 2021

「首都感染/高嶋哲夫」を読んだ

Tetsuotakashima_shutokansen 世田谷中央図書館で借りて読んでみた高嶋哲夫の「首都感染」(講談社文庫)について。
 こんなあらすじ。20xx年、中国でサッカー・ワールドカップが開催されたが、そのスタジアムのある北京から遠く離れた雲南省で致死率60%の強毒性インフルエンザが出現した。ひた隠しにしていた中国当局の封じ込めも破綻し、恐怖のウイルスが世界へ、そして日本へと向かっていく。空港での検疫が破られ都内にも、ついに患者が発生してしまう。「感染者の移動を禁止しなければパンデミックは阻止できない」と総理は"東京封鎖"を決断した...。
 いまから10年前の2010年に刊行されたこの本、このコロナ禍の中で「予言の書」と言われている。作者高嶋哲夫のこの本についてのインタビューも読んだけど、「不要不急」「感染爆発」「濃厚接触」「接触感染」「飛沫感染」「PCR検査」などといった、まさに今ひんぱんに使われている言葉が出てきて、当時あまり始まっていなかった「テレワーク」「自粛警察」は無かったけど、現実とリンクするところがあまりに多くあって驚いたしまった。
 武漢で発生した新型コロナウィルスから、武漢の都市封鎖、ダイヤモンドプリンセス号、マスク不足やトイレットペーパーの買い占め、全小中高校休校、春夏の甲子園大会の中止、三密「密閉・密室・密接」を避けて行動するようとの国民要請、ソーシャルディスタンス、マスクやゴム手袋、フェイスシールドなどの感染予防品不足、オリンピックの延期、そして緊急事態宣言...。ノンフィクション作品のようだった。遅れた分だけ被害が拡大しするという初動の重要性、時間との勝負、ほんと実感しました。
 
cf. 高嶋哲夫 読破 List
- 首都感染 (2010)
富士山噴火 (2015)
日本核武装 (2016)
紅い砂 The Wall (2020)
バクテリア・ハザード (2020) * ペトロバグ(2007 改題/再編集)

|

Sunday, January 03, 2021

2020年を振り返る●Readings編●

 2020年を振り返える。続いては読みまくった"Readings編"を。

 2020年はほぼ在宅勤務で通勤時間がまったくなくなり、本を読む時間が少なかったと思う。2019年は80冊を1年間で読んだけど、2020年は69冊。内訳は小説が40冊、それ以外が20冊。確かに減ってる。では、2020年に読んだ本の中で、個人的に特にひっかかった5冊を挙げてみる。

302 301

 まず1冊目は、吉村昭の「高熱隧道」。昭和11年8月着工、昭和15年11月完工した黒部第三発電所。この発電所のために、嶮岨な峡谷で岩盤最高温度165℃という高熱地帯に隧道(トンネル)を掘鑿する難工事が行われた。高熱と雪崩という大自然の猛威に立ち向かい、トンネル貫通にとり憑かれた男達の執念が描かれているんだけど、あまりの極限状況にほんとにあった話とは思えない。昭和42年の本だけど、今読んでもすさまじい記録文学だった。

 2冊目は、奥田英朗の「罪の轍」。これ、東京オリンピックの前年の実際に起きた「吉展ちゃん誘拐殺人事件」をモデルにした犯罪小説。オリンピック開催に沸く世間から取り残された孤独な男とそれを追う者たちの攻防が描かれているんだけど、貧乏がもたらす窃盗、幼児誘拐と、山谷、暴力団といった環境が圧倒的な筆力が凄かった。 

303 304

 3冊目は上下巻ある原田マハの「風神雷神 Juppiter,Aeolus」。織田信長と狩野永徳にその才能を見出された天才少年絵師・俵屋宗達が、天正遣欧少年使節ともにヴァチカンへ旅し、そこでローマ法王に謁見し、イタリア・ルネサンスを体験するという壮大な冒険物語がこれ。荒唐無稽な物語なんだけどやたら楽しい。いやー読み応えありました。

305 306

 4冊目と5冊目は湯活を続ける中で出会った本。まずは高円寺の小杉湯番頭で、イラストレーターで、設計事務所出身の塩谷歩波が建築の図法であるアイソメトリック手法を用い、銭湯の建物内部を精密な俯瞰図で描いた「銭湯図解」。銭湯の浴場やサウナや脱衣所や露天風呂の位置、浴槽の高さや深さ、シャワーやカランの位置などなどを実測し、細部を写真に撮り、それを組み立て、水彩画で描いているんだけど、そこで体を洗う人や湯船につかる人の表情やしぐさも描かれているため、銭湯の温かい雰囲気まで伝わってくる。

 そして、「デザイナーズ銭湯」の多くを手がけてきた銭湯建築士・今井健太郎が刊行した「銭湯空間」。自分も行ったことがある銭湯を思い出しながらこの本を読むと、懐かしくて新しい空間がどんなアイデアのもとに生まれるのか、どんな仕掛けがあって、店主はどんな思いでリニューアルしたのかがよく伝わってきた。いつか今井作品の銭湯はすべて行ってみたい。

 というわけで最後に、2020年に読んだ小説とか雑誌とかを書いてみます。
 
●Novels
・ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー/江原啓之
・逃亡小説集/吉田修一
・シーソーモンスター/伊坂幸太郎
・恋愛 コレクションII/吉田修一
・クジラアタマの王様/伊坂幸太郎
・罪の轍/奥田英朗
・アンジュと頭獅王/吉田修一
・高校事変IV/松岡圭祐
・あなたが消えた夜に/中村文則
・ノーサイド・ゲーム/池井戸潤
・高校事変V/松岡圭祐
・歩道橋シネマ/恩田陸
・錨を上げよ <一> 出航篇/百田尚樹
・錨を上げよ <二> 座礁篇/百田尚樹
・錨を上げよ <三> 漂流篇/百田尚樹
・錨を上げよ <四> 抜錨篇/百田尚樹
・高校事変VI/松岡圭祐
・Solo:A Star Wars Story:ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー/Jonathan Kasdan,Lawrence Kasdan(原作),Mur Lafferty(著),稲村広香(訳):ジョナサン・カスダン,ローレンス・カスダン(原作),ムア・ラファティ(著)
・ロマンシエ/原田マハ
・不発弾/相場英雄
・高熱隧道/吉村昭
・希望の糸/東野圭吾
・美しき愚かものたちのタブロー/原田マハ
・祝祭と予感/恩田陸
・沈黙のパレード/東野圭吾
・八月の光・あとかた/朽木祥
・サロメ/原田マハ
・猫を棄てる -父親について語るとき-/村上春樹
・いけない/道尾秀介
・任侠浴場/今野敏
・Star Wars:Dark Force Rising:スター・ウォーズ:暗黒の艦隊 上/Timothy Zahn:ティモシイ・ザーン
・Star Wars:Dark Force Rising:スター・ウォーズ:暗黒の艦隊 下/Timothy Zahn:ティモシイ・ザーン
・縄紋/真梨幸子
・紅い砂 The Wall/高嶋哲夫
・身のある話と、歯に詰まるワタシ/尾崎世界観
・逆ソクラテス/伊坂幸太郎
・風神雷神 Juppiter,Aeolus 上/原田マハ
・風神雷神 Juppiter,Aeolus 下/原田マハ
・天才はあきらめた/山里亮太
・天使の卵 -エンジェルス・エッグ/村山由佳
・まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん
・妖の掟/誉田哲也
・村上T 僕の愛したTシャツたち/村上春樹
・ナンバー/相場英雄
・高校事変VII/松岡圭祐
・高校事変VIII/松岡圭祐
・バクテリア・ハザード/高嶋哲夫
・そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ
・ドミノin上海/恩田陸
 
●Magazines・Comics・Pamphlet
・銭湯図解/塩谷歩波
・ザ・東京銭湯/町田忍
・フランス女子の東京銭湯めぐり/ステファニー・コロイン
・NHKテキスト 趣味どきっ! 銭湯 ボクが見つけた至福の空間
・サライ 2018年8月号
・散歩の達人 2008年11月号 No.152
・一個人 2018年2月号 No.209
・ニューズウィーク日本版特別編集「STAR WARS」
・「Joker/ジョーカー」パンフレット
・oz magazine 2020年3月号 No.575
・銭湯空間/今井健太郎
・「Star Wars:The Rise of Skywalker/スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け」パンフレット(限定版)
・「Star Wars:The Rise of Skywalker/スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け」パンフレット(通常版)
・代官山通信Vol.148
・代官山通信Vol.149
・銭湯は、小さな美術館/ステファニー・コロイン
・東京カレンダー 2020年3月号
・代官山通信 Vol.150 & 151
・代官山通信 Vol.152
・あだちの街と銭湯と/あだち銭湯文化普及会

|

Wednesday, December 30, 2020

「ドミノin上海/恩田陸」を読んだ

Rikuonda_dominoinsh たまに読んでる恩田陸。世田谷中央図書館で借りて読んでみた「ドミノin上海」(KADOKAWA)について。
 こんなあらすじ。幻のお宝「蝙蝠」が香港から上海に密輸された。無事に密輸を成功させ、オークションで高値で売り抜けることを目指す骨董商と、その蝙蝠の行方を追う香港警察の攻防は熾烈を極める...。
 これ、ゾンビ映画を撮影中の監督やプロデューサーなどのご一行、改造バイクのスピード違反で上海警察に追われる寿司のケータリング会社、アートフェアに呼ばれた高名な彫刻家、日本からのOL、さらに上海動物公園から逃げ出したパンダ、成仏できずに死んだイグアナ...まったく無関係な人々と3匹の日常がパラレルが進んで行き、ジワジワもつれ合い、ドミノのように次々と影響し合って、最後は一気に上海の一流ホテル「青龍飯店」で、大パニックに陥っていくというもの。以前読んだ「ドミノ」(2001)もそうだったけど、覚えられないと思ったたくさんの登場人物がいつのまにか頭に入るのが凄かった(ま、登場人物のイラストもあったけど)。
 いやー、このスピード感あるパニックコメディはいい。またいつか続編を書いてほしい。

cf. 恩田陸 読破 List
六番目の小夜子 (1992)
三月は深き紅の淵を (1997)
光の帝国 常野物語 (1997)
月の裏側 (2000)
ネバーランド (2000)
puzzle(パズル) (2000)
ライオンハート (2000)
ドミノ (2001)
図書館の海 (2002)
ねじの回転-February Moment (2002)
蛇行する川のほとり (2004)
Q&A (2004)
夜のピクニック (2004)
ユージニア (2005)
蒲公英草紙 常野物語 (2005)
エンド・ゲーム 常野物語 (2006)
朝日のようにさわやかに (2007)
木漏れ日に泳ぐ魚 (2007)
きのうの世界 (2008)
私の家では何も起こらない (2010)
私と踊って (2012)
EPITAPH東京 (2015)
消滅 VANISHING POINT (2015)
-
 蜜蜂と遠雷 (2016)
祝祭と予感 (2019)
歩道橋シネマ (2019)
- ドミノin上海 (2020)

|

Wednesday, December 23, 2020

「そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ」を読んだ

Maikoseo_soshitebaton 初めてちゃんと読んでみた瀬尾まいこ。世田谷中央図書館で借りた「そして、バトンは渡された」(文藝春秋)について。
 こんなあらすじ。高校2年生の"森宮優子"、生まれた時は水戸優子で、その後は田中優子となり、泉ヶ原優子を経て、現在は森宮を名乗っている。優子には5人の父と母がいるけど、名付けた人物は近くにいないから、どういう思いでつけられた名前かはわからない。継父継母がころころ変わるが、血の繋がっていない人ばかり。「バトン」のようにして様々な両親の元を渡り歩いた優子だが、親との関係に悩むこともグレることもなく、どこでも幸せだった...。
 継父継母が変われば名字も変わる17歳の高校生、いつでも両親を愛し、愛されていたという物語。血の繋がらない親の間を「リレー」されながら成長していくんだけど、ともかくみんなが全員優しい。で、最後の結婚式のシーンは完全に涙腺がうるんだ。先の見えない中でいい時間を過ごせました。
 
cf. 瀬尾まいこ 読破 List

|

Tuesday, December 22, 2020

「あだちの街と銭湯と/あだち銭湯文化普及会」を読んだ

Adachinomachi 先月11/末にまわった足立区北千住湯活。その中で大和湯で購入したあだち銭湯文化普及会の「あだちの街と銭湯と」について。
 これ、足立区内の全銭湯34軒が載っていて、一軒一軒に取材された内容や店主らとのインタビューが載っている。この本が出たのは2018年でちょっと古いため、すでに廃業となった銭湯もあるんだけど、先代から引き継いで銭湯を守り、地域の人のために思いを込めて続けてる店主たちの姿が伝わってきた。漫談家の風呂わく三さん、建築家の今井健太郎さんなどの取材も銭湯愛にあふれてて、ほんといい。
 これ以外にも、お湯ができるまでの燃料についての記事、煙突について、ケロリン桶からコインマッサージや体重計までの銭湯設備について、在りし日の銭湯からあだち銭湯文化普及会の活動報告まで、ほんと充実している。
 しっかし、足立区の銭湯は奥深い...。

|

Wednesday, December 16, 2020

「バクテリア・ハザード/高嶋哲夫」を読んだ

Tetsuotakashima_bacteriahazard 世田谷中央図書館で借りて読んでみた高嶋哲夫の「バクテリア・ハザード」(幻冬舎文庫)について。
 こんなあらすじ。湾岸戦争後の2001年、林野微生物研究所第七センターの"山之内明室長"は、アフリカの砂漠で採取した土壌を分析し、石油生成能力を持つバクテリアを発見する。チームでの培養と遺伝子組み換えにより、ついに石油を生成する「ペトロバグ」を生みだした。世界の石油事情を一変させるバクテリアに脅威を感じた石油メジャーや、石油を背景に強力なアラブ国家を目指すOPECはバクテリアの奪取と山之内殺害を指令するが、この細菌は人類をも石油化し、破滅させるという脅威を秘めていた...。
 これ、石油を生成するバクテリア「ペトロバグ」をめぐっての世界石油メジャーやOPEC、そしてその研究者達を巻き込んだサスペンス小説。正直、このコロナ禍の中に改題されて再販されたので、予想していたバイオハザードものとは展開が全然違ったんでちょっと拍子抜けだった。ま、映画向けな作品だと思う。あらためて、「首都感染」を読んでみたいと思う。

cf. 高嶋哲夫 読破 List
富士山噴火 (2015)
日本核武装 (2016)
紅い砂 The Wall (2020)
- バクテリア・ハザード (2020) * ペトロバグ(2007 改題/再編集)

|

代官山通信 Vol.152

Daikanyama152 この11月に届いたサザンFAN CLUBの会報「代官山通信 Vol.152」について。
 コロナ禍が続く中でのサザン、SOMPOのCMとか、坂本冬美に提供した「ブッダのように私は死んだ」(PV観なきゃ!)、弘の屋久島オンラインツアー、毛ガニのプレイリストなど活動は続いている。スタジオで曲作りもやってるようだし、12/31は年越しの配信もあるので、これからも末永く。

|

Friday, December 04, 2020

「高校事変VIII/松岡圭祐」を読んだ

Keisukematsuoka_kokojihen8 ハマって読んでいる松岡圭祐の「高校事変」シリーズ。第8弾「高校事変VIII」(角川文庫)について。
 こんなあらすじ。在日ベトナム人の闇社会を牛耳る田代ファミリーは甲子園球場での武器密輸入に失敗し、多大な損失を出して追い込まれた。最後の総力戦とばかりに多大な報奨金をかけてありとあらゆる反グレ総力を結集し、"優莉結衣"抹殺をけしかけていく。新学期始業式の日の午前零時、"結衣狩り"が始まるかみえたが...。
 これ、テロリストの父親の教育を受けた高2の少女が、秩序再編をもくろむ半グレ組織や公安警察に戦いを挑むバイオレンスアクション小説第8弾。懸賞金から核爆弾、そしてフェリーでの戦いまで相変わらずのスケールだったけど、殺しにきていた半グレ集団を逆に統率していく流れとか、憎み合っていた異母兄弟姉妹たちの篤志や凛花も結集し、結衣の味方は確実に増えていく流れとか今回もイッキに読めた。次巻で市村凛はどう絡むのかなど気になる。「高校事変IX」も楽しみです。

cf. 松岡圭祐 読破 List
黄砂の籠城 (2017)
黄砂の進撃 (2018)
高校事変 (2019)
高校事変II (2019)
高校事変III (2019)
高校事変IV (2019)
高校事変V (2020)

高校事変VI (2020)
高校事変VII (2020)
- 高校事変VIII (2020)

|

Wednesday, November 25, 2020

「高校事変VII/松岡圭祐」を読んだ

Keisukematsuoka_kokojihen7 ハマって読んでいる松岡圭祐の「高校事変」シリーズ。第7弾「高校事変VII」(角川文庫)について。
 こんなあらすじ。2020年、新型コロナウイルスが猛威をふるう春、センバツ高校野球の中止が決まった。京都にある児童保護センターに収容されていた"優莉結衣"のもとに、半年前の夏の甲子園である事件に関わったと疑う警察が事情を尋ねにきた。半年前の夏、通っていた高校の野球部が大会出場を決め、その応援のため結衣は仕方なく甲子園にいた。凶悪犯で刑死した父が率いていた半グレ同盟に所属していた男と、その甲子園で再会する...。
 これ、テロリストの父親の教育を受けた高2の少女が、秩序再編をもくろむ半グレ組織や公安警察に戦いを挑むバイオレンスアクション小説第7弾。今回の舞台はあの甲子園球場。満身創痍の体で一瞬の迷いもなく引き金を引き、巨悪と戦うんだけど、甲子園球場に傭兵と武器を積み込んだヘリを登場させるあたり相変わらずスケールが大きい。しっかし、新型コロナにセンバツ中止と物語のリアルタイム感も凄い。さ、このまま「高校事変VIII」へ。

cf. 松岡圭祐 読破 List
黄砂の籠城 (2017)
黄砂の進撃 (2018)
高校事変 (2019)
高校事変II (2019)
高校事変III (2019)
高校事変IV (2019)
高校事変V (2020)

高校事変VI (2020)
- 高校事変VII (2020)

|

Wednesday, November 18, 2020

「ナンバー/相場英雄」を読んだ

Hideoaiba_number たまに読んでる相場英雄。桜新町TSUTAYAで買って読んでみた「ナンバー」(双葉文庫)について。
 こんなあらすじ。所轄署から警視庁本部への転属が決まった"西澤"は桜田門に向かうが、所属は期待していた刑事部の華といわれる捜査一課ではなく、詐欺や横領事件といった知能犯を追う捜査二課だった...。
 詐欺や横領、贈収賄、汚職など経済事犯を扱う警視庁捜査二課を舞台にした警察小説。警察内の凄まじい縄張り争い、保秘のため同僚たちがお互いが何をしているかまったくわからない状況の中、職人気質で個性た上司や同僚に鍛えられながら主人公が成長していくんだけど、罪を犯す人間たちがとことん狡猾に描かれている。嘘に嘘を重ね、決して尻尾をつかませないんだけど、犯人たちにこの主人公が翻弄されている様がイライラしつつも醍醐味かも。
 この「ナンバー」(2012)はシリーズ化され、以前読んだ「トラップ」(2014)、未読の「リバース」(2015)が刊行されている。今度「リバース」も読んでみよう。

cf. 相場英雄 読破 List
震える牛 (2012)
- ナンバー (2012)
共震 (2013)
トラップ (2014)
ガラパゴス (2016)
不発弾 (2017)
トップリーグ (2017)
血の雫 (2018)
キッド (2019)
トップリーグ2 アフターアワーズ (2019)

|

より以前の記事一覧