Thursday, April 27, 2017

「新世界より/貴志祐介」を読んだ

Yusukekishi_shinsekaiyori1Yusukekishi_shinsekaiyori2

Yusukekishi_shinsekaiyori3 たまに読みたくなる貴志祐介の小説。ずっと気になってた「新世界より」<//>(講談社文庫)について。
 こんなあらすじ。1,000年後の日本、縄に囲まれ自然豊かな集落"神栖66町"では人類は手を触れず、意のままにものを動かせる"呪力"と呼ばれる超能力を身に付け、バケネズミと呼ばれる生物を使役し平和な生活を送っていたが、その子供達は思考の自由を奪われ管理されていた。その町に生まれた12歳の少女"渡辺早季"は、同級生達と縄の外へ出かけ、先史文明が遺した図書館の自走型端末"ミノシロモドキ"と出会った。そこで彼女達は、1,000年前の文明が崩壊した理由と現在に至るまでの歴史を知ってしまう。禁断の知識を得て、早季達を取り巻くかりそめの平和は少しずつ歪んでいく...。
 上巻482ページ、中巻442ページ、下巻551ページで、3巻合計1,475ページの大ボリュームなこの小説。果てしないブ厚さと魑魅魍魎がうごめく世界観に最初は難解だと思っていたけれど、不思議と途中からはこの異様で歪んでいてでも正常だと思える世界観に引き込まれていった。骨格となるアイデアと設定はSFだけど、プロットはミステリーで、モチーフは伝奇とファンタジーで、クライマックスはモダンホラーと戦争アクション。瑞々しい少年小説やスリル満点の冒険小説でもあって、いろんなジャンルがぶち込まれた娯楽大作だった。
 貴志祐介さんの想像力の限りを尽くして描かれたこの小説に、自分の五感と魂を揺さぶられました。

cf. 貴志祐介 読破 List
- 十三番目の人格 ISOLA (1996)
- 黒い家 (1997)
- 天使の囀り (1998)
- 新世界より (2008)
- 悪の教典 (2010)
- 鍵のかかった部屋 (2011)
- 雀蜂 (2013)

| | TrackBack (0)

Monday, April 24, 2017

rockin'on 5 May 2017

Ro1705 最新号「rockin'on 5 May 2017」、気になった記事について。
 ●僕らの記憶に刻まれた、100の来日伝説/100 LEGENDARY LIVE SHOWS IN JAPAN:
 1966年The Beatles武道館公演から最初で最後のNirvana来日、渋谷Club QuattroでのOasisなどrockin'onが選んだ「伝説」の来日公演を大特集。これ結構面白かった。1988年NHKホールでのGuns N' Roses、1987年後楽園ホールでのBeastie Boys、1986年横浜スタジアムでのPrince、1989年Club Citta 川崎でのThe Stone Roses(これ相当メタメタな演奏だったらしい...)、1996年有明アリーナでのGreen Day、1997年Fujirock'97でのレッチリなど面白い記事ばっか。その中で自分が立ち会えたのは1990年The Rolling Stonesの東京ドーム初来日公演。10日公演のうち、2日間行ったけど、あんときは日本中がストーンズ一色だった。ほんといい特集だ。

 これ以外の記事では、Linkin Park New Album"One More Light"、Jamiroquai New Album"Automaton"、T2 Trainspotting(最高だった...)、Depeche Mode New Album"Spirit"など。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・Automaton/Jamiroquai (Album)

| | TrackBack (0)

Monday, April 17, 2017

「太陽の棘/原田マハ」を読んだ

Mahaharada_taiyonotoge 集中的に読んでる原田マハ。世田谷中央図書館で借りた「太陽の棘」(文春文庫)について。
 こんなあらすじ。終戦直後の沖縄が舞台。戦争で心を病んだ軍人達の診断を行っている青年米軍医エドワードは、父にねだり赴任地に送ってもらった真っ赤なポンティアックに乗り、荒廃した沖縄の地をドライブする。そして彼らは偶然、「美術の楽園"ニシムイ美術村"」に迷い込み、セザンヌやゴーギャンのごとく誇り高い沖縄の若き画家達に出会った。画家達は肖像画や風景画などを売って生計を立てながら、同時に独自の創作活動をしていた...。
 終戦直後の沖縄、米軍の若き軍医は画家達が暮らす集落を偶然見つけ、言葉、文化、立場の壁を越え、美術を愛するもの同士として交流を深めるという"ニシムイ美術村"の実話をもとに描いた物語。実在の玉那覇正吉さんをモデルに描かれ、若き沖縄の画家達がいかに生き延び、いかに純粋に美術に向き合い、その背景には、第二次世界大戦の傷跡のなか、日本とアメリカの狭間で揺れる沖縄がある。困窮する生活と創作活動の両立の困難さがこれでもかと伝わってくる。
 この小説の終わり、青年米軍医エドワードが島を去るんだけど、このシーンが泣けた。ちょうど通勤途中の電車の中だったけど、花粉症が目がツラいふりしてごまかしながら泣いてしまった。まさに美術を愛する原田マハだから描けた作品だったと思います。

cf. 原田マハ 読破 List
- カフーを待ちわびて (2006)
- ランウェイ☆ビート (2008)
- さいはての彼女 (2008)
- キネマの神様 (2008)
- 花々 (2009)
- 本日は、お日柄もよく (2010)
- 永遠をさがしに (2011)
- 楽園のカンヴァス (2012)
- 生きるぼくら (2012)
- いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵 (2013)
- 総理の夫 First Gentleman (2013)
- 翔ぶ少女 (2014)
- 太陽の棘 (2014)
- 暗幕のゲルニカ (2016)

| | TrackBack (0)

Thursday, April 13, 2017

ROCKIN'ON JAPAN MAY 2017

Japan1705 最新号「ROCKIN'ON JAPAN MAY 2017」、気になった記事。
 ●エレファントカシマシ デビュー30周年:
 いまでもエレカシのデビューは痛烈だった。歌詞も曲もLiveもそうだった。途中レコード会社から干され、途中外部プロデューサーを入れ、でも4人の友情は変わってない。自分も3年前仕事が突然無くなった時、「今宵の月のように」を聴いて、なにくそと思った。おめでとう。

 これ以外の記事では、小沢健二 New CDS"流動体について・神秘的"、WHITE ASH Best Album"Love"(解散は残念)、WANIMA@さいたまスーパーアリーナ、RADWIMPS@横浜アリーナ、ASIAN KUNG-FU GENERATION New CDS"荒野を歩け"、秋田ひろむ(amazarashi)2万字インタビュー、クリープハイプ New CDS"イト"、尾崎裕哉インタビュー、ヤバイTシャツ屋さん New CDS"どうぶつえんツアー"、夜の本気ダンス New CDS"SHINY E.P."、東京スカパラダイスオーケストラ New Album"Paradise Has NO BORDER"、NAMBA69 New Mini Album"HEROES"、175R New Album"GET UP YOUTH!"、くるり@ZEPP DIVERCITY(いいLiveだった!!)、爆飲会 ダイスケはんあたり。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・荒野を歩け/ASIAN KUNG-FU GENERATION (CDS)
・Jive Turkey vol.1 Live at Blue Note Tokyo 2016 and Tour Documentary/the HIATUS (DVD)
・Beside You/Dragon Ash (CDS)
・メッセージボトル/amazarashi (Album)
・AKG TRIBUTE/Various Artists (Album)
・イト/クリープハイプ (CDS)
・流動体について/小沢健二 (CDS)
・不倶載天/BRAHMAN (CDS)
・Love/White Ash (Album)
・Paradise Has NO BORDER/東京スカパラダイスオーケストラ (Album)
・半世紀 No.5/ユニコーン (Album)
・SHINY E.P./夜の本気ダンス (CDS)
・オレたちのすすむ道を悲しみで閉ざさないで/サンボマスター (CDS)
・どうぶつえんツアー/ヤバイTシャツ屋さん (CDS)
・Q/女王蜂 (Album)
・HEROES/NAMBA69 (Mini Album)

| | TrackBack (0)

Thursday, April 06, 2017

「第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017」を読んだ

Try_ramen1617 「東京で一番旨いラーメンを決めよう!」のコンセプトのTokyo Ramen of the Yearこと"TRY認定"によるラーメン最新本「第17回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2016-2017」(講談社)。今号も熟読しておく。
 これ、石神英秀幸さん、大崎裕史さん、青木誠さんらに加え、今回から石山勇人さんが加わり、ラーメン業界でも著名なメンバーが審査員をつとめていて、彼らの投票形式で店が決まっていく。大きく「TRY新人大賞」と「TRY大賞」があり、さらにその「TRY新人大賞」と「TRY大賞」において、しょう油、しお、みそ、とんこつ、つけ麺、汁なし、鶏白湯などとジャンル別に「部門」が設定されている。その「部門」では同じお店でしおやしょう油を出すことも多いので、ダブル受賞、トリプル受賞も多い。やはり1つの味にこだわる店、複数のタレでも勝負する店とがあり、店主の思想含めて読んでいて面白い。
 ちなみに今回の「TRY新人大賞 1-4位」と「TRY大賞 1-10位」はこんなお店が表彰されている。
・TRY新人大賞 1-4位
1位 真鯛らーめん 麺魚(錦糸町)
2位 中村麺三郎商店(淵野辺)
3位 素良(麹町)
4位 麺処 一笑(阿佐ヶ谷)
5位 オランダ亭(春日部)
・TRY大賞 1-10位
1位 中華蕎麦 とみ田(松戸)
1位 Japanese Soba Noodles 蔦(巣鴨)
3位 SOBA HOUSE 金色不如帰(幡ヶ谷)
4位 饗 くろ㐂(秋葉原)  ★名前注意★
5位 ソラノイロ(麹町)
6位 らぁ麺屋 飯田商店(湯河原)
7位 一風堂GROUP(表参道ほか)
8位 BOND OF HEARTSグループ 本枯中華そば 魚雷(後楽園)
9位 麺屋武蔵グループ(新宿)
10位 麺庄グループ 麺や庄の(市ヶ谷)

 これ以外で面白かった記事は1杯1,000円の潮流、自家製麺などクラフト系の動き、ハラール対応やグルテンフリーなど機能性ラーメンの台頭、アサリ、ムール貝、ハマグリなど貝使い職人の台頭、Japanese Soba Noodles 蔦やSOBA HOUSE 金色不如帰などの名店がこぞって味を一新させて劇的Before⇒After、店主がSNSで発するラーメン情報など。

 では、あらためて、世田谷圏、通勤圏中心にひっかかった店をPick Up。
●まずは行ったことなくて、ひっかかった店はこれあたり。(いわゆる宿題店)
真鯛らーめん 麺魚(錦糸町)
麺処 一笑(阿佐ヶ谷)
ほっこり中華そば もつけ(八王子)
ふるめん(六本木)
らぁ麺 やまぐち 辣式(東陽町)
味噌ぶりnoodle みやみや(聖蹟桜ヶ丘)
味噌麺処 楓(荻窪)
銀座 風見(銀座)
中華そば きび(明大前)
中華蕎麦 とみ田(松戸)
Japanese Soba Noodles 蔦(巣鴨)
饗 くろ㐂(秋葉原)
ソラノイロ(麹町)
中華そば しば田(仙川)
麺や 維新(目黒)
中華そば JAC(高円寺)
ajito ism(大井町)
蔭山樓(恵比寿)
一汁三煮干 裏不如帰(幡ヶ谷)
中華そば こてつ(下北沢)
●最近ご無沙汰だけど、また行きたくなった店はこれあたり。(いわゆる復習店)
SOBA HOUSE 金色不如帰(幡ヶ谷)
支那そば 八雲(池尻大橋)
中華そばそば専門 多賀野(荏原中延)
らーめん はやし(渋谷)
勢得(千歳船橋)
麺屋 臥龍(三軒茶屋)
らーめん れんげ(八王子)
中華麺店 喜楽(渋谷)
麺の坊 砦(神泉)
麺屋 ぬかじ(渋谷)
らぁめん 満来(新宿)

 というわけで、まだまだ修行が足りないラーメン道。これからも精進いたします...。

| | TrackBack (0)

Monday, April 03, 2017

「総理の夫 First Gentleman/原田マハ」を読んだ

Mahaharada_sorinootto 集中的に読んでる原田マハ。世田谷中央図書館で借りた「総理の夫 First Gentleman」(実業之日本社文庫)について。
 こんなあらすじ。20xx年、"相馬凛子"は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。凛子の夫で鳥類学者の"日和"は、日本初の「ファースト・ジェントルマン」として凛子を支えることを決意し、彼女との奮闘の日々を後世に遺すべく日記に綴る。税制改革、原発問題、社会福祉、女性の社会進出...混迷の状況下、国民目線の政策を次々とうっていく相馬内閣は高く支持されるが、政財界の重鎮連中からやっかみの嵐が巻き起こり、ついに陰謀を企てる者が現れる...。
 この小説の解説にいままさに注目をあびている安倍昭恵夫人が出てくるけど、総理の配偶者は公人でもあり私人でもあり、スキを見せれば総理や政権のアキレス腱になってしまう。そのくだりでは夫の日和にほんとイライラしたけど、それがまた原田マハらしい真骨頂だと思う。また、あの「本日は、お日柄もよく」から伝説のスピーチライター"久遠久美"が出てきたのにはニヤっとできた。
 まだまだ先かもしれないけど、近い将来、日本初の女性総理が本当に誕生してほしいと思ってしまった。なかなかの佳作だった。

cf. 原田マハ 読破 List
- カフーを待ちわびて (2006)
- ランウェイ☆ビート (2008)
- さいはての彼女 (2008)
- キネマの神様 (2008)
- 花々 (2009)
- 本日は、お日柄もよく (2010)
- 永遠をさがしに (2011)
- 楽園のカンヴァス (2012)
- 生きるぼくら (2012)
- いつも一緒に -犬と作家のものがたり-/新潮文庫編集部(編)・檀ふみ・小路幸也・遠藤周作・角野栄子・伊丹十三・鷺沢萠・伊集院静・江國香織・幸田文・久世光彦・小川洋子・佐藤愛子・糸井重里・原田マハ・島尾敏雄・馳星周・小澤征良・山崎豊子・唯川恵 (2013)
- 総理の夫 First Gentleman (2013)
- 翔ぶ少女 (2014)
- 暗幕のゲルニカ (2016)

| | TrackBack (0)

Thursday, March 30, 2017

rockin'on 4 April 2017

Ro1704 最新号「rockin'on 4 April 2017」、気になった記事について。
 ●Guns N' Roses来日公演:
 Axl Rose、Slash、Duff McKaganが揃っての24年ぶりの来日公演のレポ。"It's So Easy"からアンコールの"Paradise City"まで25曲のセトリなどこのレポートは熱い。しっかしAxlの巨漢ぶりはやっぱり現場で観たかった。自分がガンズを観たのは、1992年2月19日の東京ドーム公演。あの時、Stageを走りまくってたAxlはちゃんと覚えてる。6枚のDiscography含め、いい記事だった。

 これ以外の記事では、Fuji Rock Festival'17/Summer Sonic 2017 & Sonic Mania、第59回グラミー授賞式、Ed Sheeran New Album"÷ Divide"(聴いてみたい)、GEORGE MICHAEL 2005年の秘蔵インタヴュー(性のこと含め真摯にこたえてる。あらためてご冥福を祈ります)など。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・÷ Divide/Ed Sheeran (Album)
・Heavy/Linkin Park (DL)
・T2 Trainspotting Original Sound Track (Album)

| | TrackBack (0)

Wednesday, March 29, 2017

「微笑む人/貫井徳郎」を読んだ

Tokuronukui_hohoemuhito ほとんど読んだことがない貫井徳郎。三茶Tsutayaでの平積みを観て読んでみようと思った「微笑む人」(実業之日本社文庫)について。
 こんなあらすじ。エリート銀行員の"仁藤俊実"が「本が増えて家が手狭になった」という理由で妻子を殺害した。小説家の"私"は、この事件をノンフィクション小説とすべく、仁藤俊実周辺の人々への取材を始めた。誰に聞いても「いい人」と評される仁藤だったが、彼の過去に遡るとその周辺で不審な死を遂げている人物が他にもいることが判明していく...。
 これ、「理解できない犯罪が一番怖い」ということで、普通ありえない動機から安易に殺人という手段を選ぶ人間を過去まで掘っていく話。犯人のある名前への執着、問題解決としての殺人と話が進んでいくが、結局はミステリーの体を取りながら、人は自分の都合の良いように物事を解釈するということを描いていた。ただ個人的にはこの小説は完全アウト。結末がはっきりしないオチは正直つらかった。好みじゃない1冊だった。

cf. 貫井徳郎 読破 List
- 痛み/貫井徳郎・福田和代・誉田哲也 (2012)
- 微笑む人 (2012)

| | TrackBack (0)

Monday, March 27, 2017

代官山通信Vol.137

Daikanyama137 ちょっと前に届いたサザンFAN CLUBの会報「代官山通信 Vol.137」について。
 今号の特集は「桑田佳祐 年越しライブ2016『ヨシ子さんへの手紙~悪戯な年の瀬~』」。自分は2016/12/27(火)@横浜アリーナに参加できたんだけど、ちょうど同じ日のLive Reportが写真満載で載っている。幸せにも自分はセンター7列目というめちゃめちゃいい席で、あの日のLiveを楽しんだけど、おかげさまで蘇ってきた。
 これ以外の記事では、桑田佳祐x山下達郎 Special Talk、松田弘x上地等(BEGIN)対談、毛ガニの腰伝説(マジで読んでみたい)など。
 今年はきっと桑田佳祐Solo Albumが出て、来年はサザン40周年。楽しみはまだまだ続く...。

| | TrackBack (0)

Friday, March 24, 2017

ROCKIN'ON JAPAN APRIL 2017

Japan1704 最新号「ROCKIN'ON JAPAN APRIL 2017」、気になった記事。
 Dragon Ash New CDS"Beside You"、ドキュメンタリー映画"WE ARE X"、BOOM BOOM SATELLITES BEST ALBUM"19972016"、04 Limited Sazabys Live@日本武道館、エレファントカシマシ Best Album"THE FIGHTING MAN"(ひさびさにじっくり聴きたくなってきた)、Cocco Best Album"20周年リクエストベスト+レアトラックス"、The Birthday New CDS"抱きしめたい"、THE BACK HORN New CDS"あなたが待ってる"、雨のパレード New Album"Change your pops"(ひっかかってる)、POLYSICS Best Album"Replay!"、KEMURI New Album"FREEDOMOSH"、G-FREAK FACTORY New Album"FREAKY"(めちゃめちゃ聴きたい!!)など。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・THE FIGHTING MAN/エレファントカシマシ (Album)
・19972016/BOOM BOOM SATELLITES (Album)
・20周年リクエストベスト+レアトラックス/Cocco (Album)
・あなたが待ってる/THE BACK HORN (CDS)
・Mix It Up/Dragon Ash (Digital)
・Tropical Love/電気グルーヴ (Album)
・Silver/RIZE (CDS)
・Step Into My World Tour 2016/ストレイテナー (DVD)
・NOW AND 弦/くるり (DVD)
・抱きしめたい/The Birthday (CDS)
・ReplayPOLYSICS (Album)
・FREEDOMOSH/Kemuri (Album)
・Freaky/G-GREAK FACTORY (Album)
・Change your pops/雨のパレード (Album)

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧